出雲の龍蛇神に会いに行く〈2〉出雲井社

出雲市駅から始発のバスに乗って詣でた出雲大社。
それはそれは清冽な空気に包まれていた。
朝日が射す境内を、グルッと駆け足で一巡して参拝。
玉砂利を踏む音、鳥の声、4回響く柏手、カメラのシャッター音。
日中のようなざわめきは聞こえない。
参詣客は、思い思いに神々との縁結びを楽しんでいるようだ。


神在祭2日目、朝の拝殿。背後の亀山には雲がたなびいていた。
中央左、白テントが龍蛇神の奉拝所。
a0300530_1057348.jpg


朝7時。八足門で、神座を背に古代本殿の宇豆柱跡を撮影。
図らずもシャッターを切ったのは、神主さんが神拝の一礼をされた瞬間。
巨大宇豆柱は、直径1mの杉×3本をまとめた直径3m。2000年に発掘された。
a0300530_10573653.jpg


八足門。境内を清める竹箒の音が響き、巫女さんや禰宜さんが行き交う。
門の両サイドに配された社紋「二重亀甲に剣花菱」が朝日に輝いている。
亀甲紋は、龍蛇神セグロウミヘビの尾に浮かぶ亀甲模様が原型という。
a0300530_10575957.jpg



さて、境外のそのまた東方にあるはずの聖域へと急ぐ。
前夜のホテルで調べはついていた。
「真名井の清水」の先にあるのは境外摂社の「出雲井社」。

徒歩15分。その社は宇伽山の麓、朝日射す竹薮の西に佇んでいた。
祭神は岐神。クナトの神。背後に回ると巨大な磐座がある。

クナトの神とは、『日本書紀』では、黄泉津平坂(よもつひらさか)
で、イザナミから逃げ去るイザナギが、投げた杖から出た神。
また『古事記』では、イザナギの禊の場面に登場する。
こちらも杖から衝立船戸神(つきたつふなとのかみ)として化生した。
つまり記紀神話においては、イザナギ・イザナミ大神の長男であられる。

出雲井社。説明板にある「由緒」は以下の通り。

 勇武にして地理に明るく、
 大国主神が“国譲り”の際、
 大神の命により経津主神(ふつぬしのかみ)に
 付き添い諸国を平定し
 国土を統一せられた巧神です。
a0300530_10594636.jpg


いっぽう出雲に発つ前、偶然バッグに入れた書『謎の出雲帝国』(吉田大洋氏著、
1980年、徳間書店刊)には、記紀神話とは違う、衝撃の伝承が綴られている。
吉田氏は、古代出雲王朝の末裔という故・富當雄(とみまさお)氏
(当時67歳、サンケイ新聞編集局次長)にインタビューしてこの書を著した。
副題は『天孫一族に抹殺された出雲神族の怒り』。

この本に綴られた富家の伝承をまとめると……。
・富家はこの出雲井社で、代々の口承を語り継いだ。
・クナトの神は出雲王朝の始祖、真の大国主である。
・クナトの大神は五十七代にわたって存在した。
・出雲神族は、紀元前2500年頃(後期縄文時代)シュメールから渡来した。
・出雲神族は、天孫族と長い闘争の末、帝位を奪われ滅亡した。
・“国譲り”物語とは2千年前、天孫族の使者・武甕槌命(たけみかずちのみこと)が
 稲佐の浜で矛を突き立て「否、然(いなさ)」と迫った事件。大国主は降伏し抗議の自殺をした。
・勾玉を王者の証とした出雲神族は、古墳を造らなかった。
・龍蛇神族は、龍神をトーテムとする龍蛇族である。
・出雲神族の紋章「亀甲」は、バビロンの龍蛇神マルドゥクのシンボルと同じ。
・スサノオ率いるスサ族(牛族)は、紀元前2000年にメソポタミアから朝鮮経由で渡来した。
・ヤマタノ大蛇退治は、牛族対龍蛇族の宗教(トーテム)戦争だった。
・元来、出雲神族の紋章は「亀甲に並び矛」。花菱(菊花)は牛族の紋章。
・出雲族は毎年10月、各地の首長(カミ)が出雲に集まり、その年の収穫物の分配について話し合っ
 た。そして祖国を偲び、龍蛇(セグロウミヘビ)を祀るのが習わしだった。

吉田氏の別著『謎の弁才天女』によれば、
富さんが亡くなる数日前に遺した言葉があるという。曰く、
「我々の大祖先はクナトの大首長(おおかみ)、そして女首長はアラハバキ。
体制側によって祖先が抹殺されようとしたとき、
クナトは地蔵に、アラハバキは弁才天に変身した」

弁才天、稲佐浜の弁天島に祀られていた女神だ。
杵築大社(出雲大社)は霊亀2(716)年の建立。
日本書記の完成は養老4(720)年。大和という国の国家、
そして祭祀が大きく変更されていったこの頃、
稲佐の浜に弁才天=アラハバキを祀ったのは、
滅亡を余儀なくされた出雲族の末裔か。
龍宮と呼ばれた沖縄の久高島でも、
古港に面した御嶽にアカララキ(アラハバキ)が祀られている。

出雲大社まで戻ると、本殿が龍蛇の横顔に見えた。
a0300530_1111223.jpg

by utoutou | 2013-11-21 12:43 | 出雲 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/18992883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 戎堂 事代主神社 at 2016-02-22 10:26 x
初めまして。楽しく読ましていただきました。出雲の神縁にて あなたにたどり着きました。
https://twitter.com/kotosironusi777 古き良き友人に感謝します。
Commented by utoutou at 2016-02-22 12:04
> 戎堂 事代主神社さん
こんにちは。ご来訪いただき、ありがとうございます。
出雲、丹後、熊野、伊勢、そして六甲山(←いまここです)
と、沖縄つながりで各地を歩いています。今後ともよろしくお願いします。
<< 出雲の龍蛇神に会いに行く〈3〉... 出雲の龍蛇神に会いに行く〈1〉... >>