沖縄の天女伝説 ⑳ 大国家と三保の浜

天女降臨の舞台は、銘苅川や森の川だけではない。
本島南部・南風原町宮城(みやぐすく)にある
御宿川(うすくがー)もそのひとつで、
大国家(でーこくやー)という旧家の近くにある
川泉に、羽衣伝説が残っている。

大国家は、ぜひ一度、訪れたいところだった。
そもそも大国家という屋号を冠したこの旧家は、
大国主の末裔であるという伝承があり、その当主は、
大国大主(うふくにうふすー)と呼ばれたという。

それを語り部に聞いたとき、沖縄=出雲だと思った。


ところが、いまは屋敷の跡形もなく、
↓拝所(写真右)は、鉄扉が錆び付いていて開かない。
語り部曰く、神壇には「大国さま」が祀られている。
覗くと、確かにそのような立ち姿が暗闇に浮かんでいた。
a0300530_16021727.jpg


さて、大国家の大国子(でーこくしー)が、
この地の天女伝説の主人公である。今から300年前、
大国子は御宿川で髪を洗う女性に出会った。
そこで、木枝に掛かっていた衣を高倉に隠し…やがて結婚。
子宝に恵まれ暮らしていたが…家族別離のときが訪れる。
おおむね天女は飛衣を得て昇天するストーリーだが、
この地に伝わる天女伝説は結末が違う。
東へ山ひとつ越した与那原で姿を消したというのだ。
(但し、『琉球国由来記』では、
「昇天せず死ぬ。御嶽内に葬る」となっている)



南風原町宮城の御宿川(うすくがー)。
看板の左下が天女の川泉。水は湧いてはいない模様。
a0300530_16023855.jpg



天女の消えた場所が、与那原与原の久場塘(くばどう)。
宮城から東へ車で10分、与那原交差点を西原方面に500m。
住宅街の駐車場内にひっそりと、しかし堂々と。
a0300530_16032810.jpg


「なぜ、天女はここで消えたとなっているのですか?」
語り部に聞くと、理由はあっさりと判明した。
「昔は、大国家がこの与那原にあったからですよ」
「あらら、南風原の天女伝説は、この与那原が元で?」
「一山越えて、移住したと伝わっています。ほら…」


語り部が指差した先、
拝所の小祠の左半分に、次のように刻まれていた。
〜南風原村宮城区拝所
一九五五年四月五日建立〜
この久場塘拝所は宮城のものであると明記されている。
a0300530_16043190.jpg


では、大国家が移住したのは、いつ頃だろうか。
南風原の天女伝説は300年前の話だというが、
『琉球国由来記』にも、大里間切宮城の項に、
「一ツ瀬アマオレヅカサ」という天女由来の御嶽が見えるので、
『〜由来記』成立(1713年)以前には、大国家は宮城にいた?

いっぽう、これまた驚いたことには、
察度王(1321〜95年)の息子である崎山里主が
南風原の大国家へ養子に入ったとの伝承がある。

逆に言えば、
天女一族と王族との縁組みは琉球王朝時代の
はるか以前から行われていたということになる。

察度は、奥間大親と森の川の天女から生まれたので、
崎山里主は、天女の孫にあたる。
  その王子が、大国主の末裔家に養子に入った…
  つまり、大国家はどれほど大きい家だったか。
   いまは寂れてしまったが、過去の栄華が偲ばれる。  
大国家も銘苅家と同様、古代海人族の流れだった。


ところで、
この地の天女も後の聞得大君と深く関わる。
天女が消えたのは久場塘だが、舞い降りたのは、
歩いて10分ほどの距離にある「浜の御殿」(うどぅん)。
後に琉球王朝の王族が順拝する東御廻りの拝所となった。



天女が出産したときに、↓ 親川(うぇーがー)の
湧水を産湯に使ったという古伝承があることから、
聞得大君は、就任式「お新下り」のときは、
この親川の泉で水撫で(うびなでぃ)をしたという。
a0300530_11130547.jpg


親川には、聖なる神名が付いている。
「与那原よなわしのあまおれ川、
君がおべい主がおべい、川御すじがなし」
(琉球王府編纂『お新下日記』による)

意訳すると、次のような意味になろうか。
「世直し(豊穣)のため天女が舞い降りた川泉、
 聞得大君のための、霊力(しじ)高い水の神」
聞得大君はこの霊力により国王のオナリ神となった。

この川御すじ加那志(神)こそ、各地の天女伝説で見た
弁財天であり、ヤマトの信仰で言えば瀬織津姫であり、
市杵島姫命であり、語り部によれば菊理姫でもあり、
そして、三穂津姫である。

この与那原は近年、再開発が進んでいるが、
往古は、御殿山や親川の側を通る国道329号線まで海岸
が迫り「与那古浜」「三保の浜」と呼ばれたという。
「そして、立派な松林があったそうです」と、語り部。

大国家と三保の浜と松原と羽衣伝説。この地の
天女伝説を辿ると、出雲神話の原風景とそっくりに
感じられる「いにしえの与那原」に行き着いた。
なんとも不思議…。



埋め立てが進み現在の海岸線は、西原きらきらビーチ。
地域には野外コンサート場や観光施設建設の予定もある。
a0300530_16544470.jpg













宮城観光地図のサイトはこちら
by utoutou | 2015-10-24 19:53 | 天女伝説 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/21763376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-10-26 01:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utoutou at 2015-10-26 18:09
> 徹平さん
お久しぶりです。もうすっかり秋になってしまいました。笑
朝鮮の民族衣装ですか…。その色が白なら、ノロや神女の神衣装と似ていますね。
王家の娘…銘苅が古代王家だった可能性は大いにありますね。
そうなると、銘苅=ワニ氏となり、ワニ氏の娘ということになるでしょうか。
ちょうど次回、そのことを書こうとしていたところですが、
そう言えば、玉城にも昔、「三保の松原」があったそうです。天空の茶屋の近くに。
機会があれば、またぜひ語り部と天女談義をしてみてくださいね。
<< 沖縄の天女伝説 ㉑ 天御中主神... 沖縄の天女伝説 ⑲ 銘苅御殿は語る >>