六甲山と瀬織津姫 121 猿田彦が隠れている

神功皇后への託宣により長田神社(神戸市長田)に
祀られた事代主命は「出雲の事代主命」と決まっている
と思ういっぽう、語り部の「長田神社には出雲の事代主命と
 は違う神が視える」との見立てが気になり、咀嚼してみた。


まず、「そう言えば…」と思い当たったのが、長田神社
境内の西側に鎮座する蛭子社(左)と出雲大社(右)。
出雲「国譲り物語」の事代主命が七福神の一神として祀られる。
a0300530_12591574.jpg




二社の間に立つ大楠を背景に、満面の笑みを浮かべる
福神としての大黒さまと恵比寿さま。蛭子社の案内板に
以下の説明があった。
〜御神徳 開運招福・商売繁盛長田大神で
大黒さんの第一子の神「えびす・ひるこの神」と称え、
釣竿を持ち釣竿を持ち鯛を抱えた姿で福を招き授ける神。
七福神の一神と仰がれる 〜 ※'14年4月に撮影。
a0300530_10463847.png




確かに語り部の言うように、出雲の事代主命が恵比寿さま
として祀られているのだから、長田神社の本殿に祀られる
事代主命には別の神像…もっと本来的で、秘された神像が
ありそうだと悶々とすること数日、「そうだった…」と、改めて
思い出したのが、昨年の当ブログ記事「三輪山は古代の大和」。
出雲は出雲でも、大和地方にあった出雲の話である。

大神神社(奈良県桜井市)の摂社・狭井神社の北(
三輪山の東部)には、古来、出雲という名の地域があり、
出雲神族の神々・サイノカミ三神(クナト神・猿田彦大神
・幸姫命)が祀られていたという伝承を紹介したところ、
語り部はこう言ったのだった。
「サイノカミや狭井神社のサイとは、斉のことである」

そんな経緯で、私は書いた。
〜古代出雲とは、島根県の出雲だけを指すのではない。
その領土は、中国雲南省、タイ・ベトナムとの国境
から朝鮮半島・日本列島を含む広大なものだったと。
それが斉、言い換えれば「倭」である。〜と。

「倭」をさらに言い換えると、「夷(えびす)」である。
中華思想の視点から大陸の辺境に住む夷狄(いてき、異民族)
と蔑称で呼ばれた東夷、北狄、四戎、南蛮といった人々。
その「夷」の国の頂点に立っていた大王とは、猿田彦神だった。

『日本書紀』には、三輪山の事代主命についての一書がある。
〜事代主命が八尋熊鰐となって、勢夜陀多良比売に通って
できた娘が、神武天皇の妃になった媛踏鞴五十鈴姫 〜だと。

その神の亦の名こそは、後に我が国で「えびすさん」へ
と呼称が変化していくことになる事代主神こと猿田彦大神。
沖縄久高島では、「ニライ大主」と呼ばれた龍神。
そしてまた、大綿津見神でありアマミキヨである。


そしていま、ようやく思いがけない気づきに至った。
廣田神社(西宮市大社町)の摂社だった ↓ 西宮神社が
「えびす宮」と呼ばれる理由は、
猿田彦神こと事代主命が隠れているからなのではないか。
a0300530_17013103.jpeg







by utoutou | 2017-07-30 12:40 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mintun.exblog.jp/tb/237364696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-07-31 20:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utoutou at 2017-08-02 14:51
> ichikoさん
こんにちは。コメントありがとうございます。沖縄、宗像、六甲、そして広島…なんと海人系の土地ばかりで、その地縁には深い理由がありそうですね。笑 空海さんとの出会いにしても…。
私は広島の神社へは行ったことがないのですが、厳島神社へは是非参りたいです。安芸の宮島ですね。安芸には、私がよく書いている大陸にいた倭族つながりの人たちがいたらしいのです。
「倭」は「わい」とも読まれたようですが、「安芸」の「芸」は「い」とも読めるようで、そうすると「安芸」は「あい」となり、「わい(倭)」の同族だったことを示しているという説があります。秋津島という呼び方は安芸津島のことだとも言われますしね。
広島の「神さまめぐり」、楽しそうですね。こちらは六甲山編の追い込み中です。笑
<< 六甲山と瀬織津姫 122 猿田... 六甲山と瀬織津姫 120 神功... >>