<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

元伊勢・籠神社と『天孫人種六千年史の研究』〈2〉

かごめかごめ 
籠の中の鳥は
いついつ出やる 
夜明けの晩に鶴と亀がすーべった
うしろの正面だあれ

唱歌『かごめかごめ』。
「これは我が籠神社の歌である」という話を、以前、海部宮司から聞いた。かごめは籠目だと。
いっぽう、籠目は六芒星(古代ユダヤの「ダビデの星」)を意味するのではと読む向きもある。

かつて籠神社を訪れたとき、海部宮司さんに絵馬の右上に描かれた紋の由来を訊いた。
「これは、何という紋ですか?」
「籠目日月(かごめにちげつ)といいます」
「籠目なんですね? 六芒星ではなく」
「はい、籠目です」
無言で浮かべた笑みが、これなら騒ぎにはなるまいと言っているように、私には見えた。
かつて海部宮司が奥宮・真名井神社の鳥居横に籠目紋を刻印した石碑を建てたものの、
「六芒星だ」と騒がれ、わずか1年で撤回となったことは知る人ぞ知る話。
現在は三つ巴紋に修正されている。
a0300530_10531956.jpg


「籠の中の鳥」のように閉じ込められた神様とは……? その謎を解いた人はいない。
しかし、封印が解かれる日はそう遠くないと、沖縄の語り部・宮里聡さんは言った。
折しも伊勢神宮内宮・外宮の遷宮が終了した直後、10月初旬のことだった。

運よく宮司さんとの面会が叶った私は、まず沖縄の稲作伝説を話題として選んだ。
本島南部にある稲作発祥の地・受水走水(うきんじゅ・はいんじゅ)の近くには、
鶴が稲をくわえて運んで来たという話がある。
その稲種の移植に成功した、琉球稲作の祖「アマスのアマミツ」はアマミキヨの末裔。

アマミキヨには「天孫氏」「渡来の人」という意味もある。
海部氏も「天孫族」である。「海(あま)とは、天(あま)である」との格言がある。
アマミキヨの「アマミとは、古代の海人部(あまべ)の転訛」という定説を踏まえれば、
『かごめかごめ』の鶴と沖縄の鶴には、「天孫」という共通の歴史が流れているように思われる。

南城市玉城にある稲作発祥の地・受水走水の案内板。
「アマミツ」の「御穂田(三穂田)」は神田と呼ばれた。この地も「豊葦原の瑞穂の国」なのだ。
a0300530_10142778.jpg



左手に行くと受水走水に、右手に下ると海に出る。古代はこのあたりが海岸線だったという。
正面の丘陵は琉球七御嶽のひとつ「薮薩の浦原」。
ヤハラヅカサから受水走水までは、徒歩3分ほど。
アマミキヨの上陸地と稲作発祥の地は、ひとつのユニット。つまりアマミキヨは稲作渡来民だった。
a0300530_141429.jpg



宮司さんには、『かごめかごめ』の歌についても訊いた。
「“鶴と亀がすべった”の鶴は、何を意味していますか?」
「日神(にっしん、太陽神)です。伊雑宮(いざわのみや)にも鶴の伝説がありますね」
伊雑宮。伊勢神宮内宮(皇大神宮)の別宮のうちの一社。
そうだった。伊雑宮にも、鶴が稲穂をくわえていたという白真鶴の伝説があった。
伊雑宮を建立したのは、第十一代垂仁天皇の皇女・倭姫命(やまとひめのみこと)。海部宮司家の外孫である。
「鶴が伊雑宮の日神なら、亀は籠神社の海神ですね。亀の甲羅は六角形ですし」
言うと、宮司さんは静かに微笑まれた。

