カテゴリ:城(ぐすく)( 3 )

首里城に太陽の王が立つ

12〜15世紀、東西軸の城を創建した按司(あじ、地方の首長・覇者)たちは
太陽を神と崇め、「てぃだこ」「てだこ」(どちらも「太陽の子」の意味)と呼ばれた。
沖縄では現在でも太陽が昇る東を「上がり」、太陽が沈む西を「入り」と呼ぶが、
これはまさしく太陽信仰の名残りである。

首里城(15世紀初頭の創建)にも、東西軸の意味を体感するために訪ねた(2008年)。
そして、あの平面測量図を開いた。図の中央の右、黒く塗られた縦長の長方形の部分が正殿。
その左にある大空間が「御庭」(うなー)。様々な王権儀式が行われた場所で、
目にも鮮やかな紅白の瓦がストライプ状に交互に敷き詰められている。
これは諸官が儀式で整列するための目印だったという。

a0300530_1537956.png

















首里城正殿。謁見する諸官の目には、
王が姿を現す正殿は、このような構図で映っていた。
a0300530_1551829.jpg




a0300530_15562473.jpg



























首里城正殿内部(下の写真は1階)。階段を2階に登ると、日常的に王妃や身分の高い女官たちが使用した「大庫理(うふぐい)」があった。同じく2階には、国王が儀式を執り行った玉座「御差床」(うさすか)が、また2階南東に「おせんみこちゃ」と呼ばれる小部屋があった。次のように記された説明板が立っている。

〜ここは「おせんみこちゃ」と呼ばれる部屋で、国王自ら女官とともに毎朝東方に向って拝んでいたところである。
「御床」は神棚として神霊が祭ってあり、女官は抹香を焚いて「火の神」などを拝礼していた。身分の高い神女の就任式なども国王、王妃臨席のもとに、ここで行われた〜


「立ち入り禁止」のロープから身を乗り出して「おせんみこちゃ」の中を伺うと、
神棚の上に置かれた金の香炉が見えた。
国王が毎朝拝礼していた「火の神」(ヒヌカン)を表しているのだろう。
沖縄では、家庭の台所に太陽霊の分身としての「火の神」の香炉を祀るのが一般的。
ただし、本来のそれは現在よく言われるような「竃(かまど)の神様」ではない。

聞得大君(きこえおおきみ、琉球王府最高の女神官)が祀る祭神は、
『琉球国由来記』によれば、御日御月の御前(おちだおつきのおまえ)と、御火鉢の御前の2柱だった。

いっぽう『女官御双紙』によると、次の3柱となる。
・御筋の御前(みすじのおまえ)
・金之美御筋の御前(かねのみおすじのおまえ)
・御火鉢の御前(おひばちのおまえ)

折口信夫(しのぶ)氏は『琉球の宗教』(1995年、中央口論社、初出は1923年)でこう記した。
伊波普猷氏は、御すぢの御前を祖先の霊、御火鉢の御前を火の神、
金の美御すぢを金属の神と説いて居られる。
前二者は疑ひもないが、金の美おすぢは、日月星辰を鋳出した金物の事かと思はれる節
〔荻野仲三郎氏講演から得た暗示〕がある。併し型どほりに解すると、
かねは、おもろ・おたかべの類に、穀物の堅実を祝福する常套語で、
又かねの実ともいふ。みおすぢの「み」が「実」か「御」かは判然せぬが、
いづれにしても、穀物の神と見るべきであらう。
或は、由来記を信じれば、月神が穀物の神とせられてゐる例は、各国に例のあること故、
御月の御前に宛てゝ考へることが出来さうである。
御すぢの御前は、琉球最初の陰陽神たるあまみきょ・しねりきょの
親神なる太陽神即、御日御前を、祖先神と見たのだと解釈せられよう。


祖先神である太陽神、太陽霊としての火の神、そして御日御月神。
要するに、方角は東南方向の重視となる。
国王が百浦添(もんだすい、正殿のこと)の東南に位置する「おせんみこちゃ」で、
聞得大君や女神官が同席するなか金の香炉に受け止めたのは、
まさしく太陽神の霊力(せじ、エネルギーの意味)だった。
だからこそ、首里城の向きは太陽が最大となる夏至の方向でなくてはならなかった。

国王は「おせんみこちゃ」での朝の拝礼が日課だったという。
朝日から太陽神の霊力を満身に受けた国王は、
今度は聖なる東方を背負い、御庭で行われる儀式に臨んだのだ。

各地に築城された城の東西軸は、太陽王のカリスマを示す壮大なる装置だった。
首里城の東には美福門が、その外郭に経世門があった。
新しい王はこの東門から入城する掟があった。
まさに「てぃだが穴」から、天と地を押し分けて太陽が昇るかのように。

by utoutou | 2014-09-19 11:19 | 城(ぐすく) | Trackback | Comments(0)

浦添城の英祖王はアマミキヨ

冬至日に久高島の朝日を望む場所に、
浦添城を築城したのは英祖王(在位1260〜1299年)だった。

築城者については、英祖王統初代の王であるこの英祖とする説、
次の察度王統時代に築かれたという説などがあり、
実証は困難だと長く言われてきたが、
城跡と周辺遺跡を浦添市が発掘調査(96〜04年)した結果、
英祖王による築城が確実となった。
遺跡・遺構の年代測定や文献資料を総合すると、
浦添ようどれの造営は1273年と特定できたという。
(前掲の安里進著『琉球の王権とグスク』より)

