六甲山と瀬織津姫 29 天照国照彦火明櫛玉饒速日命

三輪山の西に坐す多神社(磯城郡田原本町)。
古称は、多坐弥志理都比古神社
(おおにます・み・しりつひこ・じんじゃ)。

祭神は、
神倭磐余彦尊(神武天皇)、神八井耳命、
神沼河耳命(綏靖天皇)、
媛御神(玉依姫命)、太安万侶。

主祭神と社名のテイストが違うのは、なぜか。

社名には、倭宿禰命となった珍彦(うづひこ)
こと椎根津彦(しいねつひこ)の、さらに別な
神名が潜んでいると、私は考えるようになった。

珍彦の3つ目の亦名は、神知津彦
(かん・しりつひこ)というのだと、籠神社発行
の『元伊勢の秘宝と国宝海部氏系図』は記す。
神社名の「しりつひこ」と同じだ。

大神神社の祭神・大物主神とは饒速日命のこと
だと私見を書いたが、その脈絡で言えば、
三輪山の祭祀を行ったのは、当然その末裔である。
倭宿禰命は丹後海部氏の祖神・彦火明命の第四代。

いっぽう、彦火明命は、物部氏の祖神
饒速日命でもあると、『先代旧事本紀』は記す。
神知津彦は、饒速日命の末裔でもあるわけだ。



さて、先日、三輪山に登った帰りに
3駅離れたJR長柄駅で降りて立ち寄ったのが、
大和神社(おおやまとじんじゃ、天理市新泉町)。
a0300530_16283052.jpg



祭神は、日本大国魂大神(大地主大神)
そして、八千伐大神、御歳大神。
日本大国魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)
は、これもまた、彦火明命の亦名である。
祭主は、市磯城長尾市(しきのながおち)で、
倭宿禰の末裔と伝わる(神社HPのコラム)。

創建は、第十代・崇神天皇の時代。
当初、日本大国魂大神は宮中に天照大神と共に
祀られていたが、それを不安に思った天皇は、
それぞれ内親王・豊鋤入姫と渟名入姫に祀らせた。
ところが、渟名入姫は髪が抜けて痩せ細り、
司祭ができなくなったため、市磯城長尾市を呼んだ。



水の神(龍神)を祀る摂社・高龗(たかおかみ)神社。
a0300530_16342133.jpg



末社。右から朝日神社、事代主神社、厳島神社。
a0300530_16500914.jpg



倭宿禰命にしても、その祖神・彦火明命にしても、
なんだかとても亦名の多い神々だなと思う。
           
彦火明命には天御蔭命(あめのみかげのみこと)
という亦名もあると『海部氏勘注系図』で見た。

さらに彦火明命には、こんな亦名もある。
賀茂別雷神(かもわけいかづちのみこと)。
記紀には登場しないが、京都・上賀茂神社の祭神。

いまこそ、あの長い神名を反芻してみよう。
天照国照彦火明櫛玉饒速日命
彦火明命は、海部氏、物部氏、賀茂氏という
氏族の祖神を兼ねる神名だったと、改めて思う。
その妃が、市杵島姫命こと瀬織津姫である。





















by utoutou | 2016-06-27 22:22 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/22944553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 六甲山と瀬織津姫 30 スサノオの魂 六甲山と瀬織津姫 28 てぃだ... >>