伊雑宮へ〈1〉遷宮まで2ヶ月

9月22日(月)〜23日(祝)、伊勢神宮の別宮・伊雑宮に参拝した。
三重県志摩市磯部町。近鉄志摩線「上之郷」が最寄り駅。
東京から名古屋まで新幹線、JR快速で鳥羽、近鉄に乗り換えて昼に着いた。

目的は主に、御田植祭に立てられる大団扇(うちわ)を見るためだ。
調べると、郷土資料館にそのレプリカが展示されていると分かった。
「太一」と墨書きされた、通称・ゴンバ団扇。
地元では太一が何を意味するのかも、知りたい。

ゴンバ団扇のゴンバとは、軍配のことでは? と、考えた。
琉球舞踊に軍配団扇(ぐんばいうちわ)を手に舞う演目がある。
全体が瓢簞型。上の団扇に日月が、下の扇には北斗七星が描かれている。

その図柄は、上古から、海を縦横無尽に渡った海人族の旗印だった。
戦前生まれだった琉球神女のおばあたちは、そんな話を言い伝えていた。
北斗七星と太一の違いはあれ、「日月星」を掲げて航海した人々は、
沖縄諸島に渡来したアマミキヨと同族ではないか。


ともあれ、伊雑宮に参拝。
正殿に近づくにつれ、境内の光景に目を奪われた。
   聖なる森の際。陽に千木と鰹木が輝いている。茅葺き屋根も黄金色に。
   清々しくも神々しい、まっさらな新殿が建ち上がっていた。
そうだった、こちらの遷宮は神宮より1年遅れて行われるのだ。
a0300530_1653897.jpg

昨年(平成25年)秋、皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)の正宮、
そして内宮の第一別宮・荒祭宮、外宮の第一別宮・多賀宮で、
20年に一度の式年遷宮が斎行されたことは記憶に新しい。
いっぽう出雲大社も60年ぶりで、ダブル式年遷宮と話題になった。

ただし、月読宮など12の別宮については、
遷宮は、今年から来年にかけて行われる。

伊雑宮の主な遷宮スケジュールは…。
11月22日 御白石持(おしらいしもち、新宮の周囲に白石を敷く儀)
11月28日 遷御(せんぎょ、御神体を本殿から新殿へお遷しする儀)
   11月29日 大御饌(おおみけ、新宮で初となる神饌をお供えする儀)   


遷宮まで2ヶ月。
神の社の森は、夏の名残りの日射しと、秋の虫声が混ざり合う。
奥の新舎が、祓戸と御倉、手前が神饌を調理する忌火屋殿(いみびやでん)。
a0300530_1654856.jpg

御祭神は天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)。
創祀された2千年前から「天照大神の遥宮(とおのみや)」と称せられたと、しおりに。
磯部という地名からして海辺の遥拝所の趣き。「遥拝」とはそもそも南島の信仰形態だ。


伊雑宮の鳥居は東面、正殿は南面しており、鳥居を直進すると右に正殿がある。
↓写真は翌朝7時前。正門から朝日が射す。
a0300530_1732690.jpg


↓「伊雑宮参詣のしおり」から拝借した伊雑宮全景。
「真ん中のこんもり茂った森が伊雑宮」と。
左手方向の16㎞先に皇大神宮(内宮)、さらに5.5km先に豊受大神宮(外宮)。


三宮がほぼ一直線に並んでいる…。
沖縄・斎場御嶽の三大拝所、そしてナーワンダーグスクの三香炉を思わせた。
a0300530_1782181.jpg

by utoutou | 2014-09-30 07:58 | 伊勢 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20237818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2014-12-01 21:27
タイトル : ご神体、新たな社殿に 志摩・伊雑宮「遷御の儀」
伊勢神宮内宮の別宮の一つで、志摩市磯部町上之郷の伊雑宮で28日夜、式年遷宮でご神体を新しい社殿に遷す「遷御の儀」が営まれた。... more
<< 伊雑宮へ〈2〉「太一」の秘紋 首里城に太陽の王が立つ >>