「鶴と亀」が統べるとき、神々が和合して新たな世が明けるとき「うしろの正面」に光が当たる?
さて、では、亀に象徴される籠神社の御祭神をいま一度確認してみよう。


主神 彦火明命
亦名天火明命・天照御魂神・天照国照彦火明命・饒連日命、又極秘伝に依れば、
同命は山城の賀茂別雷神と異名同神であり、その御祖の大神(下鴨)も併せ祭られているとも伝えられる。
尚、彦火火出見命は、養老年間以後境内の東側の別宮に祭られて、現在に及んでいる。
彦火明命は天孫として、天祖から息津鏡・辺津鏡を賜わり、大和国及丹後・丹波地方に降臨されて、
これらの地方を開発せられ、丹波国造の祖神であらせられる、
 又別の古伝に依れば、十種神宝(とくさのかんたから)を将来された天照国照彦天火明櫛玉饒速日命であると云い、
又彦火火出見命の御弟火明命と云い、更に大汝命(おおなむち)の御子であると云い、一に丹波道主王とも云う。
               (『元伊勢の秘宝と国宝海部氏系図』(海部光彦編著、籠神社社務所刊)より)


天火明命には実に多くの異名がある。ご神魂を同じくしての異名同神である。
籠神社の先代宮司・海部穀定氏が遺した稀代の大著『元初の最高神と大和朝廷の元始』(桜風社刊)
にも、そのことは記されている。


元初の神は、別の神名によって呼ばれており、
しかも、その元初の神の名は、所伝、古記によって決して一様ではない。
これら元始の神は明らかに、記紀編纂時代、和銅養老年中以前に、我国に存在していたものである。


まさにその元初の最高神に、やがて封印が解かれる日がやって来る。
海部宮司さんも言っていた。
「国津神と天津神は、同じ線上にあるのです」
神々は元ひとつであることを、人はそろそろ知らねばらないのだと、私には聞こえた。

三島敦雄著『天孫人種六千年史の研究』にも同じ意味の一文がある。


宇宙の霊威は統一すれば一神であり、分解すれば多神である。
一神教といひ、多神教といひ其見方を異にしたに過ぎぬ。
我々の生命は宇宙の大生命の表現であって、小我としては異別あるも、
大我としては一物一禮たるが故である。殊に神社祭祀は数千年前の
スメル時代より宇宙の大生命を民族の大生命として崇拝したのであった。


『天孫人種六千年史の研究』の口絵写真。バビロニアの境界結石2種。
左の写真に「星月日像の神紋、守護神の像及神の守護を記す」とある。紀元前数千年の昔から日月紋はお守りだった。
a0300530_7242176.png

by utoutou | 2013-10-24 14:09 | 天孫氏 | Trackback | Comments(0)

元伊勢・籠神社と『天孫人種六千年史の研究』〈1〉

京都府宮津市にある籠(この)神社に参拝した。
きっかけは語り部の宮里聡さんからの電話。
「籠神社へ行ったことはありますか?」
こんなふうに、いつも質問は突然に飛んでくる。
「はい、行ったことありますよ」

数年前、私は籠神社宮司の海部光彦氏にインタビューさせていただいた。
まだ行ったことがないという語り部が問う。
「籠神社の後ろには何がありますか? 川ですか?」
「後ろにあるのは、奥宮の真名井神社ですね。川も流れてます」
しばしの沈黙。何かが見えているのだろうか。そして……。
「童謡の『かごめかごめ』は、籠神社の歌ですよね?」
「はい、そう言われていますね」
「最後の歌詞の“後ろの正面だあれ”が、気になるんです。後ろ向きの男神が」
「見えるのですか?」
「はい」
ついに真名井神社・御祭神の謎が解けるのか。しかも男神とは……。

真名井神社は別名・豊受大神宮、外宮元宮、元伊勢大元宮。古称・与佐宮・匏宮(よさのみや)。
伊勢神宮に祀られる天照大神、豊受大神は、ここ与佐宮から遷座された。
豊受大神は伊勢神宮の御饌(みけ)の神だが、籠神社には「宇宙根源の大元霊神」と伝わる。

平安時代初期に書き写されたという海部氏勘注系図は、国宝にして日本最古の系図。
また海部家には後漢時代(約2千年前)の息津鏡(おきつかがみ)・辺津鏡(へつかがみ)が伝世されている。
元伊勢という名の通り、格式のたいへんに高い古社である。

