六甲山と瀬織津姫 69 源実朝

丹後・久美浜に鎮座する蛭児神社の祭神が、
水に流された神・蛭子ではないだろうことは、
よく考えてみれば分かることだった。

古来、その神は「日留居大明神」と称された。
その大明神を、四神ヶ岳の山頂にあった元宮から
遷移したのは、由緒によれば鎌倉右大臣・源実朝。
あの有名な和歌は、その遷宮を詠んだものだった。
〜神風や 朝日の宮の宮遷(うつ)し 
影のどかなる代にこそありけれ 〜

国家の祭祀としての遷宮だったことが偲ばれる。
棄てられた蛭子が祭神とは、どうも考えにくい。
19世紀に編まれた「丹哥府志(たんかふし)」も、
〜俗に蛭子と称するは誤なり〜 と記している。



神社近くの神戸(しど)という名の水門(右)。
消防署からレスキュー隊の訓練の声が聞こえる。
本当に古代要衝の地かと見紛う、のどかな入江。
a0300530_12464949.jpg



ところで、
当初の旅の目的地が久美浜・兜山だったのを、
蛭児神社へと変更したのには、理由があった。

沖縄から来た友人とレンタカーで六甲を出た朝、
9時ごろだったか、語り部から電話があった。
私たちは丹波篠山のサービスエリアで休憩中で、
名産の黒豆パンを食べていたが、語り部は言った。
(蛭児神社にまつわる神託の伝言は、以下要約)

☆神社の近くに神戸(しど)という場所がある。
(※調べると、「神戸(しど)の浦」は水門だった)
☆ヒルコ(神社)と同じ語源の地名が全国にある。
四国や九州のヒルマ、関東にも同名地があるようだ。
☆久美浜湊宮の古名・日間(ヒマ)も同じ意味。
☆神は、シジラという山から降りてきた。
☆神は、朝日の宮がある山からも降りてきた。

語り部の話が終わると、私はひとつだけ聞いた。
「ヒルコはアマミキヨと関係があるんですね?」
「あると思います」



というわけで、↓ 蛭児神社(拝殿)。
社務所に宮司さんがいらしたので、話を伺った。
「こちらのご祭神は南方から来た」と話が出たので、
「どれぐらい南方ですか? もしや沖縄?」と質問した。
宮司さんは呆気に取られるように苦笑して仰った。
「いや、そんなに南方ではないでしょう」
a0300530_12461995.jpg



古来、日留居大明神を祀る蛭神社の本殿裏から。
このとき午前11時31分。本殿は南面している。
a0300530_12463974.jpg



南面した社殿は、南のどこを向いているのか。
地図を見て、大明神古墳なのではと想像した。
由緒にも「付近散策名所」として大明神古墳が載る。
〜久美浜湾中央に突出した岬を大明神岬といい、
円形をした大きな古墳群で、四道将軍・丹波道主命
の古墳であるといい伝えられている。〜

またもや出てきた、歴史上のビッグネーム。
源実朝、当時の順徳天皇、丹波道主命(順不同)。
これらのビッグネームを繋ぐのは一体どんな事績か。

もしやこれかも‥と思うものが、ひとつある。
蛭児神社が四神ヶ岳(しじら)から遷移した年、
そして、源実朝があの和歌を詠んだ1211年とは、
伊勢外宮で第28回式年遷宮が行われた年だった。

外宮の祭神・豊受大神。その元伊勢の地である
この丹後で催行された「もうひとつの遷宮」には、
おそらく、何か特別な意味があると思うのだ。
はたして、日留居大明神と豊受大神との関係は?
とてつもなく深く隠された秘史がありそうである。


蛭児神社の正殿に向かって左(西)の鳥居の先に、
元の鎮座地・四神ヶ岳がある。ここは遥拝所という。
a0300530_15213595.jpg


隣接するのは廃校になった湊宮小学校跡。
順徳天皇は、鎌倉幕府倒幕のカドで佐渡へと
配流になったというが、なぜこの神社に関わるのか?
a0300530_14452271.jpg



さて、
私たちには、次なる参詣地(朝日の宮)があった。
現在は朝日神社という。宮司さんに見せていただいた
「熊野郡史」(大正12)に、幸い住所も載っていた。
湊村大字蒲井小字旭谷。現在の蒲井・旭地区にある。
祭神・宇賀之御霊命。目指すのはここ、間違いない。
a0300530_15404090.jpg


この社が琉球海人族の終着地なのか? またなぜ、
神は四神ヶ岳と朝日宮の2ヶ所に坐していたのか‥?




by utoutou | 2016-11-27 21:28 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/23405004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-11-29 09:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-12-01 09:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 六甲山と瀬織津姫 70 宇迦之御霊命 六甲山と瀬織津姫 68 丹後の... >>