六甲山と瀬織津姫 52 丹後の姫たち

神功皇后が創祀した廣田神社。祭神である
撞賢木厳御魂天疎向津媛命(瀬織津姫)を祀る
斎宮(巫女)は葉山媛といった(こちらにも記事)。
海部氏の勘注系図に記される山背根子の娘という。
よって、神功皇后と同じ「丹後の姫」である。


初代斎宮として、廣田神社の摂社である
斎殿神社に祀られている(写真は再掲です…)。
a0300530_13564173.jpg



『日本書紀』や神社の創建由緒にもある通り、
神功皇后らが朝鮮半島出兵から帰還する折りのこと。
応神天皇の異母兄弟であるカゴ坂王と忍熊王が
武装して待ち構えていると知り、皇子を紀伊水門に
避難させると真っすぐ難波に向かった。が、難航。
すると、天照大神が「我が荒魂を皇后の近くに置く
のはよくない。広田国に置くのがよい」と、神意
を示したので、葉山媛に祀らせることにした…。


また、葉山媛の妹である長媛は、事代主命を
↓長田神社(神戸市長田区)に祀った。その
神意は「自分を長田の国に祀るように」だった。
祀った長媛も当然のこと、「丹後の姫」である。
a0300530_14295620.jpg



いっぽう、天照大神の妹・稚日女尊が、
「自分は生田長狭国にいたい」と神意を示した
ので、海上五十茅(うながみのいさち)に
祀らせたのが、生田神社(神戸市中央区)の由緒。

では、この巫女も「丹後の姫」なのだろうか?
について探ってみると…。

現在まで、生田神社の社家は天穂日命の末裔と
 のことで、海上五十茅も同系譜の姫と考えられる。

天穂日命は出雲の神だが、丹後にある産霊七社
(京丹後市久美浜町市場)にも祀られている。
ちなみに、こちらの社家は日下部氏という。

市場村に、姫に関する不思議な伝承がある。
〜竹野神社(京丹後市丹後町)の巫女は、
市場村の日下部氏の血を引く娘と決まっている〜

その竹野神社は、同じく丹後の日本海側にある。
天照皇大神を祭神とするが、摂社の斎宮神社
には、竹野媛と日子坐王などが祀られる。
開化天皇の妃となった竹野姫も「丹後の姫」だ。

とすると、
生田神社で稚日女命を祀った海上五十茅も、
市場の娘…つまり「丹後の姫」の可能性が大か。

丹後から大和へ、摂津の六甲へ。
日本海から遠く隔たる瀬戸内海まで、姫たちが
何かにつけやって来た。あるいは喚し上げられた。
その理由とはまた、どういうことだったのか?
甲山の神呪寺を建てた真井御前こと、海部宮司家
31代・雄豊の娘だった厳子も「丹後の姫」。



そんなわけで、丹後半島に出かけてきた。
台風の間隙を縫い金曜日、東京からの夜行日帰り旅。
まずは海部氏の籠神社と、奥宮・真名井神社から。
その佇まいは、3年前とはかなり変貌していた…。
a0300530_17495167.jpg





by utoutou | 2016-09-19 09:14 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/23214147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2016-09-20 19:11 x
utoutoさん、こんにちわ(^-^)/真名井神社〜!!今一番気になる神社です(*ノ∀<)去年何冊か鬼について書かれた本を読んで出てきて、追跡アマミキヨでも出てきて、何かとんでもないミステリーがあるのは間違いなさそうなので行かねばと思っていたのですが来月今年の長期休暇なので行ってきます!!ε=(ノ・∀・)ノところで籠神社!まだ神社にも古代史にも神話にも興味がなかった20代後半にじつは偶然行ったことがあり、追跡アマミキヨに出てくる度になんか物凄い神社だなと思い続けています!偶然といっても天橋立に観光に行って自転車乗って神社の前通ったら元伊勢と書いてあって、またまたご冗談を|艸`)なんて思いながらも、なぜか素通りできず(´Д`;)入ってしまいました。その頃はもちろん真名井神社の存在は全く知らなかったのですが、来月行くのが楽しみです♪ヽ(*´∀`)ノ
Commented by たぬき at 2016-09-21 12:31 x
竹野(タカノ)媛命とは、(初代)大倭媛命(尋常なららざる尊称にて大女王で在られた証。)、天造日女命、大海霊女貴命など異常(凡百では絶対無い、抜きん出た)なる尊称を奉る
天火明尊の六世孫(7代目)の宇那比媛命(初代ヒミコ)がお一人目。
このお方、何と結婚なさっていて和邇氏の大祖となる、いわゆる孝昭天皇(欠史中の方(天皇では無く豪族くらいかと)))の兄が配偶者。
その娘が実の叔父の孝昭天皇に嫁ぎ孝元天皇を産む

第2代の竹野媛命(同じく竹野を御料地とした)は、
このお方も大倭媛命を継承なさっていて(大倭媛命を継承した故に竹野を御料地としたか?それ故に竹野媛命を奉る)、
また別の尊称を天豊媛命と奉る。
いわゆるトヨ(二代ヒミコ)に比定されるべきお方。
系譜では初代大倭媛命(ヒミコ)の実の長兄の孫媛命(=天火明命八世孫(9世代))。魏史倭人伝に言う初代ヒミコの一族の娘にも合致。

但しこのお姫様方は大丹波国に居られた訳ではなくて高天ヶ原(金剛山を古くは高天山と言ってその東側麓高台一帯を高天原(都)と言った)=ヤマトの葛城の宮都に居られ天下を統治なさっていたらしい。
Commented by utoutou at 2016-09-22 14:24
> 寅さん
こんにちは。真名井神社ぜひ!  神体山の近くへは進めなくなっていましたが、空気感は感じ取れると思います。実は初めて真名井神社へ参ったときに道に迷い(そんな人はいないと思うのですが・・・)小川を少し溯ってしまったのですが、あの山中が実は真名井原の地続きだったと思うと、何か貴重な体験をしたような気もします。
また、籠神社から車で西北に小1時間ほど入った京丹後市の峰山町久次という所に、豊受宮ともいう比沼麻奈為神社があるのですが、そちらへもぜひ。天女伝説の地ですね。こちらもマナイです。丹後半島は、私もまた時間を作って廻りたいです。籠神社の創祀(本宮が1300年前)よりも古いと思われる神社が点在していて古墳とセットになっていたりするので、興味深々です。
Commented by utoutou at 2016-09-22 14:58
> たぬきさん
大倭媛命=宇那比媛命=初代ヒミコ、天豊媛命=トヨ(二代ヒミコ)という御説はどこかで拝見した記憶がありますが、竹野媛命が尊称、、いわゆる神職名だったとは目から鱗です。なので、2代目もおられる。私などは竹野媛は記紀にある開化天皇に嫁いだ姫かと思っておりましたが、さらに古く孝昭天皇の兄の妃とは…。
実は竹野神社の由緒書で「建豊波豆良和気命」という祭神名を見たので帰ってきて調べると、なんと開化天皇が葛城の女を娶って生まれた皇子とか。つまりその母親こと葛城の女が2代目竹野姫ということでしょうか? 葛城〜加古川〜由良川〜竹野とは、移動スケールの大きな話ですね。
<< 六甲山と瀬織津姫 53 真名井神社 六甲山と瀬織津姫 51 武内宿禰 >>