7つの首の蛇 4⃣ 久高島始祖の墓

久高島の七川(なながー)巡り。
そうした観光コースがあるわけではない。
七つの川が並ぶ久高島を、いまき亡き神女たちは
「7つの首の蛇」と呼んだというので、歩いてみた。

蛇とは龍蛇、あるいは龍蛇神。
古来、龍宮と呼ばれた久高島のことである。

「7」は久高島では聖数。祭祀でも重んじられた。
かつて神女になる女たちは、イザイホーの祭りで
七つ橋を7回往復してから、七つ家に籠った。

あるいは、久高島の島立ての祖と呼ばれる
夫婦・シラタルとファガナシーが、
伊敷浜で拾った白い壷には、七穀が入っていた。


そのシラタルとファガナシーに由縁の深い川が、
〈その4〉「やまがー(山川)」。 
川への降口前に、秘伝によれば夫婦のお墓がある。
a0300530_1764389.jpg



お墓は、写真正面の樹々に隠れた崖下にある。
ファガナシーはミントングスクの一人娘。
そして、シラタルはミントン門中である屋号・本部
(姓は百名)の息子であったため、久高島の神人は、
玉城参りを欠かなかった。そのことは
アマミキヨ末裔の里帰り…」に書いたが、
逆に、玉城からの「久高御願」と呼ぶ
参拝も続いていた。


戦前は8月14日に、戦後は不定期に。
ミントン家など元家の代表らが
こちらのお墓とフボー御嶽に参拝して、
米と酒を供えたものだという。
そして一行は、この地で昼食をとった。
a0300530_17201025.jpg


さて、シラタルを祀る宮は、現在
イザイホーの主祭場だった
御前庭(うどぅんみゃー)にあるが、
'70年代までは、イラブー(海蛇)
の燻製場(ばいかんやー)内にあった。



シラタルは龍蛇神の再来だったのではないか
と思う。写真は、やまがー入口から見る本島。
a0300530_17183539.jpg



やまがー内部。久高島では昔、
こうした川々に住むの神を
「川神(はーがみ)」と呼び、崇めていた。
a0300530_1719931.jpg


そして、イザイホーの3日目、神女たちは
「川神遊び(はーがみあしび)」の円舞を踊った。

by utoutou | 2015-04-19 23:22 | 龍蛇神 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/21137270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 7つの首の蛇 5⃣ 禊ぎの意味 7つの首の蛇 3⃣ 久高島「七... >>