カテゴリ:石垣島( 6 )

白保人骨に会いに行く

「六甲山と瀬織津姫」篇は閑話休題。
沖縄に来たので、「ニュースな人骨」を見学してきた。
先週の19日に調査結果が発表されたばかりの
石垣島 白保竿根田原洞穴遺跡(しらほさおねたばる)
から出た旧石器人の人骨は、20体(約10歳〜約40歳)。
世界最大規模の墓地と発表されたことが、興味深い。

というわけで、4体の人骨が「緊急公開」されている
県立埋蔵文化センター(中頭郡西原町)へ。
会場ではプリント配布や、調査の詳細な掲示もあって分かりやすく、
私などは、旧石器人の死生観に触れた思いがして感動した。



a0300530_15144543.jpg


↑↓ポスターのモデルにもなったこちらの白保4号人骨は、
岩陰から一体分の全身の骨がまとまって発見されたという。
高齢の男性で、推定身長は165.2㎝。
a0300530_15153172.jpg




埋葬ではなく、岩陰に風葬されたかたちで発見された
そうだが、この人は死後、子宮に戻されたということか…。
再生転生を願うかのような葬い方に、古代の看取りの愛を見た。
a0300530_16084978.jpg




こちら、白保1号人骨。頭骨のみ。
20歳代前半の男性。推定身長は158.6cm。
a0300530_15154072.jpg




白保3号人骨も、20歳代前半の男性。
データ不足のため、推定身長は不明とか。
a0300530_15185069.jpg




白保2号人骨も、成人男性。
推定身長は164.9cm。
サーファーなどによく見られる外耳道骨腫が両側に
見られると解説されていたが、日常的に潜っていたのか?
a0300530_15201071.jpg



公開された白保人骨は、
1号と3号が20歳前半の若者、2号と4号が高齢者。
その違いはというと、上顎の磨耗ぶりだそうだ。
高齢者の彼らは、食べる以外の何に顎を使っていたのか?
時代が違うのに、同じように下顎の磨耗していたのも不思議だ。

2号が生きていた時代は、22473〜22314年前。
4号が生きていた時代は、27685〜27519年前。
5千年も時代が違うのに、同じ墓地に眠るのもまた謎。
時代が違う人が同じお墓に入る、沖縄の「いりく墓」
という風習は、もしや旧石器時代から始まっていたのか?




会場内の展示風景。私が行った24日の午前中は、
熱気溢れる考古ファンらしきオジイとオバアが多かった。
会場入り口に4号人骨の記念スタンプが置いてあり、
こちらもなかなかの人気のようだった。28日まで。
a0300530_15230964.jpg


by utoutou | 2017-05-25 11:27 | 石垣島 | Trackback | Comments(0)

天津甕星 5⃣ 宗像三女神の龍脈

オリオン座の三つ星は、
古代の海人族にとって「航海の神」だった。

東の空に昇る三つ星は、
北斗七星とともに方角を教える星座。
三つの星が、海からひとつひとつ昇る様は、
神が一柱ずつ出現した古事記の情景を彷彿とさせる。

あの「住吉三神」のくだりだ。
イザナギが「阿波岐原」で禊ぎをしたとき、
瀬の深いところで底筒之男命が、
瀬の流れの中間で中筒之男命が、
水表で表筒之男命が生まれた。

この三柱の綿津見神が、阿曇連
(あずみのむらじ)の祖先神。いっぽう、この
三柱の子が宇都志日金析命(うつしひながさくのみこと)。
またの名を猿田彦。アマミキヨであると、思う。

猿田彦がアジケーに手を挟まれて
溺れ死ぬときに生まれた神も三柱だった。

古代の国津神こと海人族は、
日月星の三位一体を信仰した。
ところが、記紀を編んだ太陽信仰の大和政権は、
星神を削除し、悪神・天津甕星に仕立て直した…。
石垣島でオリオン座を待ちながら、
そんな思いを噛みしめた。

三つ星は宗像三女神にも例えられた。
というわけで、翌日は、島の最高峰・
於茂登岳にある「名蔵水元御嶽」に参拝。


ここに宗像三女神の伝説が残っていると、
語り部から何度か聞いていた。
ちょうど重箱を供えて祈願する女性がふたり。
とても美しい光景だった。
a0300530_13542684.jpg



