猿田彦の下駄 3⃣ みちひらき

魚根家(イン二ヤー)の下駄には、日付があった。

一九六七年 十一月十三日

半世紀も前の話だ。ただ、
比嘉康雄氏のイン二ヤー拝所図(1979年調べ)には
描かれていないので、後からこちらに移されたようだ。

下駄ははたして、猿田彦にちなんで奉納されたのか。
いや、私はそう確信しているのだが…。

系図上、猿田彦は綿津見神(海の神)の子であること、
また安曇氏の祖神であることは、既に何度か書いた。
いっぽう沖縄では、海の神を「龍宮神」と呼ぶのだから、 
竜宮神(猿田彦)は、イン二ヤーの始祖である。


さらに、古来、久高島で受け継がれた
ニライ大主(うふぬし)という神役も、
イン二ヤーの女が継ぐとという決まりがあった。
ニライ大主について、
比嘉康雄氏は次のような口伝を遺している。

・ニライ大主は島の最高神である
・聖地ニラーハラー(ニライカナイ)の主である
・しかし、結婚できない神役だったため途絶した
・正月にはニライ大主が先頭に立ち、行進をした

最後の口伝は、とても貴重な情報だ。
正月神事の先頭に立つ…
その神を、猿田彦と言わずして何と言おうか。
「みちひらき」の神とは、まさに猿田彦のことであった。


↓ ニライカナイの海(2枚とも昨年の旧正月に撮影)。
ニラーハラー(ニライカナイ)とは
「東方の聖地」のことだが、「始源の地」という意味も。
つまりニライ大主とは「渡来神・猿田彦」のことでもある。
a0300530_1524275.jpg


やはり去年の旧正月の伊敷浜。古来、数々の神事が行われた。
a0300530_15243035.jpg



旧正月の行列神事。先頭を行くニライ大主の後には、
ソールイガナシーや根人(ともに男性神役)や神女が、
そしてまた島人たちもついて外間殿まで歩いたという。

〜先頭のニラー大主の親戚の人がビービタトゥという笛を
吹き、行列して外間殿にお迎えし(中略)ニライ大主は
外間の中央に座した。それから正月の行事が始まった〜
※比嘉康雄氏著『神々の原郷 久高島』より


正月行列の到着地・外間殿。(やはり去年の旧正月に撮影)。
今年は来たる2月19日。三線と太鼓で新年を寿ぐ風景が見られる。
a0300530_16433222.jpg



男性が健康を祈願、神人が神酒を振る舞う酌とぅい(酌とり)。
※写真は南城市観光協会WEBサイトより拝借。
a0300530_15245867.jpg




外間殿に掛かっている七福神の掛け軸。
なぜ久高島に七福神?と思っていたが、
寿老人(中左)は白鬚明神とも呼ばれる。
つまり猿田彦のこと。ようやくその意図が飲み込めた思い…。
a0300530_15251739.jpg

by utoutou | 2015-02-07 17:46 | 久高島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/20858226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 猿田彦の下駄 4⃣ つまりアマミキヨ 猿田彦の下駄 2⃣ 古代海人族 >>