2013年 08月 27日 ( 1 )

ミントンの娘とイザイホー〈2〉

沖縄に来ている。昨日8月26日(火)は久高島へ。
ファガナシーとシラタルの足跡を辿ってみた。

今夏、東京の酷暑に慣れていたはずだったが光線が違う。
暑い、そして眩しい。自転車で1周した午後3時〜5時。
さすがに日陰のない道を往く島人はいない。すれ違った旅人は4名。

まず歩いたのは徳仁港の西、灯台下の辺り。親元ミントンを離れ、
玉城の水堅浜(みでぃきんぬはま)から小舟で出発した若夫婦は、
島に着いた後、このあたりで住まいを点々としたことが
「7つヤードゥイ」(屋取り=移住した場所)として、祭りで再現されている。
ちなみに「7」の聖数を多用するのが、ファガナシーとシラタル伝説の特徴。

徳仁港の近く、イラブーガマ(海蛇が産卵にやって来る洞泉)から、
ふたりの故郷・玉城を遠望する。その距離10数㎞。今度正確に計ってみよう。

堤防のはるか先、左右に広がる本島の左端が喜屋武岬。
その右方向、稜線が高くなった辺りが玉城。ミントングスクはその下に位置する。
a0300530_719215.jpg



イラブーガマの隣り、ミナーラ川から見る本島。首里・浦添の方向が見える。
ミナーラ川でもイラブーが獲れる。階段が、左のガマ(洞穴)まで続く。
下まで降りて岩間の海を覗いた。透明度はとても高いが、海底は見えない。
a0300530_7281579.jpg


ミナーラ川の近くで、ささやかな発見。
これまで、まったく気がつかなかった。
道の傍らをふと見ると「百名のおとーしばん」と刻印された石碑がある。

高さ30㎝、幅20㎝ほど。「おとーし」とは遥拝の意味だが、
では「ばん」とは「板」か「盤」のことか。
「百名」は、ミントングスクのある玉城仲村渠(なかんだかり)の旧名。
故郷の百名、実家のミントン、琉球すべての地に、
弥勒世(みるくゆー、五穀が豊穣する豊かな世)が訪れるよう、
ファガナシーは故郷に祈ったのだろうか。

「神の島の島立ての祖神」と呼ばれるファガナシーは、アマミキヨの末裔。
そして、おそらく稀代の霊能力を生まれ持ったシャーマン。

ファガナシーの故郷・百名を遥拝する百名おとーしばん、下に徳仁港が見える。
a0300530_634036.jpg



ファガナシーとシラタルの故郷・百名。
そこにはアマミキヨが長い旅の終着地としたヤハラヅカサがあり、
アマミキヨの居住地跡であったミントングスクがある。
玉城と久高島は一対になっていることが、ここでは感じられる。

次に集落の北にある久高島資料館に行き、改めて「島立ての祖」、
そして「イザイホーの祖」でもあるファガナシーとシラタルの
物語を確かめる。次のような解説パネルが掲げられている。

【イザイホーの意義】
久高島では島に永住した最初の祖先はシラタルとファガナシーだった
と伝えられている。この二人が結ばれて1男3女が生まれ、
長男マニウシは外間根人、長女ウトゥダルは外間ノロ、
3女タルガナーは久高ノロの祖だと言われている。
ノロをはじめ島で生まれた30歳以上70歳までの女性は
ミコ〈巫女〉としてナンチュ(30歳〜41歳)、
ヤジク(42歳〜53歳)、ウンサク(54歳〜60歳)、
タムト(61歳〜70歳)の4段階に組織されるが、一般の女性から
ミコとして神女にタマガエー(魂替え)する儀礼がイザイホウである。
ミコのことをタマガエーとも呼んでおり
神を畏れ敬う念は今もシマンチュ(島人)の生活に根づいている。
イザイホウは、
午年の旧11月15日から18日までの4日間を中心に行われるが、
実際は旧10月の壬(みずのえ)のお願立てから旧11月20日の
ウプグイの行事に至るまで実に1ヶ月余の長期にわたる行事である。
それには、島で生まれた30歳から70歳までの女性が関わるが特に、
初めて参加するナンチュは旧11月15日までにお願立てに
ウタキマーイ(お嶽参り)を7回繰り返しカミナ(神名)を受け、
イザイホウによってタマガエーしナンチュとして神女になるのである。

イザイホーの祭祀場だった久高殿。
1978年、最後のイザイホーには約千人のマスコミと見学客が訪れたという。
a0300530_8161110.jpg

by utoutou | 2013-08-27 08:23 | イザイホー | Trackback | Comments(0)