六甲山と瀬織津姫 ④ 浦島太郎の玉手箱

後に出家して如意尼となる真名井御前
の出自であるかもしれない日下部氏とは、
どのような古代豪族だったのか。

記紀には、5世紀の事績に登場する。
皇位争いで雄略天皇に殺された
履中天皇(400〜405年)の子・市辺押盤皇子
の幼い皇子であるオケとヲケ兄弟を連れて、
丹波国余社郡に避難したのが、日下部連使主
と、その子である吾田彦だった、と。

また『播磨風土記』には、二皇子は播磨
に身を隠していたとの伝承が残っている。
丹波と播磨、どちらがいったい正しいのか。

丹波国について、籠神社HPはこう語る。
〜但波国(丹波国)とは、
713年に丹後国が建国されるまで
当地方が属していた国のことである。
飛鳥時代頃まで現在の丹後・丹波地方
(京都府中部・北部・兵庫県の一部)は、
「たにわ」の国と呼ばれ、〜



そうだったのかと、眼から鱗が落ちた。
丹後と播磨と摂津は、古代、同国だった?
その三国は明らかに隣接している。
(↓こちらの地図も籠神社HPから拝借)
a0300530_13313496.png


さて、
あの有名な浦島太郎の童話も、日下部氏
    のアイデンティティーを示す大きな要素だ。    
 
12世紀末の歴史書『水鏡』に、それが見える。
〜浦島太郎は、天長2年、龍宮城から玉手箱
を持ち帰った。その箱を開けると中から
紫雲が昇り、たちまち老人となり、
うまく歩けないほどだった。〜(要約)

帰ってきた天長2年とは、825年である。
いっぽう、行ったのは478年。
なぜなら、
『日本書紀』雄略天皇22年に、こうあるからだ。
〜秋7月に、丹波の国の余社郡の菅川の人、
瑞の江の浦島子、船の乗り釣りす。〜

                        『丹後風土記』はこの瑞の江の浦島子」
                         こそが、「日下部氏の祖」だとしている。
                                           
またもや日下部氏…。そう言えば、
現在の六甲山が位置する摂津郡に日下部氏
献金した、つまり首長だったのは766年。
 真名井御前が生きた時代と、ほぼ同時代である。

真名井御前と浦島太郎が、日下部氏の同族
ならば、現実に出会う機会を得ていたのでは?
ということで、以下に↓年表を整理してみる。


802年 後の真名井御前(厳子)誕生。
812年 10歳。京都・真言宗の頂法寺で修行。
822年 20歳。大伴親王の妃に。
823年 大伴親王が即位、淳和天皇に。
825年 浦島の子(浦島太郎)が竜宮城より帰る。
826年 真名井御前、神呪寺を建立。
空海を師として修行。
830年 28歳。空海が如意輪観音像を彫る。
831年 神呪寺の本堂が完成。如意尼となる。
834年 33歳、入定。
835年 空海が死去(62歳)。


やはり…年代が一致した。
浦島太郎(825年)は、
神呪寺の建立(826年)に関わっていた?

ここは、語り部に意見を聞いてみよう。
六甲山の周辺で、隠された何かとは、
浦島太郎の玉手箱ではないのか?



真井御前の古称は、匏宮、吉佐宮、
与謝宮、久志濱宮(くしはまのみや)という。
籠神社から徒歩10分ほど(撮影は'13年秋)
a0300530_13240703.jpg


真名井神社の祭神は豊受大神。
古名は、瓢宮、吉佐宮、与謝宮など。
真名井御前(籠神社では真井(まない)御前)
がそう呼ばれたのは、なぜなのだろうか?
a0300530_13234436.jpg




by utoutou | 2016-04-13 01:35 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/22705195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 六甲山と瀬織津姫 ⑤ 空海の隠した珠 六甲山と瀬織津姫 ③ 紀香・日... >>