7つの首の蛇 ⑪ 永田町の稲荷

連休直前の金曜日、永田町を歩いていた。
外堀通りを、溜池山王から赤阪見附へ。
すると、そびえる鳥居で足が止まった。


山王の日枝神社。鳥居の上が山型。
地名の通り、標高30m近くある神の社。
周囲のビル群のなかにあって、
ひときわ神気を放っていた…気がする。
ともあれ、久しぶりに雲ひとつない空を見た。
a0300530_15392661.jpg


ご祭神は大山咋神。
末社に山王稲荷神社、八坂神社・猿田彦神社。

本殿参拝もそこそこに末社へと急いだ。
何しろ、ウカノミタマを祀る稲荷神社参りが
続いている折から、素通りはできない。


末社祈願所から、ガラス戸を開けて進むと、
左が山王稲荷神社。右が八坂神社・猿田彦神社。
a0300530_15351573.jpg


鮮やかな朱の稲荷神社には、白狐も描かれて。
参道には奉納された赤鳥居、赤幟が並んでいた。
a0300530_15321521.jpg


山王稲荷社に参拝。
本社の山王権現が、萬治2年、麹町より
移遷された際、境内末社になったものという。
a0300530_15351837.jpg



八坂神社・猿田彦神社に参拝。
猿田彦神社は、萬治2年に、
八坂神社は明治19年に奉斎され、相殿神となった。
a0300530_15352078.jpg



思いがけず、立ち去りがたい気になったのは、
ご祭神の並び方のせいだ。
左からウカノミタマ、猿田彦大神・須佐之男命。


そして、神社の屋根部分にそれぞれ
あしらわれた色に、目が釘付けになった。
右の八坂神社・猿田彦神社が、白。
左の稲荷神社が、赤。
   
a0300530_02482521.jpg


それは沖縄稲作の聖地・受水走水
に伝わる色そのものだったのである。

「祖神の名は色を表している」と口伝に。
シロミキヨ(稲魂神)は、白。
アマミキヨ(太陽神)は、赤。

玉城の地では、
「白一族、赤一族の順に渡来(降臨)した」
と、語り継がれていたとも聞いた。
もちろん、どちらの一族も稲を携えて。

ヤマト的な表現に変えれば、
スサノオ・猿田彦(祖神は高皇産霊命)は、白。
ウカノミタマは、赤。

「白の次に赤。それが日の丸の意味なんだよ」
と、語り部は
神女のおばあたちに聞いたという。
「日の丸がヤマトの国旗になる前から、
琉球の海人は船に
白地の赤丸の旗を掲げていた」のだと。


「7つの首の蛇」は、ウカノミタマ(赤)。
7つの龍蛇族を束ねたのは、高皇産霊命(白)。
その神格を継いだのは、スサノオと猿田彦。


そう気づいたのも、龍蛇神の導きだったか
と、よりによって永田町のお稲荷さんで思った。
a0300530_15352181.jpg





by utoutou | 2015-05-04 04:50 | 龍蛇神 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/21184320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヤマトタケル 1⃣ 日枝神社の... 7つの首の蛇 9⃣ 熊楠のウカ... >>