六甲山と瀬織津姫 24 三輪山は大和の出雲

大神神社境内の笹百合が見頃だそうだ。
私が参った10日前も「ささゆり園」が公開されて
いたが、あのときはまだ大きく咲いていなかった?

大神神社の御神花であるささゆりは、
この地の歴史に登場する姫神の象徴でもあった。

伝承によれば、神武天皇の妃となった媛蹈鞴五十鈴姫
は、三輪山西麓の狭井(さい)川のほとりに住んでおり、
その辺り一帯には笹百合(三枝ともいう)が咲いていたと。


6/10の笹百合。写真は大神神社HPから拝借。
a0300530_07003679.jpg


『古事記』では、姫の名は、伊須気余理比売だが、
  〜その家は狭井川のほとりにあった〜とある。  
      〜神武天皇は比売のもとで一晩お休みになった〜と。     

  大神神社の摂社・狭井神社に関係の深い神話。
三輪山の参拝客は、中腹にある「三光の瀧」まで
狭井川のほとりを歩いたり、橋を渡ったりするが、
私たちはあのとき大和神話の重要な舞台に立っていた。

伊須気余理比売(=両親である大貴巳と活玉依姫)の
家は、狭井川をもう少しさかのぼった地点らしい。
中山和敬著『大神神社』(学生社)には、
〜狭井神社の北側の柿畑になっている岡一帯を
現在も出雲屋敷と呼んでいる 〜と記されている。


↓ 狭井神社の北側とは、こちら拝殿の奥の地域か。
大神神社からも北へ500mほどの距離にあるその地は、
なんと、「大和にある古代出雲」だったのである。
a0300530_09032667.jpg


やはりか…と、
三輪山山頂の奥津磐座(記事と画像はこちら)を思った。
高さ1mほどの磐座が数十mに渡って縦横に並ぶ磐座群。
その光景はある本で見た、古代出雲の王墓によく似ていた。


それは古代出雲代々の王墓(出雲の熊野山にある斎場)。
斉木雲州著『出雲と蘇我王国』(大元出版より拝借)。
a0300530_10242439.png


クナト王を始祖として、紀元前にインドから渡来したと
いう古代出雲王家・富(登美)族の伝承によれば、 
その葬送の風習は、代々の王を山に葬って斎場とし、
屋敷には石を置いて「拝み墓」とする両墓制だった。

ちなみに、沖縄では現代でも、集落内にある
神屋での拝みを御嶽へと当てる「古代出雲式」だ。

話は三輪山に戻って、
この地が出雲ならばと、古伝に沿って考えてみた。
三輪山山頂の奥津磐座群が、語り部も言う
みささぎ(墓陵)ならば、拝み墓のある集落はどこに?



調べると、三輪山の東部にも出雲という地名があった。
その村は鎌倉時代に現在地へと降りてきたが、それまで
は三輪山の東1.7kmに位置するダンノダイラにあった。
現在の出雲地区から約140m北、標高450〜480m、
尾根の上の広大な平坦地(6.3万㎡)だという。
※地図は「DEEPだぜ!!奈良は」様のサイトより拝借。
           ダンノダイラの探索ルポや出雲に関する情報が満載。          
a0300530_10584580.jpg


上記の書と同じ著者による『出雲と大和のあけぼの』
に、「三輪山の祭り」と題した一項がある。

(以下に要約)
☆三輪山の狭井神社には、古くはサイノカミ三神
(※クナト大神、幸姫命、サルタ彦)が祀られていた。

☆狭井川の上流付近に出雲屋敷と呼ばれる所が
あり、登美家の姫君の斎宮たちが住んでいた。

☆沖縄に残っていた古代の風習ではノロと呼ばれる
主婦が中心となって祭祀を行ったが、本土でも古代
は同じで、三輪山の祭りは登美家の姫君が司祭した。


そう言えば…と、私はまたある確信を得た。
久高島にティミグスクと呼ばれる謎のグスクがある。
その御嶽の威部(最奥部)は磐座墓地の様相だが、
グスク名のティミとは、富(登美族)のことと考えられる。
a0300530_11464996.png



2日ほど経ったとき、語り部から神託の報せがあった。

「三輪山にあるのは、狭井神社といいましよね。
狭井(さい)とは、どんな意味だと思いますか?」
「いやあ、考えていなかったですけど」
「斎場とか斎宮というときの、斎という意味ですよ」
「さい…三輪山が? そうでしたか、斉ですか…」
そう驚くことはなく、私は言った。
「なら、サイノカミ三神も斉の意味なんでしょうね。
笹百合も、古名は三枝(さいぐさ)だそうです」

斉とは、紀元前1046年頃から386年頃まで
あったと言われる中国大陸・山東省あたりの国だが、
『契丹古伝』を調べていた際、我々は、古代出雲
とは斉のことであるという仮説に至っていた。
秦の始皇帝に滅ぼされたという、あの斉である。

古代出雲とは、島根県の出雲だけを指すのではない。
その領土は、中国雲南省、タイ・ベトナムとの国境
から朝鮮半島・日本列島を含む広大なものだったと。
それが斉、言い換えれば「倭」である。
『契丹古伝』を沖縄目線で読み解くと、そうなった。

斉の国に、天から送られた神子の名はキリコエアケ。
我々は、それが「聞得大君」の語源だと解釈した。












by utoutou | 2016-06-12 14:46 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/22897557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 六甲山と瀬織津姫 25 太陽の道 六甲山と瀬織津姫 23 神々の... >>