玉城(たまぐすく)に呼ばれた男

「来年は午年でしょ。私もイザイホーを見に行きたい」
ブログを始めてから、そんなメッセージが友人から届いたが、
残念ながら1978(昭和53)年で、イザイホーは途絶えた。

もし復活するなら私だって見てみたいが、それは無理な話。
戦後初のイザイホーが1954(昭和29)年に行われたとき、
神女(ナンチュ。島で生まれた30歳から41歳の女性)
として祭りに参加した女性は100人いたという。
が、1966(昭和41)年には半減、最後のイザイホーでは8人に。
現在、島に住む有資格者はわずか1名である。

「イザイホーとは、つまり何?」という質問もいただいた。
私が考える「竜蛇の祭り」説はさておき、
神女の就任式、祭祀組織への加入式、王権儀礼と、
その意義はいろいろあるが、イザイホーの本質を説いた学者はいない。
そんななか「イザイホーとは“探し求める火”」と語ったのは、
ミントングスク先代当主の知念幸徳氏(『沖縄県久高島資料』66年、白帝社)。

「火」とは「女」であり「霊」、神女たちが祖霊を求め、
出会い、そして祀るという意味だろう。
神女は祖神霊のサポートを得て家を守り、クニ(島)を守り、
王朝時代にはその繁栄を霊的に支えた。
彼女たちは主婦でありながら、現人神となり、巫女となり、祭司となったのだ。

イザイホーの話をしていると、宿主が勧めてくれた。
「神様と出会いたいなら、自分の好きな場所でお祈りしたら」
そんなわけでよく行くのはウパーマ浜。島の北端・カベール岬近く。
で、神様と出会えたか? その話はいずれ…ということで。
a0300530_17565287.jpg



ウパーマ浜で、アイデアならひょっこり舞い降りてきた。
そして書いた本が『奇跡のカフェ 沖縄「浜辺の茶屋」物語』
(2008年、河出書房新社)だった。

店はオーナーの完全なる手作り。
開け放たれた窓から、海と向き合う醍醐味が口コミで広がり、
沖縄南部のロケーションカフェ・ブームの先駆けとなった「浜辺の茶屋」。
a0300530_17594649.jpg


その本が、語り部との出会いを取り持ってくれる結果になり、
何年間もこうしてアマミキヨを追っているのだから、それこそ神の采配?

オーナーの稲福信吉さんが「相談したい神人(かみんちゅ)がいる」
と紹介されたのが宮里聡さんだった。私が御嶽についても書いたため
「これは神事だから出版の吉凶を宮里さんに観てもらおう」と。

稲福さんは言った。
「自分は神事に興味はないが、宮里さんの“見える能力”は別。
眼の前で確認してしまったからには、信じないわけにはいかん」

稲福さんが宮里さんの超能力を間近で見たのは、10年ほど前、
浜川御嶽でのことだったという。アマミキヨが仮住まいをした聖地。
が、海から登る坂道には壊れた手作りプールがあり、足場が不安定だった。
 ↓ きれいに整備された現在の石段。
a0300530_13394889.jpg


稲福さんらが整備を思い立ち、白羽の矢を立てたのが窪田繁雄さん。
石積みにかけては右に出る者なしという実力派の庭師である。
地鎮祭は、皆から神人と呼ばれる宮里さんに頼んでいた。

その日、海に一礼した宮里さんは、のたまった。
「石積みをするのはクボタシゲオ。住所は南城市…本籍は…」。
驚いたのは当の窪田さん。隣にいる稲福さんに囁いたという。
「なんで、あんたは俺の住所本籍まで人に教えるか」
今度驚いたのは稲福さんで、目を丸くして否定した。
「俺じゃないよ。だいたい俺は、あんたの本籍を知らない」

後で宮里さんは言った。
「眼の前にお爺さんがふたり現れて、若いほうのお爺さんが住所と本籍を教えた。
窪田さんのお父さんでした。私はそれを言っただけですよ」

その父こと故窪田道全氏は、玉城の歴史伝承を綴った書『如件』
(くだんのごとし)を遺した人物。生前よく言っていたという。
「ミントングスク、ヤハラヅカサ、浜川御嶽は、大切に守れ」と。

神霊と交信する男・宮里聡さん。
彼はこの沖縄発祥の地・玉城に呼ばれた男でもあった。
by utoutou | 2013-09-10 15:27 | 語り部 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/18528381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-12-02 14:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utoutou at 2014-03-30 12:55
神楽さん コメントありがとうございました。また、返信がたいへんたいへん遅くなり失礼しました。その後、玉城へはいらっしゃいましたか? 先日沖縄で、このブログの読者だと仰る方に偶然お会いして驚きました。神楽さんともどこかでお会いするかもしれませんね。今後ともよろしくお願いします!
<< 玉城に呼ばれた男〜2009 イザイホーと天皇の祭り >>