アマミキヨ末裔の里帰り600年

もし36年前に途絶えていなければ、
久高島の秘祭・イザイホーが行われたかもしれない午年が明けた。
戦後、イザイホーがあった午年は、1954年、1966年、そして最後となった1978年。
1990年には数名の神女たちが独自に立ち上げしようとしたが、計画倒れとなり、
その余波か、2002年には音沙汰もなくなった。そうして迎えた2014年である。

実は昨年、久高島で、玉城で「イザイホー復活計画」の噂を何度か聞いた。
また昨年の末、みるく(弥勒)の御嶽を探し当てたとき、一緒に壕に入ってくれた島人から、
久高島のあちらこちらの御嶽に、にわかに内外からの訪問者が増えているという話も聞いた。

ただし、そもそも天皇の祭りがそうであるように、イザイホーの祭神も未だ解明されていない。
戦後この祭と祭神について、民族学や宗教学や歴史学の学者たちがこぞって論考を発表したが、
むしろ謎は深まるばかり。そんななか、復活待望論だけが何度となく浮上しては消えていった。

そこで、久高島の始祖・ファガナシーとシラタルの里帰りである「玉城参り」を手がかりに、
イザイホー本来の祭神について、推考してみたい。

ファガナシーとシラタル夫婦が久高島に渡海したのは、今から約600 年前のこと。
そして、その子孫家が、休むことなく続けた「玉城参り」にも、ほぼ同様の長い歴史がある。
玉城の聖地を廻ったその巡礼先に、イザイホーの祭神を解く鍵があると思う。


12月23日午後発の久高島行きフェリーの船上より、若夫婦が渡海したコースを遠望。
玉城から久高島までは、ベテランならシーカヤックで日帰りできる距離だと聞くが……。
a0300530_345641.jpg


さて、イザイホーとともに途絶えた玉城参りの参加者は、夫婦の子孫である外間家、久高家、
大里家など5軒の元家の神人(かみんちゅ)たち。一行は始祖夫婦の航跡と逆のコースを辿った。

久高島を出てコマカ島→タマタ島→アドキ島と、休みつつ、百名のミディキンヌ浜(水堅浜)へ。
ミディキンヌ浜の少し高所にあるエーバンタという御嶽(=イビの御嶽)まで、
ミントン家関係の長老たちが出迎え、久高側の一行を歓迎して酒杯を交わすのが常だったという。
これを逆迎え(さかむかえ、方言で「さかんけー」)という。本家が分家を迎えるという意味だ。


ミディキンヌ浜。正面に見える島は、陸続きのアージ島。港をストーンサークルが囲んでいる。
a0300530_3941.jpg


玉城参りには、久高島からいくつかの贈答品(帰郷の土産)を持参する決まりがあった。
元大阪教育大学教授の故・鳥越憲三郎氏が発掘したミントン家の古文書(明治11年)には、
「3月ぶー(巡礼)」で、久高島の神人一行が持参した土産と贈答先について、次のようにある。

久高島より魚六斤ノ内
一、五分ノ壱ハ、ヰーキビノタマシ(※出迎えに出た長老たちへ) 
一、五分ノ壱ハ、長枡家へ、オシャゲ物(※ファガナシーの実家・ミントン家へ)
一、五分ノ壱ハ、百名村本部はら(※シラタルの実家・本部家へ)
一、五分ノ壱ハ、仲村渠アマスはら
               (鳥越憲三郎氏の著『琉球宗教史の研究』より)

いっぽう、私が5年前に故・久高ノロの息子さんである安泉正祥氏に見せていただいた、
神事ノートの「百名拝礼、3月」のページにも記載があり、他にも土産があったことが窺える。

ターチメー(麦飯)
ミントン ……久高島祝女殿内(※からの贈答) 3合
あまつす……大西銘(※からの贈答) 3合
本部……外間、大里(※からの贈答) 3合

いずれにしても、久高島の里帰り神人一行が、久高島特産の魚と麦飯を持って訪れた家は、
ファガナシーの実家、シラタルの実家、そして「あまつす」(=アマス、屋号・天祖家のこと)。

アマス家とは何かについて、鳥越氏は次のような見解を示した。
「アマスであるが、最近門中そのものが廃絶している。前掲の『久高島由来記』にも、
このアマスの家との関係は何等記されていないので不明であるが、多分後世アマス家と婚姻を
結んだことによるのであろうか。かように六百年間、贈答が本家と分家との間に交わされてきた
ということは、真に驚嘆に価するものである。」

実はこのアマスとは、「後世」に縁のできた家ではなく、時代はいったん上古まで遡る。
初代アマミキヨ(=御先天孫氏(うさちてんそんし))の裔となる家なのである。
アマスは、天祖と表記される他、天須、阿摩祖と書く場合もある。

久高島の神人一行は、エーバンタで逆迎え(さかんけー)を受けた後、農道をさらに登り、
久高ガー(川泉)で身を清めた後、ミントン家で拝礼し、それから玉城の聖地巡礼に出たという。
そのコースには、御先三穂田(うさちみーふーだ、上古代の神田)をはじめとして、
御先天孫氏の墓所や拝所など、玉城百名に点在する琉球開闢の重要な聖地が多く含まれていたと、
語り部の宮里聡さんは言う。

語り部はそのコースについて詳しく、玉城の神女(かみんちゅ)たちから伝え聞いていた。
これまで久高島の島人たちすら知らなかった「玉城参り」のコースについては、またいずれ……。


久高島の南端の崖上にある「百名とーしばん」の石碑。始祖の故郷に向いた遥拝所である。
島人たちはこの場所から、先祖アマミキヨの故郷である玉城と百名を拝んでいたと思う。
a0300530_353269.jpg

by utoutou | 2014-01-02 21:35 | 玉城 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/19275541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミカ at 2014-01-07 13:08 x
はじめまして。

最近、アマミキヨについて急に興味を持ったものです。

あまり詳しいことがどちらにも載っていずに、こちらにたどり着きました。


いろいろ勉強させて下さい。よろしくお願いいたします。
Commented by utoutou at 2014-03-30 13:11
ミカさん、はじめまして。コメントありがとうございます。アマミキヨ、興味深いですよね。「アマミキヨは渡来人」といいますけど、いつ、どこから来たのか。これからも辿りたいと思います。また遊びに来てくださいね。
<< 祖先は稲作渡来民族 久高島の秘祭・イザイホーの古儀 >>