天津甕星 5⃣ 宗像三女神の龍脈

オリオン座の三つ星は、
古代の海人族にとって「航海の神」だった。

東の空に昇る三つ星は、
北斗七星とともに方角を教える星座。
三つの星が、海からひとつひとつ昇る様は、
神が一柱ずつ出現した古事記の情景を彷彿とさせる。

あの「住吉三神」のくだりだ。
イザナギが「阿波岐原」で禊ぎをしたとき、
瀬の深いところで底筒之男命が、
瀬の流れの中間で中筒之男命が、
水表で表筒之男命が生まれた。

この三柱の綿津見神が、阿曇連
(あずみのむらじ)の祖先神。いっぽう、この
三柱の子が宇都志日金析命(うつしひながさくのみこと)。
またの名を猿田彦。アマミキヨであると、思う。

猿田彦がアジケーに手を挟まれて
溺れ死ぬときに生まれた神も三柱だった。

古代の国津神こと海人族は、
日月星の三位一体を信仰した。
ところが、記紀を編んだ太陽信仰の大和政権は、
星神を削除し、悪神・天津甕星に仕立て直した…。
石垣島でオリオン座を待ちながら、
そんな思いを噛みしめた。

三つ星は宗像三女神にも例えられた。
というわけで、翌日は、島の最高峰・
於茂登岳にある「名蔵水元御嶽」に参拝。


ここに宗像三女神の伝説が残っていると、
語り部から何度か聞いていた。
ちょうど重箱を供えて祈願する女性がふたり。
とても美しい光景だった。
a0300530_13542684.jpg



於茂登岳から流れ来る沢の畔。
この名蔵水元御嶽は、山麓
にある名蔵御嶽の奥宮にあたる。
山麓に豊穣をもたらした御嶽。
ダム建築以前は、この「於茂登御主神」
で、島の人々は雨乞いしたのだろう。
a0300530_13402474.jpg



さて、宗像三女神の伝説は、
本島と石垣島で伝えられてきた。
「大和の国から琉球に渡来した三女神
その長女は首里の弁ヶ岳に、
次女はこの於茂登岳に、
三女は久米島に降臨した」のだと。


コンクリート製の祠には、
「於茂登御主神、昭和58年建立」とある。
名蔵ダムが完成したとき、この地に移設されたようだ。
祠の奥に建つ石碑も、同様に。
a0300530_1636428.jpg



えっ? 
奥にある御嶽を拝むとき、目を疑った。
石碑の銘は「大本嶽(おおもとだけ)」。

宗像三女神の祀られる宇佐神宮(大分県)の
奥宮は「大元神社(おおもとじんしゃ)」という。
その山は「御許山(おもとさん)」。
オオモトとオモト。非常に似ている。

はたして偶然の一致か。
伝説といい山名といい、
海神族の龍脈と、広範な信仰の名残りを強く感じさせる。


大元八坂神社には須佐之男が祀られている。訪れたとき、
猿田彦大神の気配も感じたものだったが。'12年12月の撮影。
a0300530_1349683.jpg

by utoutou | 2015-08-23 09:15 | 石垣島 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20805283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-02-21 22:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utoutou at 2015-02-22 22:01
TOY POPさん コメントありがとうございます。宇佐神宮の古文書に、本来の御祭神は猿田彦だと記されているとも聞きます。いずれ、猿田彦とスサノオの関係も浮かんでくるように思っています。まだまだ隠れている神様の相関図は大きそうですね。
Commented by 七色 at 2015-11-18 13:34 x
はじめまして七色と申します
宗像三女のイチキシマヒメを追っていると あなたサマとの「ご縁」を頂いて こちらのblogを見させてもらいました 
宇佐神宮の姫がみは宗像三女は知っていましたが・・・宇佐から奄美・沖縄諸島に行って 沖縄の神になっていたなんて すごい真実ですね

宇佐の姫がみは 福岡県鞍手にある六ヶ嶽に宗像三女降臨としての伝承があります

その六ヶ嶽に降臨した宗像三女の追跡をしているので
色々勉強になりました ありがとうございます

私と娘は沖縄に縁があり、こちらでもよく沖縄料理屋へ行きます 娘は三線を習いたがっていますが近くに教えて頂くところがないため 時期を待っています

私も追跡をして色々な所へ飛び回っています
今後とも宜しくお願いします
Commented by utoutou at 2015-11-20 07:46
> 七色さん
こんにちは。そうなんですよね。三女神は神女として琉球王朝時代から各地で
崇められたばかりでなく、聞得大君が、神仏習合で同神と言われる弁財天を
祀っていた痕跡があります。
いっぽう南島とは位置が真逆の本州の青森県にも、北海道の最北・稚内市にも、市杵島姫
を祀る神社は、創祀時期の新旧はともかく、存在しますね。
宗像神を祀る人々の移動(航海)範囲、そして信仰範囲の大きさには、驚かされます。
実は昨日から沖縄に来ていますが、今回も弁財天がお祀りされていた聖所を探す予定です。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by 七色 at 2016-02-13 10:03 x
返信コメントありがとうございますm(_ _)m 七色です。メッセージとても嬉しいです。ご縁が出来て感激しております。感謝していますm(_ _)m

沖縄に行かれていたのですね。素敵です。
娘へクリスマスに三線をプレゼントしました☆
福岡県鞍手にいながら三線を手にする事に、やはり不思議な縁を感じちゃいます。
一昨日、九州国立博物館「黄金のアフガニスタン展」へるなさんと共に行ってきました。勿論、イチキシマヒメとセオリツひめのルーツ等を追い求めてです(笑)
今、七色らは福岡県鞍手・六ヶ岳神話等の隠された真実を世に出すプロジェクトを立ち上げてアチコチ飛び回っています。
先程、愛姫伝さんにも初コメントさせて頂きました。
今朝の夢がセオリツひめ関係のあるヒメが出てきました。
夢を見たので勝手ではありますが、コメントさせて頂きました。すみませんm(_ _)m
もし良ければ・・・これから宜しくお願い申しあげます。
PS 今、娘が後ろで「宗像のなのはちゃん」と知らない言葉を言っています(笑)
娘に誰?と聞くと知らない夢で出てきた男の子と言っています(笑)
誰かな?(笑)

<< 斎場御嶽 魂の再生を願う勾玉 天津甕星 4⃣ 聞得大君の守護神 >>