天津甕星 1⃣ 百甕(むむはめー)の謎

日本神話に登場する、
まつろわぬ民の英雄・天津甕星(あまつみかぼし)。
日本書紀にも、異伝中に2ヶ所の記述がある。

武神・経津主神と武甕槌神にも倒せなかった
「香香背男」「悪しき神」「打倒すべき神」。
「天津甕星という悪神をを誅してから平定に赴きたい」
と、武神らが言ったと。
天がどこを指すのかは分からない。


さて、国際通りに居酒屋・百甕(ももがーみ)がある。
ホテルJALシティー那覇の近くで、看板が目立つ。

沖縄出身のお笑い・スリムクラブの真栄田賢さんの
父上が店長ということでテレビに登場、一躍有名店に。
甕(かーみ)とは、酒甕のこと。
経営する酒造の古酒甕がズラッと並んでいるとか。


居酒屋・百甕。写真は「ぐるなび」の店サイトから拝借。
a0300530_642954.jpg



いっぽう、久高島の神屋にも百甕が。島の方言で「むむはめー」。
↓ このシラタル宮(久高殿)と外間殿と大里家の神屋、
三宮に設置されている。甕とは神のことだと古語辞典に。
a0300530_625384.jpg



久高島の百甕は、いわば賽銭箱。
賽銭は祭りに役立てられる。

秋祭り・ハンジャナシーに、
イラブー採取権を持つ久高ノロと、
燻製を専ら担う村頭(はっしゃ)が、
国神(男女神人)にイラブーを振る舞う儀式がある。

それにしてもなぜ、イラブー(海蛇)の
燻製所(ばいかんやー)が久高殿に? 
謎を解くヒントを、
伊勢神宮で忌火屋殿を見たときに得た。

忌火屋殿は、神に供える神饌の調理場。
忌火(いみび)とは「清浄な火」。
神の使い・イラブーを燻した火も、忌火である。

王府時代、薫製イラブーは王への献上品だったが、
元来は、神饌に用いられたと思う。
'78年までシラタルの香炉は、ばいかんやー内にあった。



↓イザイホーの主祭場・御前庭(うどぅんみゃー)。
10月末の撮影。右がシラタル宮。
シラタルは島立ての祖神で、イザイホーを
再興したファガナシーの夫(従兄弟でもある)。
左がイラブー(海蛇)の燻製所(ばいかんやー)。
築後100年だというが、まだ現役。
a0300530_7141830.jpg



シラタルの正式名は、シラタル・ハンジャナシー。
漢字で書くと、白樽・神・加那志。
樽はタルガナー(神女)のタル、
つまり神のことで、白に続く3文字が「神」。
シラタル・ハンジャナシーとは、至高の神名である。

さらに、白い王で、皇(すめらぎ)。
アマミキヨの一対神・シロミキヨも「白い神」。
白には、皇統の意味もあるらしい。
 
では、百は? 
語り部はこうも言っていたものだ。
「百とは、天(一)から天降りした神」
すると、百甕とは?
「天津甕星と呼ばれた神のことです」と。

何年か越しに、私にもしっかりと飲み込めてきた。
まつろわぬ龍神、そして消された星神
天津甕星は久高島にいた。
シラタルはその末裔だった。

by utoutou | 2015-08-23 09:13 | 石垣島 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20719592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-09-28 23:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utoutou at 2016-09-29 02:17
> lapislazuli7さん
そうなんです。だから白は尊い言葉だと語り部さんが言っていました。
同時に、九十九というと九頭龍(くずりゅう)とか国栖(くず)など先住民の意味で、時代によっては逆に蔑称に繋がる場合もあったと。葛湯(くずゆ)は美味しいですね。
<< 天津甕星 4⃣ 聞得大君の守護神 語り部を囲む会のお知らせ >>