琉球王統略系譜
『浦添の歴史を探る』
(NPO法人うらおそい歴史ガイド友の会編集制作)より引用。
a0300530_10365135.jpg



では、英祖王とはどのような人物か?
歴史は義本王から王位を譲られ英祖王統を開いた王と伝えるが、
その出自は謎めいており、
ジンギスカンや豊臣秀吉伝説にも似た「日輪伝説」がある。

曰く伊祖城主だった父・恵祖世主(えそのよのぬし)には子がなく、
母が「日輪が懐に入る夢を見て身ごもり、英祖が生まれた」
(『中山正譜』)。そのため「天日之子」(太陽の子、てだこ)
や「英祖日子」(えそのてだこ)と呼ばれた。

また『おもろさうし』(琉球王府時代の歌謡集)には、
英祖の父・伊祖按司歴代の居城だった伊祖城について、
興味深い表現がある。
   
〜えぞえぞのいしぐすく あまみきよが 
たくだる(作った)ぐすく(第15-15)〜   

「えぞ」は「伊祖」の意味。
伊祖按司は琉球の始祖アマミキヨの末裔であるという。
ならば、その子である英祖王もまたアマミキヨの末裔。
神の島・久高島を拝していたのもうなづける。
久高島は陽の昇る東方(あがりかた)に位置し、
琉球の始祖アマミキヨが天降りして種をまいた五穀発祥の聖地。
(『中山世鑑』『琉球国由来記』『琉球国旧記』)

英祖王にとって、
また東西軸を重視した城(ぐすく)を築城した按司たちにとって、
久高島はいわば故地。民俗学者の谷川健一氏は
「アマミキヨには二通りある」のだと記している。

鉄器をもたらしたアマミキョは「今来」(いまき)のアマミキョで、
それ以前、日本本土から南島に渡来したアマミキョは「古渡り」
(こわたり)のアマミキョであった。
(1995年発刊、小学館『古代海人の世界』より)


谷川氏はまた「浦添の伊祖の石の城は、
アマミキョが工匠として造った城である」とも記した。
鍛冶技術や鉄器と共に渡来した人々が今来、
つまり最近のアマミキヨ。
そして五穀をもたらした古渡り、
つまり古代に渡来したアマミキヨもいたのだと。
谷川説は、いずれも出発地は日本本土としている。

そして、私は「三通り目」と考えられる、
「鍛冶技術と五穀を携え、外地から渡来したアマミキヨ」
の説話に出会うことになる。

ここヤハラヅカサ(南城市玉城百名)の海岸に渡来した
アマミキヨは稲をもたらした。
海中に立つ尖った石がアマミキヨが最初の上陸地点。
満潮になると海に没する。
a0300530_16284197.jpg
by utoutou | 2013-08-15 23:35 | 城(ぐすく) | Trackback | Comments(2)

琉球の城(ぐすく)は東西軸

『玉城城城跡整備実行計画報告書』に、軸角が夏至方向に向く城として記されているのは、玉城城跡だけではなかった。

知念城(ちねんぐすく)、勝連城(かつれんぐすく)、座喜味城(ざきみぐすく)、
糸数城(いとかずぐすく)、中城城(なかぐすくぐすく)、そして、琉球王朝代々王の居城であった首里城も。
創建年代のまるで異なる城が、どれも夏至の朝日の方向に向いているという。

さっそく知念城跡を訪ねる(2007年)。城壁の整備中だった。
現在は城内に入ることができる。この立ち位置からは、写真左手の奥が夏至方向(久高島方向)。
a0300530_1861949.jpg

知念城跡(現・南城市)について、沖縄大百科事典(沖縄タイムス社)は次のように記す。
〜知念森(ムイ)、知念森城(ムイグスク)、添森(シームイ)ともいう。
『おもろさうし』巻19に〈ちねんもりぐすく、かみおれはぢめのぐすく〉とうたわれており、
按司時代初期、あるいはそれ以前の古いグスクである〜
かみおれはぢめ……誰とは知れず、天孫時代のアマミキヨが築城したという意味だ。
ただこの知念城の古城(クーグスク、古い城)は未だ杜の中、見学することはできない。
写真は、新城(ミーグスク、新しい城)、尚真王(第二尚氏王統3代王、15世紀)の時代に築城されたという。
a0300530_672123.png



上の報告書のコピーを片手に、勝連城跡にも早速行ってみた(2007年)。
標高110m、眺望ぐるりの絶景。11〜12世紀に築城され、15世紀中葉に阿麻和利が城主となった。
測量図、赤線の交差する部分が殿舎跡。
王の居所である正殿がおおよそ東西軸にあることを示している。
また西原門(跡)とその反対側の南風原門(跡)が、ほぼ夏至の日の出と冬至の日の出を繫ぐ線上にある。
a0300530_69353.jpg



さて、『玉城城城跡整備実行計画報告書』で見つけた測量結果は、次の解説でくくられていた。
〜(玉城以外の)他のグスクにおいても、夏至の軸を基本とする構成が多いが、
勝連城跡の場合はやや北方にずれている。
また、首里城の場合は15世紀以降、増改築を行っており、明確な軸線が不明であるが、
本来の正門と考えられている美福門周辺は夏至方向と整合する。
中城城跡の場合は、殿舎跡の軸角のずれが認められるが、城郭は夏至軸に整合する〜
   
by utoutou | 2013-08-11 16:45 | 城(ぐすく) | Trackback | Comments(0)