ブログ開設2周年♡ありがとうございます

あらもう…と、昨日の朝、気がついた。
ブログを開設したのは7月末だった。2周年である。
いつも訪問してくださり、ありがとうございます。

昨日は玉城の「山の茶屋 楽水」に電話して、
その旨をご報告。ありがとうございます。

御嶽めぐりの拠点は、いつも玉城。
沖縄はじまりの地で、
歴史時間への旅の準備を整える。
終わっては珈琲とともに振り返る。

ということで、8月に「アマミキヨ感謝祭〜
私が好きな御嶽を語ろう」(仮)と題して、
2回目となる「宮里聡さんを囲む会」を
「天空の茶屋」にて開催することになりました。
詳細は改めてご案内します。
よろしくお願いします。


さて前回、大黒様は『日本書記』の天地開闢
に登場する国狭槌尊(クニサツチノミコト)
の仮の姿だという語り部の説を書いたが、
その神名は古伝『ホツマツタエ』に見える。

タケヒト(神武)より古いアマキミ(天皇)の第2代。
ちなみにホツマ(関東の意味)ツタエによれば、
神武以前のアマキミは、
初代クニトコタチから12代いたという。


私たちがよく知る大黒様のいでたちとは…
稲俵に足をかけ、右手に打手の小槌、左手に布袋。
この意味について、語り部は常々こう言っていた。

「右手の小槌は産鉄を意味するハンマー。
そして布袋には西方から運んだ御宝が入っている。
後に七福神のひとりとなった大黒様の本来の姿は、
渡来した産鉄・稲作集団の首長だったと思います。
また上古代のアマミキヨとも、繋がりがある」


2年前には、日本神話の神と琉球の神々に
強い関連があるとは、思いもよらなかった。
新しい1年も追跡(追っかけ)は止まらない予感。
よろしくおつきあいのほど…。



2年前の夏至に、沖縄久高島・伊敷浜の朝日。
a0300530_6504945.jpg




1年前の7月、沖縄久高島・伊敷浜の朝日。
a0300530_18505696.jpg




1年前の沖縄久高島・カベール岬(島の北端)。
a0300530_19155390.jpg




1年前、お話し会を終えた後、天空の茶屋から。
a0300530_18511359.jpg




東京〜沖縄1600㎞、古代の航路を夢想しつつの往来。
a0300530_18511964.jpg

by utoutou | 2015-07-26 11:05 | ヤマトタケル | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/21483402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 徹平 at 2015-07-27 00:56 x
utoutou様おめでとうございます。
そして、ありがとうございます。
ブログを読みながらも、ロマンだけで終わって欲しくなく、応援しています。
また、自身の学びにもなってますゆえに、深く感謝しています。
ブログだけでなく、お話し会も楽しみにしていると同時に、ありがとうの気持ちでいっぱいです。
これからも、ケガには気をつけて、素敵なブログとともに日々を歩まれて下さい。
Commented by utoutou at 2015-07-28 12:14
> 徹平さん
こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。
お話し会は、8月16日の午後に行います。
浜辺の茶屋でのご案内と同時に、こちらでも詳細をお知らせいたしますね。
私も楽しみにしております。よろしくお願いします。
Commented by 金沢の素人 at 2015-07-30 22:03 x
utoutou様、こんにちは。
ブログ開設3年目おめでとうございます!

お話し会ですか。
いいなぁ~!

参加させて頂きたいですが、マダマダ修行の身なので難しいです(´・ω・`)

いちどutoutou様のご教授お聞きしたいですね~。
Commented by at 2015-07-31 23:13 x
utoutou様
ブログ2周年おめでとうございます!!!
いつも更新楽しみにしております(^0^)/
沖縄転勤3年間で最後の最後まで久高島は軽々しく行くような場所じゃないと地元の人に教えてもらっていたので(島から貝か石を持ってかえった人が交通事故して足折ったと聞いてたので)、東京に戻ることが決まってからも久高島には行かずに転勤生活を終えるんだと思っていたのですが、まさかと思う成り行きで行く事になり、神の島に粗相や失礼があってはいけないと島に行く前の事前勉強をしている時にこのブログに出会いました。沖縄の転勤生活が楽しすぎて、もっと沖縄のことを知りたいと思っていたので、追跡アマミキヨにはまりにはまって今日に至っております。転勤生活最後の3ヶ月でブログに書かれていた御嶽やグスクには出来る限り行ってみました。久高島にはこのブログと出会ってから今日に至るまでに5回行きました(笑)今も3ヶ月に一度は沖縄に遊びに行くので、時間がある時はレンタカーを借りて玉城に行ってみて、追跡アマミキヨの世界観に触れて、古代海洋王国のロマンを感じています。今年の7月の3連休は鹿児島の野間岬を探検し、ニニギノミコトの上陸地と言われる黒瀬海岸に行ってみてアマミキヨとの繋がりを妄想してみたり(笑)完全に追跡アマミキヨの追っかけ三十路男子です。これからも更新楽しみにしています。3周年目指して、頑張ってください!!!!!
Commented by utoutou at 2015-08-01 08:50
> 金沢の素人さん

