普天間宮(宜野湾市)の洞穴

今年最後の沖縄旅。まずは思いつきで
琉球八社のひとつ普天間宮(宜野湾市)に参拝。
またの名を、普天間権現という。


参詣客もまばらな境内で、
宮司さんらが正月準備に追われていた。
例年の正月の人出は、およそ11万人とか。
a0300530_7133431.jpg


本殿の裏には、横穴洞穴の古層が広がる。
太古の昔から、琉球古神道の自然神を祀ったことに始まり、
第一尚氏琉球王朝の尚金福王から尚泰久王の時代
(1450〜60年)に、熊野権現の神々を合祀したと伝わる。

祭神は、琉球古神道神の、日の神、竜宮神(ニライカナイ神)
普天満女神(グジー神)、天神、地神、海神。
a0300530_7151036.jpg



そして、熊野権現、伊弉冉尊、速玉男命、事解男命、
天照大御神、家都御子神。
正面の磐座に「立ち入り禁止」の立て札。奥宮への入口か。
a0300530_7153725.jpg


天井の高さは4〜6mほどで、ライティングが施されており、参拝は楽々。
a0300530_7163933.jpg

洞穴の入口付近には、数万年前に絶滅した
琉球シカ(200頭以上)を含む厚い化石層があるという。
土器も発見され、洞穴全体が遺跡になっている。
a0300530_7272285.jpg


太古の時代、洞穴内には湧水があったが、
その水位は地殻変動で次第に下降したという。
それは洞穴入口近くに数カ所あるノッチ(浸食跡)の高さが、
異なることで証明されると、境内の説明板に書いてあった。
a0300530_7245062.jpg


神社の裏側からは、米軍基地のフェンスが見えた。
海兵隊施設・キャンプフォスター。
宜野湾市には至るところにフェンスがあり、
普天間宮がまるで包囲されている錯覚に陥るほどだ。
普天間飛行場の地下にも、鐘乳洞が網の目のように
発達しているという。拝所や古墓も多いとか。
跡地利用策に期待がかかる。

さて、この普天間宮、今回の旅にどう関係するのか。
無関係かもしれないが…ちょっとだけ胸騒ぎがする。



by utoutou | 2014-12-19 16:21 | 琉球の神々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20546867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 港川人なのか〜国内最古の埋葬人骨 伊雑宮と猿田彦〈12〉猿田彦と... >>