斎場御嶽と古代の風葬墓

何げなく撮った写真から思わぬ発見をすることがある。
ことに旅先では…。斎場御嶽(せーふぁうたき)に着く少し前に、
レンタカーを停めて撮ったのは、南城市佐敷に立つ風力発電の風車。
通称・刑務所通り(自衛隊分屯地もある)で、運転席からパシャリ。
a0300530_5162939.jpg


その後ふと、語り部の宮里聡さんに聞いた話を思い出した。
「昔は斎場御嶽の寄満(ゆいんち)から、ナーワンダーグスク
という御嶽に登ったそうです。そのための道もあったと」。

写真の刑務所通りはやがて海方向(右)へ緩く下り、
観光名所・ニライカナイ橋に繫がるが、
元々は山の尾根を走る一本道で、
斎場御嶽のある知念半島丘陵の一帯へと伸びていた。
ナーワンダーグスクは、風車の先に見えたその丘陵にある。

ナーワンダーとは、「守護神の霊力(しじ)」。
グスクにはイキガ(男)ナーワンダーと
イナグ(女)ナーワンダーが並び、
それぞれの性器を象徴する巨岩があるという。
琉球はじまりの地の祖神が眠る古代の風葬墓だが、
地元でも知る人はそう多くない。



斎場御嶽に到着。
最近、駐車場が近隣に移動、ここは関係車両のみが利用。
赤い屋根の「緑の館」を通過して、右方向へと進む。
a0300530_5175316.jpg



斎場御嶽の入場料は200円。ガイド料は350円とか。格安。
a0300530_5184586.jpg



順路で最初に訪れる拝所は、こちら大庫理(うふぐーい)。
聞得大君の就任式「お新下り」(おあらおり)の主祭場となった。
a0300530_5194159.jpg


お新下りでは、知念や久高島のノロたちが祈願。
霊威を得て神女となった大君は、
御待御殿で神と共寝して夜を過ごしたという。
イラストは「『お新下りの祭祀と道程をたずねる」
(平成21年、南城市教育委員会・文化課)より拝借。
a0300530_5202631.png



こちら寄満(ゆいんち)や三庫理(さんぐーい)でも、
大庫理と同様に祈願をしたという。
寄満とは「豊穣と貢物の寄り集まる所」。
a0300530_521547.jpg


帰り際、緑の館で斎場御嶽平面図のコピーをいただいた。
これを見ると、大庫理(中央の赤丸)と
寄満(左の赤丸)が山の表裏一体となっており、
その背後(北西方向矢印)に、急峻な山がある。
寄満からの道も描かれていることから、
そこがナーワンダーグスクだと推測される。
※下の青丸は御門口(うじょーぐち)、中央の青丸は順路の分岐点。
a0300530_11312941.jpg


大庫理を主祭場とした「お新下り」で、聞得大君は、
祖神の霊力(ナーワンダー=なでるわ)を受け取り、
「おなり神」として再生した。
その神観念と様式は久高島のイザイホーと同じだ。

東京に戻って数日後、同じ地形が、折よく国土地理院
からダウンロード可能になった「3D地図」でも確認できた。
双子の鏡餅のように姿のいい山。
ナーワンダーグスクはその頂きの大岩にある。

by utoutou | 2015-08-23 11:40 | 斎場御嶽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/19615400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニユラカユラ at 2014-03-30 04:22 x

今回のブログを拝見させていただき、少し思い出したことがあったので荒俣宏さんの著書の『「四門の謎」を解く』を捲ってみました。

「斎場御嶽の奥の森に高い岩があり、その岩の上に御神体の鏡が祀られている。今の鏡は2代目で、前の鏡はだいぶ以前に本土から皇室の方がいらして何処かへ持ち運ばれた。持ち運ばれた理由はわからない。」と地元のおばあさんから荒俣さんがお話を伺ったそうです。

その森の中を30分ほど探された後、大岩を見つけ(階段はなかったそうです)よじ登ってみると拝所になっており、さらに2メートルほどの岩の上に鏡があったそうです。そしてその鏡は久高島を背にして祀られていたそうです。

今回のお話と関係あるかどうか分かりませんが、もしかしたらナーワンダーグスクと関係があるのだろうか?と思いました。

また地元のおばあさんのお話が本当なら皇室の方々は沖縄との関係を認識されており、これらの事を公にできない某かの理由があるのでしょうか?まぁ、秘密に事を運んだ方が何事も事を荒立てずに済むこともありますけれど。

興味深いことです。
Commented at 2014-04-03 18:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 聞得大君のナーワンダーグスク〈1〉 斎場御嶽 魂の再生を願う勾玉 >>