イザイホー 3⃣ 火のバプテスマ

イザイホーは、王府時代にあつては国の繁栄を願う祭り
だったが、古代祭としての本質は「火の神」の霊力を、
新たに誕生する神女たちに継承することにあった。

「火の神」の火とは太陽霊のこと。
古来、絶やさず受け継いできた火、つまり
「祖先神の霊力」を新たにする(ティリナイ)儀式。

イザイホー初日の早朝、新しいナンチュたちは、香炉を
持って亡き祖母の家に行き、その香炉の灰を3回にわたり
移し替える「ウプティシジ(祖先霊)香炉の継承式」をする。
そのうえで、神女の就任式としてのイザイホーに臨むのだ。


さて、香炉で思い出すのは、
沖縄のどの家庭にもある「火の神(ヒヌカン)」。
語り部によれば、いまでは「カマドの神」「台所の神」
と認識されているが、本来は「自然神」の依り代。
戦前までは「ウミチムン(御三物」とも呼ばれ、
聖域から拾った三つの石を祀る時代があったという。

その「自然の神霊」とは、太陽、月、地球…。
古くは、地球というより星だったのではないだろうか。


写真は久高島のウパーマ浜で昨年10月に撮った。
「ナーワンダーグスクの三香炉」や「伊勢神宮の三宮説」
について考えていた頃だったので、なんとなく「三ツ星」の
オリオンビールを買い浜に。温くなって飲めなかったが…。
a0300530_15302479.jpg



いまでは疑いなく、
伊勢神宮を三宮で建てた日月星信仰の担い手は、
古代の物部氏で、久高島のイザイホーもまた
物部の祭りだったと考えているが、その件は改めて…。


さて、イザイホーにおける「香炉の継承」について、
ミントングスクの言い伝えが、よいヒントになる。
「イザイホーとは、探し求める火という意味」だと、
先代当主の故・知念幸徳氏は語っていたという。


「火」を「霊」と置き換えると、理解しやすい。
イザイホーでは、ナンチュはノロから神名を授かる。
それは本人以外には極秘だが、祖母が祀った御嶽の神名。
祖母から継承した香炉は、そのまま始祖霊の神籬となる。



久高島の中心的な祭祀場である外間殿。
イザイホーが始まる直前、この外間殿の大香炉に
ノロが神霊を降ろす魂替えの儀式をする。
同様の儀式は、もうひとつの祭祀場・久高殿でも。
a0300530_15584915.png


ゆえにイザイホーは「火継ぎの儀式」。
古来、皇太子は「日嗣ぎの御子」と呼ばれた。
つまり、皇室の祭りと同じ由来だ。

語り部は、これは「火のバプテスマ」だと言う。
火(精霊)による洗礼。
出雲大社に現存する火種をつくる神事のような…。

出雲国造の世継ぎの式は「火維式(ひつぎしき)」
または「神火神水の式」と呼ばれる。
火鑚臼(ひきりうす)と火鑚杵(きね)で起こした火と、
天の真名井から汲んだ聖水で神餞を造り、これを
新国造が食べるという御神事。昨秋、高円宮典子様が
嫁がれた千家国造家は、古来この御神事を伝えている。


出雲大社摂社・出雲井神社。祭神は岐神(クナトのかみ)。
出雲大社や各地の神社に残る拝火を思わせる習俗は、
クナト神を崇める富族や
物部氏が発したと言われるシュメールにも見られるという。
久高島が「火の島」と呼ばれた由縁も、拝火の習俗にある。
a0300530_1752750.jpg

by utoutou | 2015-01-06 23:59 | イザイホー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20658391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< イザイホー 4⃣ 記録映画が大... イザイホー 2⃣ 十字の霊力 >>