天祖・皇祖・人祖〈6〉瀬織津姫

久高島の月の神・マチヌシュラウヤサメーと瀬織津姫が同じ神魂である
と知ったのは、先日、語り部と電話で話していたときのことだった。

実は、月の神の名前がふたつあることがよく分からなかった。
イザイホーの最後半で唱われるティルルの歌詞に、それはある。

「グゥキマーイのティルル」
〜アガリトトゥウプヌシ(太陽の御神様)
 チチヤトトゥウプヌシ(月の御神様)
 久しく、めぐってくる、イザイホー、ナンチュホー
 久高神人が、拝んでいる、神アシャギ、神の真庭
 マチヌシュラウヤサメー(月の御神様)が管掌している、神酒〜
(※マチ・ヌ・シュラ・ウヤサメーとは「月の出を待つ美しい親女神」の意味)

「月の神にふたつの名前があるのはどうしてですか?」
訊くと、語り部が言った。
「月の神には神魂が二面あるのです。荒魂(あらたま)と和魂(にぎたま)のように」
「荒魂と和魂…。伊勢神宮の正宮と別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)と同じような?」
「はい。正宮でお祀りする天照大神と、別宮でお祀りする荒魂…」

正宮と別宮。確かに構造は似ている。久高島の場合、同じ月の神様でも、
マチヌシュラウヤサメーは外間家に、チチヤウプヌシは大里家の神壇に祀られている。

昨年参った伊勢神宮を思い出しながら言った。
「で…、天照大神の荒魂とは、瀬織津姫のことという説がありますね」
すると、語り部が訊いた。
「瀬織津姫というのは、どういうご祭神ですか?」

「瀬織津姫とは大祝詞に登場する祓いの女神ですが」

私は『エミシの国の女神 早池峰〜遠野郷の母神 瀬織津姫の物語』
(菊池展明氏著、00年、風琳堂)に記されたその来歴をかいつまんで話した。

「でもその女神の姿を辿っていくと、天武天皇の時代に封印された天照大神(男神)
と一対の女神だったという話。持統天皇の時代、伊勢神宮の祭神は変更されたと。
天照大神は女神としての生まれ変わりを余儀なくされ、伊勢の地に古くから
祀られていた女神である瀬織津姫は、祓いの神として封印されたと…」

「なるほど、そうですか」
何かひらめいた気配が電話の向こうでする。
「瀬織津姫はアカツキ。思い出しました」
「曉、ですか?」
「それもありますが、赤月。昇る月・沈む月は赤い。瀬織津姫は月の神です」
「月の神……!?」
「十五夜(じゅーぐーや)には、外間殿に赤い天幕をかけて祈願しますが、
このアカヤミョーブとはマチヌウヤシュラサメー、つまり瀬織津姫のものだったのです」
                                   (つづく)

1981年の十五夜。東方にアカヤミョーブ(赤い天幕)と提灯をかけて礼拝した。
中秋の名月のこの祭りを「ウンナウヤガミ(女親神拝み)」とも言ったという。
1年でいちばん月の守護力が充満している旧8月15日、月の出を待って行われた。
a0300530_440374.png

     (『神々の古層 久高島の年中行事』比嘉康雄氏著、'90年、ニライ社刊より借用)


伊勢神宮の正宮と別宮・荒祭宮は対の関係。昨年春の撮影。遷宮準備中のため、
白い天幕で囲まれている正宮(南)に参拝後、半周して後ろの別宮(北)へという順路。
a0300530_4484748.jpg

by utoutou | 2014-08-23 04:53 | 琉球の神々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20128068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミサ at 2014-09-10 11:18 x
ゆうこさん
伊勢神宮に瀬織津姫 祀られているんですね。私が先日訪れた下鴨神社の中にある御手洗社。後々調べると ここも瀬織津姫が祀られているところでした。
Commented by utoutou at 2014-09-10 17:58
ミサさん そうですね。井上社のことですね。私も参りました。表示板に「祭神 瀬織津姫」とはっきり。御手洗池に赤い社影が映ってキレイでした。伊勢の荒祭宮も川(窪地)の上にあります。瀬織津姫は瀧神、水の神なのですね。
<< 久高島・テーラーガーミ(太陽神... 天祖・皇祖・人祖〈5〉北斗七星... >>