天津甕星 4⃣ 聞得大君の守護神

石垣市立八重山博物館で「星図」を見た。
農耕の時期を定めるのに使ったという手書きの図。
琉球王朝時代にも、ここが「星の島」
であることに変わりはなかった(当たり前か…)。

解説文には「24あった」という星座名も載る。
現代と同じ名もあり、違う名もあり。

子ノハ星=北極星(以下すべて、右が現代名)
七ツ星=北斗七星、小ヨチヤ星=いるか座
大ヨチヤ星=ペガサス、カボシ星=おひつじ座
六ツ星=すばる(プレアデス)、弐ツ星=双子座
大ウラ座=シリウス

そして……えっ?
立明星=オリオンの座の中央の三つの星を
中心に形成される星座

と、そう書いてある。

オリオン座(画像はasahi.com から拝借)
の三つ星を沖縄では「黄金三つ星(くがにみちぶし)」
と呼ぶと語り部に聞いたことがあったが、
それを八重山では「(立)明星」と呼んでいたとは。
a0300530_17394225.jpg


琉球王朝時代、明星(宵の明星、明けの明星)
とは「君真物(キンマモン)」のことだった。
聞得大君に憑依してマツリゴトを司る守護神。
もし大君にキンマモンが降りなければ、
ときの王は、神徳がないと見なされた。

『琉球神道記』(1608年、袋中著)
のキンマモンの項には、
「琉球の国土と人民を守護するために出現した神」
とあり、また『中山世鑑』(1650年)には、
「海底の宮を住家とする」とも記される。
キンマモンは海神、龍神でもあったわけだ。

もろもろを整理すると…
明星=キンマモン=オリオン座の三つ星=黄金三星=海神

このことを踏まえ、改めて
『おもろさうし』「三日月が節」を独流で読んでみる。

「あれ、上がる三日月(オリオンの三つ星)は神の弓のよう
   赤星(オリオンの三つ星)は神の使う矢じりのよう
    群れ星(オリオン座)は、神の差す櫛のよう
たなびいている虹雲(龍運)は、神の帯のようだ」

なるほど、今度は語り部の言う
「天津甕星の歌」だと感じられた。


↓ オリオン座の三つ星を中心に
左上の赤いベテルギウス、
右下の青いリゲルなど、四方に輝く星々を
繋げると、神女が飾る「櫛」にも見える。
a0300530_2046321.jpg

もしや…
三日月とは甕月、または甕星のことではないか。
『おもろさうし』(写本)の該当ページを見る。


↓県立図書館に所蔵されている写本(尚家本)。
『おもろさうし』は基本的に平仮名表記だが、
「三日月」は、どの写本でもこのように漢字になっている。
原本は、首里城の火災(1709年)で焼失したという。
なぜ三日月が漢字なのか。謎めいている。
a0300530_10142646.jpg


薩摩による琉球侵攻は1609年、
八重山の星図が描かれたのは1756年。
長い時を経てもなお、
天津甕星は龍脈のごとく生き続けていたのか。

古代、後着の渡来民あるいは侵略者に対して、
屈することがなかった先住の神・天津甕星。

大和神話の悪神は、
琉球においては王家を守る最高神であり、
聞得大君の守護神だったと思う。
  



by utoutou | 2015-08-23 09:14 | 石垣島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20782509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天津甕星 5⃣ 宗像三女神の龍脈 天津甕星 2⃣ 『おもろさうし』の… >>