伊雑宮へ〈5〉六芒星の行方

伊雑宮には、六芒星(ダビデの星)の付いた灯籠がある。
よって同じく六芒星を裏社紋とする籠神社とは、
阿吽の関係だ…と、言われて久しいが、
聖書と似た風習の多い沖縄の古代を追いかけるには重要な鍵。

ということで探してみると…あった。
ただし、境内ではなく、鳥居の斜向いの建物に。
a0300530_4183744.jpg

神武参剣道場(じんむさんけんどうじょう)という。
神武とはこれまた意味深。昭和36年の設立。
門に立つ石灯籠に、十六菊と六芒星がくっきりと刻印されている。
石柱の下部には「伊勢参宮奉賛献燈会」と、鮮やかに、左右に。
a0300530_419196.jpg

道場主は、小泉太子命(こいずみたいしめい)氏という剣の達人だった。
御師の家の森さんによると、小泉氏は平成元年に他界されたが、
生前、多くの政治家や財界人が訪れていたという。

「伊雑宮の神紋は花菱と六芒星である」が持論で、
惟神(かんながら)思想の平和主義者。
そして、際立った霊能者だった。また…
神宮の内宮と外宮をつなぐ御幸道路(みゆきどうろ、5.5㎞)に、
隙間なく六芒星の灯籠を設置するため、寄付者探しに尽力。
自らの道場にも立てたのが、「伊雑宮に六芒星あり」の真相だった。


こちら御幸道路に立っている石灯籠。
a0300530_42612.jpg

六芒星は、伊勢三宮奉賛献燈会のシンボルだった。
伊雑宮、内宮、外宮を「太陽、星、月」と崇めるのが、
「三宮」と付けた団体名の由来…
と、知ったところで、思わずのけぞった。
「日月星」信仰は、沖縄ナーワンダーグスクに見る古代祭祀のかたち。

伊勢三宮を六芒星でつないだ伊勢三宮奉賛献燈会は、
神宮が古代ユダヤかシュメール由来であることを暗示していた

財団法人であったその献燈会は既に
解散しているが、設立当時('53年)の総裁には、
北白川宮能久(よしひさ)親王家に所縁の方が就かれたと聞く。

実はなんと、北白川宮能久親王は
沖縄開闢の地・
知念玉城をご訪問になったことがある。
まさか御嶽の視察ではないだろうが、気になる一致だ。

『玉城村史』('77年)に「北白川宮能久親王御台臨」の記事が見える。

〜明治26年の夏、北白川宮第六師団長殿下は島尻郡を御視察になり、
正午、玉城村に御立寄りになり、御昼食を召し上がられました。〜
また(知念)佐敷村役場にも、当時の記録が残っている。
〜北白川宮能久親王殿下御馬にて村東入口より御来村遊ばされ、
村民学童村入口にて御迎え申候〜
佐敷では村役場に1泊され、翌日、佐敷小学校で歓迎運動会をご覧になった。

その3ヶ月後、親王殿下は大日本帝国陸軍第四師団長
として台湾出兵。2年後、マラリアのため薨去された。

ともあれ、御幸道路(県道、市道)に立つ石灯籠(700基余り)は
老朽化して危険なものから撤去となることが決まっている。
三重県では、昨年の遷宮前に425基のうち9基を撤去した


伊雑宮から車で20分ほど。
海沿いの町・相差(おうさつ、鳥羽市)では、
海女さんが「五芒星(セーマン)九字(ドーマン)」の魔除けを磯着に付ける。
そのお守りを授ける神明神社近くの海産物販売所には、こんな張り紙も。
a0300530_4194428.jpg

くだんの籠神社の海部宮司が、この相差で
海女さんが五芒星の魔除けを付ける風習に
関心を寄せておられたのを思い出す。

by utoutou | 2014-10-07 11:49 | 伊勢 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20264491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cocoro at 2014-10-07 17:53 x
太陽・星・月の三光宮を祭る神社は青麻神社だけだと育てられて参りました。
ナーワンダーグスクと同じとは... 百名へのお導きに神様の計らいを深く感じ入っております。
青麻神社にもぜひお越し下さい。裏山に祭られている瀬織津様をご案内いたします。ぜひ宮里さんもご一緒に。
Commented by utoutou at 2014-10-09 01:25
cocoroさん、青麻神社、仙台ですね。
機会があれば参りたいと思います。情報ありがとうございます。
百名にお住まいとか。 歴史ある素晴らしい集落ですよね!
<< 伊雑宮へ〈6〉倭姫と鮫 伊雑宮へ〈4〉さらに元宮 >>