その籠神社にいま何かが起こっている? 後ろ向きの神、つまり封印された神が正面を向くというのか。
これは行くしかないだろう。しかも、なんという偶然の一致。
「実は私、出張で関西へ行くんです。帰りに足を伸ばしてみますよ」

というわけで10日ほど前、出張先の神戸から高速バスと近畿タンゴ鉄道を乗り継ぎ、3時間の旅をした。
午後9時、天橋立に着き1泊、翌日レンタカーで籠神社へ。
境内では観光バスから降り立った旅行団の間隙を縫うようにして進み、拝殿にてお参り。
さて次はと、ふと見ると、八十二代宮司の海部光彦氏が社殿に入られるところだった。

また偶然が重なった。駆け寄り挨拶すると「控え室で待つように」とおっしゃる。
そうして久々に対面した宮司さんは開口一番に訊いた。
「沖縄の古伝研究は進みましたか?」
とっさに、私は沖縄に伝わる稲の発祥伝説である「鶴」の話をした。
南城市玉城新原には、鶴が唐から稲穂をくわえて飛んで来たという伝説がある。
そしてその稲を実らせた琉球の稲作の祖・アマスのアマミツとは、
玉城天孫氏を祀っていた神女・ウメさんの祖先であることも(ウメさんのことはこちら)。
「鶴」といえば「亀」。自ずと話は『かごめかごめ』に繋がっていった……(詳細は次号にて)。


籠神社。天照大神、豊受大神が伊勢に遷った後の主祭神は、彦火明命(ひこほあかりのみこと)。
本殿は伊勢神宮と同じ唯一神明造り。「高欄上の五色(青、黄、赤、白、黒)の座玉(すえたま)は、
伊勢神宮御正殿と当社以外には拝せられない」(「丹後一宮元伊勢 籠神社のしおり」より)。    
a0300530_648816.jpg



真名井神社に着くころ、陽はすでに傾いていた。「もっとも遅い真夏日」だったこの10月7日、
北京都の丹後も最高気温30度を越えたが、西日にはさすがに秋の気配が。鳥居に向うと、
西日が左から当たる。つまり真名井神社は南面し、真名井原御神体山は北に位置している。
a0300530_6581018.jpg


奥宮・真名井神社。その奥にイザナミ、イザナギの大神磐座が控える。さらにその奥は禁足の聖地・真名井原御神体山。太古のたたずまい。そのエネルギーというか空気感は、沖縄の薮薩の御嶽(やぶさつのうたき)や斎場御嶽(せーふぁーうたき)や、久高島の御嶽で感じるものと似ている。
a0300530_7102466.jpg


ところで、籠神社の宮司・海部光彦氏のご実父である林兼行氏は宇佐八幡宮の旧社家のご出身で、『神に関する古語の研究』(冨山房インターナショナル)という大著を遺した。それは、大和文化の源流は古代エジプトやシュメールにあり、インド、中国、朝鮮、沖縄を経て伝わったという氏の歴史観が伺われる内容となっている。

第一章「神」、第二章「日=霊」と続き、第十章「まつり」「かんながら」に「琉球」の一節がある。
海部宮司が、私などの語る沖縄の伝承に耳を傾けてくださるのには、こうした御縁があってのことだと思う。

林氏の研究の節目となった書が『天孫人種六千年の研究』だった。
『神に関する古語の研究』のまえがき「林兼行の横顔 やまと言霊の学問的求道書」に、ご長男である海部宮司はこう記した。


 かくて昭和三年春、林は所用のため上京した時、皇学叢書編纂当時の縁で知り合った平凡社の創立者、下中弥三郎翁を訪ねた。これによって林は今迄の研究の一つの転機を迎えるのである。そのとき下中翁は一冊の本を提示してこう云った。今度愛媛の大山紙神社の三島敦雄宮司が、「天孫人種六千年史の研究」と云う大変異色ある本を出版されたが、これに書かれているように若し日本の古代文化の基層にシュメール文化が入っているとするならば、これは民族精神に影響する事非常に大きいものがある。林さんあなたがひとつこれを研究してみて呉れませんか、それが完成したならば私の社(平凡社)から出版しましょう。
 ここに林は愛媛県大三島の発行所であるスメル学会から同書を取寄せ、今迄の語源研究に併せてメソポタミア、バビロニアをも視野に入れて、広汎な研究を進めて行った。


