7つの首の蛇 7⃣ ヤグルガー

久高島の七川(なながー)巡りをしたのは、
3月21日(土)春分の日のこと。
日の出は6時47分、新月・大潮。

6時に宿を出るときの気温は、19度。
七川を巡りを開始した8時半で、23度。
1ヶ月遅れて、きょう4月23日、東京も
日中はようやくその陽気に追いついた。


3月21日の6時50分、日の出直後の伊敷浜。
太陽は雲に阻まれていたが、春の曙を十分に堪能。
a0300530_17372532.jpg



そして、
ヤグルガーに参ってみようかと思った。
七川のうち最北に位置する川泉である。

ヤグルガーと伊敷浜を、一対の聖地
として語るのは王府時代の説話集
の『遺老説伝』や『久高島由来記』。

玉城から渡島した
シラタルとファガナシー夫婦は、
伊敷浜に流れ着いた白い壷を拾えなかったが、
ファガナシーがヤグルガーで沐浴すると、
壷は袂に懸かり、中に七穀の種が入っていた。


ヤグルガー(屋久留川)入口。ひらがなでは
違和感があるのは、この看板に慣れ親しんだせい?
a0300530_17375485.jpg



ところで、
「久高島穀物伝説」には続きがある。
白い壷にあった種を植えて五穀豊穣に恵まれた
夫婦は、一男二女をもうけた(これには諸説あり)。
長男は外間神人に、長女は祝女(のろ)になった。

巫女となった次女・思樽(おみたる)は、
王の寵愛を受け玉城王夫人となるも、
側室の妬みを受け、失意のまま
久高島に戻り、ひとり男子を生んだ。
英祖王統最後の王となる西威である。
その産屋は現在も外間殿に残っている。


ヤグルガーは
久高島に限った聖地では終わらなかった。
後に王府から「コバウノ森(フボー御嶽)
四御前」のひとつとして、奉斎を受けた。
a0300530_17381673.jpg



崖下の川泉までの距離は長いが、
下りてみると湧水口は土砂で埋まっていた。
どうも昨年秋の台風でやられたらしい。
a0300530_17385752.jpg



西の聖泉・ヤグルガーと、
東にあるニライカナイ遥拝の聖地・伊敷浜。
それは、たとえばヤマトにおける
西の出雲と東の伊勢を彷彿とさせる。


↓ イザイホーの主祭場・久高殿の東西軸。
左が北、正面(東)方向に外間殿、伊敷浜。
手前は「西方川(かー)群方向」と呼ばれ、
「川神遊び(はーかみあしび)」のとき、
神女たちの登場口となったという。
川神とは龍蛇神のことだろうと、ここに
イラブー(海蛇)の燻製場を置いた
祭場の構図に思う。
a0300530_189535.jpg

by utoutou | 2015-04-23 18:45 | 龍蛇神 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/21148141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 7つの首の蛇 8⃣ 南方熊楠が... 7つの首の蛇 6⃣ グスク跡 >>