こんにちは。ありがとうございます。
最近はちょっと更新を怠っていますが、
8月から、またアマミキヨの追っかけを再開したいと思います。

ご教授って…笑
どこかの神社にいらしたら、是非また情報をお寄せくださいね!
Commented by utoutou at 2015-08-01 09:11
> 寅さん

こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですか、久高島にハマりましたね。
もしかすると「下駄の拝所」をお訪ねになりました?
若い男性が探していたと島で聞きました。笑

知念・玉城を廻りたいとおっしゃる方が増えて、嬉しい限りです。

野間岬、よいですね。
笠沙岬ですよね。西南端から南の方向の海、
見た目はどうなのかと、よく想像しています。
どんな印象だったか、また教えてくださいね。
Commented by at 2015-08-01 14:25 x
utoutou様
お返事ありがとうございます。
下駄の拝所…Σ (´Д`ノ)ノ はっ…今年の3月に久高島に行った時、確かに探しました。けれど見つけきれず、無念と思ってたのです。utouto様がおっしゃってる男性は私ではないかもですが…。それにしても、ただ黙々と集落歩いていただけなんですが、下駄の拝所を探してるとわかるものですかね(;^_^A
次に久高島に行った時は、見つけたいと思います!
Commented by utoutou at 2015-08-03 13:57
> 寅さん
こんにちは。「下駄の拝所」を探す人、違いましたね。失礼しました。
そう言えば、男性ふたり連れと聞いた気がします。
こういう話をしていますと、また早く久高島に行きたいと、
思ってしまいますね(^^;;
Commented at 2015-08-04 22:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-08-05 18:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utoutou at 2015-08-05 22:04
> 徹平さん
お知らせが遅くなりまして、申し訳ありません!
いま、お話し会についてのお知らせをアップしました。

今回は定員20名としましたが、希望者は既におられるらしく、
まずはブログでのお知らせから、ということになりました。

もしご参加いただけるようなら、こちらにご連絡ください。
よろしくお願いします。
Commented by sayu at 2015-08-17 07:25 x
ブログ開設2周年、おめでとうございます。
私も、宮里さんを囲む会でお話をお伺いしたいところでしたが、残念ながら時間的にも金銭的(旅費)にも無理でした…。

ところで、クナト大神とサルタヒコ神とスサノオの関係について、宮里さんから何かお聞きになっていらっしゃいませんでしょうか?

もしお聞きでしたら、何卒、よろしく御教示下さいませ。
Commented by utoutou at 2015-08-17 09:25
> sayuさん
こんにちは。ありがとうございます。
クナト大神、猿田彦大神については、これまで書いてきた通りです。
スサノオについても何度かは書きましたが、私自身にまだ納得できない部分があり、詳しくは書いておりません。
また機会がありましたら、ご参加くださいね。
Commented by sayu at 2015-08-17 11:48 x
ありがとうございます♪

おっしゃる通り、私も既に「クナト大神」と「サルタヒコ神」の関係については調査して、ある程度は納得ができておりますが、まだ「スサノオ」と、先の二柱の神との関係については、納得が行かない点が多々有りますので、もし宮里さんから何か最新の詳しい情報をお聞きになっていらっしゃらないか?…
お聞きしたかったのですけれど…

それが明確になれば、大体の絡まった糸が解けるので…
また宮里さんに、何卒、お聞き頂ければ幸いです♪
<< 「北の縄文」と沖縄 〜 北海道神宮 ヤマトタケル ㉗ 大国主と天日... >>