於茂登岳から流れ来る沢の畔。
この名蔵水元御嶽は、山麓
にある名蔵御嶽の奥宮にあたる。
山麓に豊穣をもたらした御嶽。
ダム建築以前は、この「於茂登御主神」
で、島の人々は雨乞いしたのだろう。
a0300530_13402474.jpg



さて、宗像三女神の伝説は、
本島と石垣島で伝えられてきた。
「大和の国から琉球に渡来した三女神
その長女は首里の弁ヶ岳に、
次女はこの於茂登岳に、
三女は久米島に降臨した」のだと。


コンクリート製の祠には、
「於茂登御主神、昭和58年建立」とある。
名蔵ダムが完成したとき、この地に移設されたようだ。
祠の奥に建つ石碑も、同様に。
a0300530_1636428.jpg



えっ? 
奥にある御嶽を拝むとき、目を疑った。
石碑の銘は「大本嶽(おおもとだけ)」。

宗像三女神の祀られる宇佐神宮(大分県)の
奥宮は「大元神社(おおもとじんしゃ)」という。
その山は「御許山(おもとさん)」。
オオモトとオモト。非常に似ている。

はたして偶然の一致か。
伝説といい山名といい、
海神族の龍脈と、広範な信仰の名残りを強く感じさせる。


大元八坂神社には須佐之男が祀られている。訪れたとき、
猿田彦大神の気配も感じたものだったが。'12年12月の撮影。
a0300530_1349683.jpg

by utoutou | 2015-08-23 09:15 | 石垣島 | Trackback | Comments(5)

天津甕星 6⃣ 辺野古の龍宮

龍宮の海を見に辺野古へ。
石垣島から本島へ移動した1月19日、
キャンプ・シュワブのある名護市に車を走らせた。

那覇から高速に乗って宜野座ICで降り、
阪神タイガースのキャンプインを待つ
宜野座村営野球場を通り過ぎ…。


辺野古漁港に出ると、
防波堤の先に龍宮の小島が見えてきた。
拝所と祠がある(防波堤の右が漁港で漁船が並ぶ)。
a0300530_2191736.jpg


米軍普天間基地の辺野古移設反対。
というより、無条件返還を常々願っているが、
こうして辺野古を訪れるのは初めてだ。

沖縄本島の東西海岸には、古くから
7ヶ所ずつの龍宮があると言われる。
龍宮神とは、他でもない古代の綿津見神。
久高島のフシマがそうだったように、
海の神は(そして猿田彦も)龍宮に祀られた。

先住の王でありながら、記紀神話で、
天孫族の従者に書き換えられた猿田彦大神。
天津甕星とも持ち上げられ、
その実、貶められた理不尽な在りようが、
復帰から40年以上経ってなお、
消滅の危機に瀕するこの美ら海に重なる。

神女おばあは「沖縄は龍の尻尾」だから
大切と、語り部に言い遺したという。
龍は尻尾で舵をとるというのに、
龍頭は自らそれを傷つけている。


午後4時の大浦湾。
反対派市民のボートは引き揚げた後だったが、
海保の船は点々と停泊していた。
昨日27日、沖縄防衛局はボーリング調査を再開、
大型作業船を投入したという残念な記事が新聞に。
a0300530_2202142.jpg


龍宮から左に目を転じると、浜を分断する
フェンスが立ち「基地いらない」の横断幕が並ぶ。
a0300530_2205731.jpg


フェンスから覗く基地。赤い幕に描かれた絵はドクロらしい。
a0300530_236261.jpg


「立入り禁止」の警告板。
画像の地図中、現在地に赤丸をつけてみた。
滑走路予定地(斜線部分)はジュゴンの来る海。
a0300530_305893.jpg


キャンプ・シュワブのゲート側歩道に設置されたテント
で、昨夏から始まった「座り込み抗議」。看板には
「不屈197日」とあったが、もう200日を越えた。
各地から市民が駆けつけ、100人が泊まる夜も。
a0300530_2353949.jpg


ゲート前には警備員が並び、付近に機動隊も待機。
抗議集会を続ける人々との緊張状態が続く。
平和な弥勒世が戻るようにと、ただ龍宮に祈る。
a0300530_2375724.jpg





by utoutou | 2015-08-23 09:15 | 石垣島 | Trackback | Comments(0)

天津甕星 4⃣ 聞得大君の守護神

石垣市立八重山博物館で「星図」を見た。
農耕の時期を定めるのに使ったという手書きの図。
琉球王朝時代にも、ここが「星の島」
であることに変わりはなかった(当たり前か…)。

