沖縄の天女伝説 ⑩ 琉球王朝と銘苅家(めかるけ)

琉球第二尚氏王朝時代の初期のころ(1465〜87年)、
天久宮の社殿を建てた「銘苅村の銘苅の翁」を
『天久宮由緒』は、「唯人ならず」と記したが、
どのように「唯人でない」のかは記していない。

が、その意味を知りたいと、
しばし悩ましい日々を送った挙げ句、
とんでもない名門家だということを知った。

まず、ストーリーが似ているため
どうにもややこしい、
沖縄の天女物語を振り返ってみる。

時代の新しい順から、
天女伝説・その1「天久宮」の巻。
「銘苅の翁」は女人(弁財天)と出会い、
社殿を建立した(天久宮由緒)。記事はこちら

天女伝説・その2「銘苅川」の巻。
銘苅子は銘苅川で天女と出会って結婚。
生まれた娘が尚真王夫人となり、
佐司笠按司加那志を生む(『中山世譜』ほか)。記事はこちら

天女伝説・その3(森の川)の巻。
天女と出会って結婚した奥間大親は、
一男一女をもうけるが、その子はやがて察度王になる。
「昇天した天女」とは銘苅家の女である(口伝)。記事はこちら



天久宮境内にある弁財天。
銘苅の翁は、女人が弁財天であるとの神託を受けた。
a0300530_14375916.jpg

そして、きょう遂に(笑)合点がいった。
天久宮を建てた「銘苅の翁」と、
銘苅川で天女と出会った銘苅子は、
時代は異なるが、どちらも、
同じ安謝村銘苅の銘苅家の人物だったのである。

『琉球国由来記』「第十二 真和志間切」に、
〜旧跡 銘苅子祠堂 安謝村〜という項目があるが、
本文に、それは「銘苅翁子」旧跡だとある。
意訳すれば、
天久権現勧請由来、聖現寺縁起に見える銘苅翁の家だと。
続いて、あの銘苅子の伝説が綴られるのである。
〜往昔、銘苅原の井川で銘苅子が手足を洗っていると、
天女が現れて…結婚…その娘が尚真王夫人になる〜と。


天久宮の由緒にある通り、
「天久野」で法師と女人に出会った
「銘苅の翁」の足取りを(現代のものではあるが)
那覇市の地図と照らし合わせてみると…。



ルート検索サイト NAVITIME から地図を拝借。
銘苅川の「天女の御嶽」(検索では佐川急便営業所と入力)
が、緑色で示された径路の右端。また緑径路の左端が、
天久宮(検索では泊高校と入力)。
その距離は1.7㎞。タクシー料金は730円と出た。
往時の天久宮は現在から少し北にあったと言われるが、
徒歩数分の違い。銘苅家から天久宮までは、徒歩30 分?
a0300530_14115504.png

銘苅の翁は、天久まで歩いて行ったのだろう。
つまり、天久宮を建立した翁が「唯人ならず」と
記されたのは、古来この地の大地主だったからか?


くだんの『琉球国由来記』真和志間切安謝村
の項には、この銘苅子祠堂の祭祀を司るのは、
〜長じて佐司笠按司加那志となった銘苅子の外孫
の嫁ぎ先・向姓美里王子朝易、
湧川親雲上朝略外鼻の祖也〜とある。

いっぽう、銘苅家の祖・向姓美里王子朝易は、
『士族門中家譜』(比嘉朝進著、2005年、球陽出版)
にも、「首里士族 向氏(しょううじ)・湧川殿内」
の項に記されており、『由来記』の記載と合致する。
〜一世・越来王子朝理。
二世・見里王子朝易。〜妻は尚真王の娘。〜と。

尚真王の娘婿が銘苅家の家督を守ったということか。

琉球王朝に深い血縁を持つ銘苅家。
その古代より繫がる系譜とは、いったい…。




天久宮の拝殿内部。
神社としての祭神は熊野三神となっている。
a0300530_15024155.jpg




by utoutou | 2015-09-17 18:25 | 天女伝説 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/21637180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 沖縄の天女伝説 ⑪ 銘苅は古代... 沖縄の天女伝説 ⑤ 琉球王... >>