久高島の夜明け〈2〉地球を直せ…?

7年前の夏。2007年7月のことだった。
その夜、久高島を題材にした記録映画が、宿泊交流館で上映された。
私は映画を既に観ていたが、島でまた観ることを楽しみにしていた。

ところが、神人(かみんちゅ)のKさんが朝、道で偶然会うなり言った。
「きょうは夕方から御嶽を廻ることになっているようです」
「私が?」
「はい、ご案内します」
ちなみに神人とは、男女を問わず「神霊と交信する人」のことを指す。

Kさんは、私の知る限り、久高島でもっとも霊能力の高い男性の神人だ。
その人が御嶽廻りに案内してくれるというのだから、断る理由はない。
「映画を観る予定だったけど、お願いします」
言うと、神人は白い歯を見せて少し笑った。
「映画を観ている場合じゃないかもしれませんよ」


あの日、夕方から始まった御嶽廻りは、神霊に出会うための手順なのだと後に悟ったが、
そうした偶発的な経験を重ねた先に、今回の旅の「天祖探し」という謎解きが待っていた。
6月29日(金)の日の出は5時36分。久高島の北端・カベール岬の東方に昇った。
a0300530_1025414.jpg


ウパーマで暁光のなか海と向き合い、7年前の夜を振り返る。
夕方から3ヶ所の御嶽を回った後、神人は言った。
「最後に行く場所は自分で決めてください」
悩んだ末、島の地名を何ヶ所か挙げたが、神人は首を縦に振らなかった。
それではと夕食時間を挟んだ後、イチかバチか言った場所が、遂に当たった。
「ウパーマ浜」
「いいでしょう」

夜のウパーマ浜に出て、三日月や海蛍やイカ釣り船の灯りに見とれていると、
眼の前に地球が、ミラーボールのように回りながら降りてきた。
ややあって、神が舞い降りた。長く白い髭をたくわえた白髪の老仙人。
笑ってしまうほど分かりやすい姿だったが、笑うことはできなかった。
その声は硬く、空に響き渡るように大きかった。
「地球を救え」
「地球を元に戻せ」

困ったことになったと思い「人違いです」と言おうとした。
私は地球防衛軍の人ではないし、地球環境保護の運動家でもないです…。
しかし、神の声は収まらない。
「地球を直せ」

「なんて言ってますか?」
神人が横から聞いた。
「地球を直せって。意味が分からない」
神人は海に向けた横顔のまま言った。
「直せ…地球の原点から正せということですね」
「あ…歴史を?」
「そうです、正せと」
一応の合点がいくと、今度は神の頭上に字幕が流れてきた。
白い文字が降りてきて、次々と行替えされていき、昭和の日本映画のよう。

この轟々たる波の強さを伝えよ
この茫々たる海の広さを伝えよ
この遥々たる空の高さを伝えよ
この煌々たる星の輝きを伝えよ
この滔々たる時の流れを伝えよ
この炎々たる陽の恵みを伝えよ

…のような詞だった。随分と命令調だなと、恐怖に震え上がった。
ひ〜。声にならない悲鳴が口を突いて出た。私はやんわりと逃げ言葉を念じた。
分かりました、もう勘弁してください、これ以上は無理ですから。
すると神の姿は次第に薄くなって闇に消え、月が波間に揺れる現実が甦った。

「大丈夫ですか?」
神人は訊き、私は務めて平然と答えた。
「仕事のオファーみたいでした。何かを書けってことですかね」
言い終わり顔を上げると、神人はもう立って踵を返していた。


かなり明けた6時頃のウパーマ(岩場)。ここでは観光名所「鬼の洗濯岩」を連想する。
行ったことはないが、その宮崎県青島にも久高島に似た蒲葵(クバ)の植生があるという。
a0300530_1024349.jpg

by utoutou | 2014-07-06 23:33 | 久高島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/19969913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 久高島の夜明け〈3〉御嶽のマリア 久高島の夜明け〈1〉天祖を探せ >>