解説文には「24あった」という星座名も載る。
現代と同じ名もあり、違う名もあり。

子ノハ星=北極星(以下すべて、右が現代名)
七ツ星=北斗七星、小ヨチヤ星=いるか座
大ヨチヤ星=ペガサス、カボシ星=おひつじ座
六ツ星=すばる(プレアデス)、弐ツ星=双子座
大ウラ座=シリウス

そして……えっ?
立明星=オリオンの座の中央の三つの星を
中心に形成される星座

と、そう書いてある。

オリオン座(画像はasahi.com から拝借)
の三つ星を沖縄では「黄金三つ星(くがにみちぶし)」
と呼ぶと語り部に聞いたことがあったが、
それを八重山では「(立)明星」と呼んでいたとは。
a0300530_17394225.jpg


琉球王朝時代、明星(宵の明星、明けの明星)
とは「君真物(キンマモン)」のことだった。
聞得大君に憑依してマツリゴトを司る守護神。
もし大君にキンマモンが降りなければ、
ときの王は、神徳がないと見なされた。

『琉球神道記』(1608年、袋中著)
のキンマモンの項には、
「琉球の国土と人民を守護するために出現した神」
とあり、また『中山世鑑』(1650年)には、
「海底の宮を住家とする」とも記される。
キンマモンは海神、龍神でもあったわけだ。

もろもろを整理すると…
明星=キンマモン=オリオン座の三つ星=黄金三星=海神

このことを踏まえ、改めて
『おもろさうし』「三日月が節」を独流で読んでみる。

「あれ、上がる三日月(オリオンの三つ星)は神の弓のよう
   赤星(オリオンの三つ星)は神の使う矢じりのよう
    群れ星(オリオン座)は、神の差す櫛のよう
たなびいている虹雲(龍運)は、神の帯のようだ」

なるほど、今度は語り部の言う
「天津甕星の歌」だと感じられた。


↓ オリオン座の三つ星を中心に
左上の赤いベテルギウス、
右下の青いリゲルなど、四方に輝く星々を
繋げると、神女が飾る「櫛」にも見える。
a0300530_2046321.jpg

もしや…
三日月とは甕月、または甕星のことではないか。
『おもろさうし』(写本)の該当ページを見る。


↓県立図書館に所蔵されている写本(尚家本)。
『おもろさうし』は基本的に平仮名表記だが、
「三日月」は、どの写本でもこのように漢字になっている。
原本は、首里城の火災(1709年)で焼失したという。
なぜ三日月が漢字なのか。謎めいている。
a0300530_10142646.jpg


薩摩による琉球侵攻は1609年、
八重山の星図が描かれたのは1756年。
長い時を経てもなお、
天津甕星は龍脈のごとく生き続けていたのか。

古代、後着の渡来民あるいは侵略者に対して、
屈することがなかった先住の神・天津甕星。

大和神話の悪神は、
琉球においては王家を守る最高神であり、
聞得大君の守護神だったと思う。
  



by utoutou | 2015-08-23 09:14 | 石垣島 | Trackback | Comments(0)

天津甕星 1⃣ 百甕(むむはめー)の謎

日本神話に登場する、
まつろわぬ民の英雄・天津甕星(あまつみかぼし)。
日本書紀にも、異伝中に2ヶ所の記述がある。

武神・経津主神と武甕槌神にも倒せなかった
「香香背男」「悪しき神」「打倒すべき神」。
「天津甕星という悪神をを誅してから平定に赴きたい」
と、武神らが言ったと。
天がどこを指すのかは分からない。


さて、国際通りに居酒屋・百甕(ももがーみ)がある。
ホテルJALシティー那覇の近くで、看板が目立つ。

沖縄出身のお笑い・スリムクラブの真栄田賢さんの
父上が店長ということでテレビに登場、一躍有名店に。
甕(かーみ)とは、酒甕のこと。
経営する酒造の古酒甕がズラッと並んでいるとか。


居酒屋・百甕。写真は「ぐるなび」の店サイトから拝借。
a0300530_642954.jpg



いっぽう、久高島の神屋にも百甕が。島の方言で「むむはめー」。
↓ このシラタル宮(久高殿)と外間殿と大里家の神屋、
三宮に設置されている。甕とは神のことだと古語辞典に。
a0300530_625384.jpg



