イザイホー 1⃣ 久高島の聖なる種

久高島のイザイホーが中止にならなければ、
催行されたはずの「その日」が迫っている。
来たる1月5〜8日(旧暦11月15〜18日)。
しかし、ノロの不在、神女の後継者不足は、
時代の趨勢。致し方のないことで…。

それにしても、最後のイザイホーから36年、
アザカ(長実ボチョウジ)と、イザイホーの
関係が語られてこなかったのはなぜだろう。

アザカ(久高島では、アラカ、アダカ)は祭具として、
イザイホーで、また麦粟の初穂の祭りにも用いられた。以下
『神々の原郷久高島』(比嘉康雄氏、'93年、第一書房刊)より引用。


〜アラカ(あかね科ナガミボチョウジ)は、
イシキ浜に漂着した五穀伝来のときに
混じっていた植物だとされる。本島ではアザカという。
マッティ(麦粟の初穂儀礼)のとき、外間ノロ、久高ノロは
フボーフボー御嶽から採ったアラカの葉の束五枚と七枚
の一対を持ち、御酒とマブッチ(麦粟でつくったお粥)
の供え物の上を三回払う仕草をする。
またイザイホー4日目のナンチュは、髪を結い上げ
シルサージ(白てぬぐい)を締め、さらにハブイ(草冠)を
被り、両耳の辺りにアラカの葉一枚ずつをつける。
このときのアラカの葉も
マッティと同様にお祓い用と考えられる。なお、
ナンチュの着けるアラカの葉はそれぞれの近親のユダリ神
(先輩ナンチュ)がフボー御嶽から採ってきたもの 〜


久高島の聖地・フボー御嶽。
立ち入り禁止のため、この位置(拝所)から祈願する。
昨年10月末に撮影した写真を見ると、なるほど、
目視できる距離のところ(右下)にアザカの木が。
a0300530_12555283.jpg

アザカについて記された伝説は、
『琉球国由来記』と『琉球国旧記』。
いずれも王府時代に編纂された。他に五穀伝来
の伝説は『遺老説伝』『久高島由来記』にもあるが、
種子伝来を含むのは、元家のひとつ大里家に伝わる二書。

『琉球国由来記』では「檳榔(クバ)、アザカ、シキョ(ススキ)」、
『琉球国旧記』では「檳榔、阿佐嘉、志磯之種」の三種が記される。
曰く、大里家の始祖・アカツミーとシマリバーに神託があった。
「五穀の種で豊穣を成し、三種の種で御嶽を造れ」と…。


右側がフボー御嶽。奥に円形の祭祀空間があるらしい。
古代のイザイホーはフボー御嶽で行われたという説もある。
a0300530_1254508.jpg


五穀と三種子の伝来伝説が残る大里(ウプラトゥ)家。
尚徳王とクンチャサ・ノロの悲恋物語の舞台でもある。
第一尚氏の時代にも、イザイホーという祭の原型はあった。
a0300530_1318454.jpg


ではなぜ、三種の種子が、クバ、アザカ、ススキなのか。
神木というからには、神の依り代である。私はこう思う。

男根や蛇に見立てられるクバは、太陽神の依り代として、
いまでもお月見に供えるススキは、月神の依り代として、
この種を撒き、御嶽を成すのだと、神は告げた。
では、アザカは、何神の依り代となったのか?

アザカは十字の持つ霊力が神木たる由来だった。
十字、十字路とは、つまり交通の要所という意味。
八衢の神とは、むろん猿田彦大神のこと。
すると、アザカは地主神の依り代だったのではないか…。


大里家の始祖アカツミーとシマリバーの香炉が祀られる神壇。
a0300530_14461534.jpg

by utoutou | 2015-01-03 15:41 | イザイホー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20634078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< イザイホー 2⃣ 十字の霊力 シャコ貝とアザカと猿田彦 5⃣... >>