CIAが封印した垣花の御嶽〈5〉ミルクの墓

CSG基地の駐留時代は二重の金網に囲まれて、基地内で唯一、参拝の許可が下りなかった垣花の御嶽。
前回、それは垣花城跡から遥拝された威部だと書いたが、語り部の宮里聡さんが言った。
「仲村渠(なかんだかり)や百名の集落でも、垣花の御嶽は大切にされていましたよ」

仲村渠とは、ミントングスクのある集落名で、王府時代までは上百名といった。
なるほど、垣花の御嶽は、周辺のすべての集落から崇められていた御嶽だった。

「ミントンの娘・ファガナシーも当然、ここで拝みをした?」
「もちろん、そうなりますね」
「では、垣花の御嶽で行われた古代祭祀を、ファガナシーは久高島へ伝えたと?」
「久高島にも“みるくの御嶽”がありますからね」
「あ〜、ミルク繫がりですか!?」
久高島のミルクの御嶽は、ファガナシーとシラタルが住んだとされる「アグル嶽(らき)」にある。

垣花の御嶽のもっとも奥まった場所に「ミルクの墓」はある。なぜ墓というのかは分からない。
ミルク=弥勒。古くは6世紀より、弥勒信仰は中央・東南アジアから中国大陸まで広く浸透した。
沖縄では五穀豊穣をもちらす「ミロク神」として、八重山や首里の祭りに出現するが、
ミルクの名がつく御嶽は、沖縄本島南部では、ここ玉城と久高島の2ヶ所にしかないという。
この「ミルク」も、五穀豊穣をもたらす御嶽だった。築造時期は不明。積まれた切り石が美しい。
a0300530_9313662.jpg



ファガナシーが久高島で興した古代祭祀はイザイホーの原型だったと以前書いたが(記事はこちら)、
さらにさかのぼれ、古祭イザイホーの発祥地は、このミルクの墓を含む垣花の御嶽ということになる。

こちらは、垣花の御嶽の近くにある「中森の御嶽」(なかむいのうたき)。
またの名は「夜明けの御嶽」、「根御嶽(にーうたき)」、「くしの御嶽」(家の後ろという意味)。
垣花の御嶽と同じく、アマミキヨを崇める御嶽である。拝所の屋根にゴルフボールが並ぶ。
a0300530_6475813.jpg


ミエおばあ家の隣、ウメおばあ家(上之当大城(いーのあたいのうふぐすく))の屋敷跡を示す石碑。
ゴルフ場の中、中森の御嶽の入口近くにあり、ここが古代からの集落だったことが窺われる。
a0300530_6452334.jpg


御嶽一帯は往古のままの面影。ボールを打つ音、遠くから「ナイスショット」の掛け声、
琉球アオバトの鳴く声が耳に届く。時代が折り重なって、いまに凝縮しているかのよう。
a0300530_6494869.jpg

by utoutou | 2013-12-22 09:52 | 御嶽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/19201022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 久高島・みるく(弥勒)の御嶽 CIAが封印した垣花の御嶽〈4〉 >>