久高島の百甕は、いわば賽銭箱。
賽銭は祭りに役立てられる。

秋祭り・ハンジャナシーに、
イラブー採取権を持つ久高ノロと、
燻製を専ら担う村頭(はっしゃ)が、
国神(男女神人)にイラブーを振る舞う儀式がある。

それにしてもなぜ、イラブー(海蛇)の
燻製所(ばいかんやー)が久高殿に? 
謎を解くヒントを、
伊勢神宮で忌火屋殿を見たときに得た。

忌火屋殿は、神に供える神饌の調理場。
忌火(いみび)とは「清浄な火」。
神の使い・イラブーを燻した火も、忌火である。

王府時代、薫製イラブーは王への献上品だったが、
元来は、神饌に用いられたと思う。
'78年までシラタルの香炉は、ばいかんやー内にあった。



↓イザイホーの主祭場・御前庭(うどぅんみゃー)。
10月末の撮影。右がシラタル宮。
シラタルは島立ての祖神で、イザイホーを
再興したファガナシーの夫(従兄弟でもある)。
左がイラブー(海蛇)の燻製所(ばいかんやー)。
築後100年だというが、まだ現役。
a0300530_7141830.jpg



シラタルの正式名は、シラタル・ハンジャナシー。
漢字で書くと、白樽・神・加那志。
樽はタルガナー(神女)のタル、
つまり神のことで、白に続く3文字が「神」。
シラタル・ハンジャナシーとは、至高の神名である。

さらに、白い王で、皇(すめらぎ)。
アマミキヨの一対神・シロミキヨも「白い神」。
白には、皇統の意味もあるらしい。
 
では、百は? 
語り部はこうも言っていたものだ。
「百とは、天(一)から天降りした神」
すると、百甕とは?
「天津甕星と呼ばれた神のことです」と。

何年か越しに、私にもしっかりと飲み込めてきた。
まつろわぬ龍神、そして消された星神
天津甕星は久高島にいた。
シラタルはその末裔だった。

by utoutou | 2015-08-23 09:13 | 石垣島 | Trackback | Comments(2)

天津甕星 2⃣ 『おもろさうし』の…

昨日の夕方、石垣島に来た。20ン年ぶり。
あのときは那覇港から船便を利用したが、
今回は東京羽田から、白保にできた新石垣空港に着いた。
a0300530_7293350.jpg


着陸態勢に入った機内から、日没迫る島影を見つめつつ、
『おもろさうし』のとある一首をしきりと思った。
a0300530_7381449.jpg


『おもろさうし』
(16〜17世紀の王府編纂による古謡集)
に特別詳しいわけではない私でも、
何度も目にしたことがある有名な一首。
どんな歌なのか…には諸説あるようだが、
航海儀礼の道行きを歌ったものという説に納得。


第十巻 ありきゑとのおもろ御さうし
※「ありき」は「歩く」、
「ゑと」は「いぇと」といった掛け声こと。


「あがる三日月が節」
   
ゑけ 上がる三日月や
    (又)ゑけ 神ぎや金真弓(かなまゆみ)
    又  ゑけ 上がる赤星(あかぼし)や
     又  ゑけ 神ぎや金細矢(かなまゝき)
     又  ゑけ 上がる群れ星(ぼれぼし)や
   又  ゑけ 神が差し櫛(さしくせ)
    又  ゑけ 上がる虹雲(のちくも)は
      又  ゑけ 神が愛きゝ帯(まなきゝおび)


外間守善氏 校訂『おもろさうし』訳は次の通り。
※「ゑけ」は「あれ!」という感嘆詞

  ゑけ、上がる三日月は、
        ゑけ、神の金真弓(立派な弓)である
          ゑけ、上がる赤星(金星、宵の明星)は、
        ゑけ、神の金細矢(立派な矢)である
      ゑけ、上がる群れ星(星群)は、
          ゑけ、神の差し櫛(神の差し櫛)である 、
 ゑけ、上がる虹雲は、
          ゑけ、神の大切にしている美しい帯である


船から見上げる夜空の彩を歌った一首と、
私は解釈していたが、あるとき語り部は言った。
「これは天津甕星を、冬の空に上がったオリオン座
に例えて讃えたおもろ。三日月は甕星のことです」と。


「まさか」とそのときは思ったが、昨日港近くの商店街で
酒甕を見てから「そうかもしれない…」と、考えが変わった。
a0300530_8294417.jpg




続きは、今夜のオリオン座を見てから……。

by utoutou | 2015-08-23 09:13 | 石垣島 | Trackback | Comments(0)