2016年 09月 19日 ( 1 )

六甲山と瀬織津姫 52 丹後の姫たち

神功皇后が創祀した廣田神社。祭神である
撞賢木厳御魂天疎向津媛命(瀬織津姫)を祀る
斎宮(巫女)は葉山媛といった(こちらにも記事)。
海部氏の勘注系図に記される山背根子の娘という。
よって、神功皇后と同じ「丹後の姫」である。


初代斎宮として、廣田神社の摂社である
斎殿神社に祀られている(写真は再掲です…)。
a0300530_13564173.jpg



『日本書紀』や神社の創建由緒にもある通り、
神功皇后らが朝鮮半島出兵から帰還する折りのこと。
応神天皇の異母兄弟であるカゴ坂王と忍熊王が
武装して待ち構えていると知り、皇子を紀伊水門に
避難させると真っすぐ難波に向かった。が、難航。
すると、天照大神が「我が荒魂を皇后の近くに置く
のはよくない。広田国に置くのがよい」と、神意
を示したので、葉山媛に祀らせることにした…。


また、葉山媛の妹である長媛は、事代主命を
↓長田神社(神戸市長田区)に祀った。その
神意は「自分を長田の国に祀るように」だった。
祀った長媛も当然のこと、「丹後の姫」である。
a0300530_14295620.jpg



いっぽう、天照大神の妹・稚日女尊が、
「自分は生田長狭国にいたい」と神意を示した
ので、海上五十茅(うながみのいさち)に
祀らせたのが、生田神社(神戸市中央区)の由緒。

では、この巫女も「丹後の姫」なのだろうか?
について探ってみると…。

現在まで、生田神社の社家は天穂日命の末裔と
 のことで、海上五十茅も同系譜の姫と考えられる。

天穂日命は出雲の神だが、丹後にある産霊七社
(京丹後市久美浜町市場)にも祀られている。
ちなみに、こちらの社家は日下部氏という。

市場村に、姫に関する不思議な伝承がある。
〜竹野神社(京丹後市丹後町)の巫女は、
市場村の日下部氏の血を引く娘と決まっている〜

その竹野神社は、同じく丹後の日本海側にある。
天照皇大神を祭神とするが、摂社の斎宮神社
には、竹野媛と日子坐王などが祀られる。
開化天皇の妃となった竹野姫も「丹後の姫」だ。

とすると、
生田神社で稚日女命を祀った海上五十茅も、
市場の娘…つまり「丹後の姫」の可能性が大か。

丹後から大和へ、摂津の六甲へ。
日本海から遠く隔たる瀬戸内海まで、姫たちが
何かにつけやって来た。あるいは喚し上げられた。
その理由とはまた、どういうことだったのか?
甲山の神呪寺を建てた真井御前こと、海部宮司家
31代・雄豊の娘だった厳子も「丹後の姫」。



そんなわけで、丹後半島に出かけてきた。
台風の間隙を縫い金曜日、東京からの夜行日帰り旅。
まずは海部氏の籠神社と、奥宮・真名井神社から。
その佇まいは、3年前とはかなり変貌していた…。
a0300530_17495167.jpg





by utoutou | 2016-09-19 09:14 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(4)