天武の墓〈1〉琉球に逃げた?古人大兄皇子

沖縄稲作の発祥の地・受水走水(ウキンジュハインジュ)。
その上の磐座(タカマシカマノ御嶽)に立つ、不思議な墓がある。
「稲作の祖 天武大主の墓」。
読みは一般的に「てんむうふすー」だが、
「てんむうふぬし」と、ルビが刻まれている。
数年前、受水走水から百名の集落へと登る石階段の横で見つけた。
a0300530_1445075.jpg


教科書や史書に載っているわけではないので、当初は、
ごくローカルな伝承上の人物だろうと思っていた。

が、玉城百名といえば沖縄の祖アマミキヨの渡来地。
近くに世界遺産・斎場御嶽がある沖縄随一の聖地である。
琉球民族が崇める東方の首長だったというのである。
次第に謎めいた存在に思えてきて、身震いがした。

その由来を知りたくて、百名の古老に聞くと、
「この地一帯を拓いて御嶽を守られたご先祖だ」という。
ただ「どこの門中(男系神族)のご先祖か」と訊くと、
「それは分からない」と言って、口を閉ざしてしまった。
どうやら、墓について知るのはごく限られた人のようだった。

もしや、大和の皇室に関係のある人物なのか?
そう感じたのは、受水走水にある三穂田(みーふーだ)で行われた
田植え神事「親田御願(うぇーだぬうがん)」を見学したときのことだ。


↓この'09年の初午の日も、例年通りミントングスクの当主が司祭した。
a0300530_14572120.jpg


無事に田植え神事も終わり、近くで直会を始める直前だった。
参列したミントングスクそして仲村渠区の人たちが、
一斉に整列すると「四方拝、三十三拝」をしたのである。
四方拝といえば、天皇陛下が元旦に行う儀式。
それをなぜ、この玉城で?
そう訊いても「さあ」と、また誰もが口をつぐんだ。

私の直感が正しいかもしれないと思い始めたのは、
語り部の宮里聡さんの話を聞いてからのことだ。

「沖縄一見える人」でもある語り部の一言は大きかった。
「昔、天武大主の墓から“私は逃げて来た”と声がした」。

神女のおばあたちから、
「ここは昔、高天原と呼ばれた」
「高千穂の峰とも呼ばれていた」
と、教わったという語り部は、
「逃げて来たのは皇室関係の人に違いない」と言った。


受水走水(河口)。左の拝所が受水、右が走水。
天武の墓はこの磐上あたりにある。
a0300530_15235955.jpg

さて、前回書いた「藤原vs.蘇我」。
中大兄皇子(後の天智天皇)が中臣鎌足(藤原鎌足)と、
宮中で蘇我入鹿を暗殺した「 乙巳の変」(645年)は、
三韓から進貢した使者をもてなす宮中儀式で起こった。

そのとき皇極天皇の側にいたのが、
古人大兄皇子(ふるひとおおえのおうじ)である。

母が蘇我の娘・法提郎女(ほほてのいらつめ)。
蘇我入鹿が次期の天皇にと期待をかけていた皇子。
中大兄皇子、大海人皇子(後の天武)とは異母
の長兄で、皇位継承権第1位にあった。

弟の中大兄皇子による
蘇我入鹿暗を目撃した古人大兄皇子は
私宮へ逃げ帰り「韓人が入鹿を殺した。私は心が痛い」
(「韓人殺鞍作臣 吾心痛矣」)と言った。

蘇我家が滅び孤立した古人大兄皇子は、出家して吉野に隠遁。
ところが、謀反を企んでいるとの密告があり、
中大兄は兵を率いた臣下に古人大兄一家を「討たせた」。
(『日本書紀』宇治谷孟訳、孝徳天皇の項「古人大兄の死」)

ただし、古人大兄皇子の生死は不明である。

この皇子を沖縄玉城に眠る「天武大主」と考えるに至った
私の仮説(推理)について、しばらくの間、書こうと思う。

by utoutou | 2014-11-06 12:04 | 天孫氏 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20352889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あさみゅ at 2015-09-10 03:33 x
琉球が天皇家の故郷とも言われているとは初めて知りました。私は 天皇家の起源は琉球にこそ あるのではと思っていましたので、関連する大変興味深い記事ばかりです。これからも拝読させていただきます。
Commented by utoutou at 2015-09-11 09:00
> あさみゅさん
初めまして。ご来訪ありがとうございます。
沖縄に天孫氏という言葉が残っていること自体に、探究心をそそられますよね。

江戸時代、儒学者の藤井貞幹が神武は伊平屋島で生まれたとの
自説を述べ、本居宣長と論争になったそうですが、実際、
クマヤー洞窟の中に入ると祠もあり、地元の方々がいかに古来の伝えを
大切にして崇めてこられたかが実感できます。
また伊平屋島に行きたくなりました。笑
<< 天武の墓〈2〉琉球の高天原 伊雑宮へ〈16〉藤原vs.蘇我 >>