天津甕星 2⃣ 『おもろさうし』の…

昨日の夕方、石垣島に来た。20ン年ぶり。
あのときは那覇港から船便を利用したが、
今回は東京羽田から、白保にできた新石垣空港に着いた。
a0300530_7293350.jpg


着陸態勢に入った機内から、日没迫る島影を見つめつつ、
『おもろさうし』のとある一首をしきりと思った。
a0300530_7381449.jpg


『おもろさうし』
(16〜17世紀の王府編纂による古謡集)
に特別詳しいわけではない私でも、
何度も目にしたことがある有名な一首。
どんな歌なのか…には諸説あるようだが、
航海儀礼の道行きを歌ったものという説に納得。


第十巻 ありきゑとのおもろ御さうし
※「ありき」は「歩く」、
「ゑと」は「いぇと」といった掛け声こと。


「あがる三日月が節」
   
ゑけ 上がる三日月や
    (又)ゑけ 神ぎや金真弓(かなまゆみ)
    又  ゑけ 上がる赤星(あかぼし)や
     又  ゑけ 神ぎや金細矢(かなまゝき)
     又  ゑけ 上がる群れ星(ぼれぼし)や
   又  ゑけ 神が差し櫛(さしくせ)
    又  ゑけ 上がる虹雲(のちくも)は
      又  ゑけ 神が愛きゝ帯(まなきゝおび)


外間守善氏 校訂『おもろさうし』訳は次の通り。
※「ゑけ」は「あれ!」という感嘆詞

  ゑけ、上がる三日月は、
        ゑけ、神の金真弓(立派な弓)である
          ゑけ、上がる赤星(金星、宵の明星)は、
        ゑけ、神の金細矢(立派な矢)である
      ゑけ、上がる群れ星(星群)は、
          ゑけ、神の差し櫛(神の差し櫛)である 、
 ゑけ、上がる虹雲は、
          ゑけ、神の大切にしている美しい帯である


船から見上げる夜空の彩を歌った一首と、
私は解釈していたが、あるとき語り部は言った。
「これは天津甕星を、冬の空に上がったオリオン座
に例えて讃えたおもろ。三日月は甕星のことです」と。


「まさか」とそのときは思ったが、昨日港近くの商店街で
酒甕を見てから「そうかもしれない…」と、考えが変わった。
a0300530_8294417.jpg




続きは、今夜のオリオン座を見てから……。

by utoutou | 2015-08-23 09:13 | 石垣島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20721246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天津甕星 4⃣ 聞得大君の守護神 語り部を囲む会のお知らせ >>