大山紙神社の宮司だった三島敦雄氏は『天孫人種六千年史の研究』(昭和2年、スメル学会)で、「日本人シュメール起源説」を論じた。初版の奥付には「定価金五圓五拾銭」とある。
戦後GHQ焚書となったと言われ、現在は流通していないこの本を、私は2年ほど前に、偶然ある方から譲り受けた。琉球王府が史書『中山正鑑』に記した「天孫氏王朝17802年」には及ばないが、これで三分の一近くにあたる時代が少し浮き彫りになったと思ったものだ。
語り部・宮里聡さんが受け継いだ沖縄の伝承と合致する部分が少なくない。
a0300530_743497.jpg

by utoutou | 2013-10-18 12:34 | 天孫氏 | Trackback | Comments(6)

天孫氏王朝17802年

語り部の宮里聡さんは、玉城百名(現・南城市)に住む「ウメおばあ」の元に
辿り着いた36年前を、まるで昨日のことのように話す。

「子どもが訪ねてきて道で泣きじゃくっているんですから、よほど驚いたのでしょう。
おばあは、私の手を引いて神屋に入り神前に座らせると、拝みながら言ったんです。
まだ殿内(とぅんち、拝所)が何かも分からない子どもです。この子をどうぞ、
上之当(いいのあたい、この家の屋号)で守ってくださいって。
それから12本のお香に火をつけると、即興の琉歌が口を突いて出た……」

あがりあかがりば しみなれがいちゅん かしらゆてぃたぼり わうやがなし 
とうんちしらん うやむとゆしらん あがりゆぬぬしぬ まちかにてぃうむ

訳(東の空が白々と明けて、学校に行かなければいけない時刻、
お父さんお母さんに身支度を手伝ってくださいというほどの子どもなのに、
殿内を知らず、元家(祖先)を知らず、それでも、あんたは悟って来たんだね、
東世の主が待ちかねていたんだよ)

「見える人」でもあった故ウメさんは、玉城百名の生まれ。
嫁いだ大城家は、正式な屋号を「上之当大城(いいのあたいのうふぐすく)」、
またの名乗りを「嶺井門(みーじょう)」あるいは「新門(みーじょう)」という。
沖縄の稲作の祖「アマスのアマミツ」の実家として知られる屋号・アマスの分家筋にあたる。
琉球の始祖・アマミキヨの後裔・ミントンの門中(もんちゅう、男系親族)という、
ただならぬ家系である。アマスは「天祖」と書く。
他に「阿摩祖」「天須」「天主」と表記される場合もある。

戦後まもなく、夫に「玉城天孫氏の元祖を継ぐ」(養子になる)話がもたされた当初、
ウメさんは仰天した。玉城天孫氏という名が示す重大な意味を、口伝によって知っていたからだ。

玉城天孫氏とは英祖王(在位1260〜1299年)を初代に5代続いた王統(系譜はこちら)と伝わる。
ただし、それだけではない。17802年続いたという古代琉球天孫氏王朝に遡る血脈。
悩みつつも覚悟を決めたウメさんは、玉城天孫氏を祀る神役を引き受けることにした。
そして生涯玉城を離れることなく、訪れる参拝者をゆかりある御嶽に案内して暮らした。


南城市の人気観光スポット・ニライカナイ橋の上から眺める東の海。
その彼方にある理想郷=ニライ・カナイに、豊穣をもたらす神々は住むと伝説に……。
そうかもしれないと思わせる絶景。
36年前、ウメさんの家のある百名からも、この海が眼下に広がっていたという。
a0300530_651530.jpg



さて、そもそも天孫氏とは何か。
琉球王府が編纂した初の正史『中山世鑑』(ちゅうざんせいかん、1650年)は「天孫氏王統は、
25代17802年続いた」と伝えた。天孫氏王朝とは古伝にいう琉球最初の王統のこと。
天孫氏について、『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス刊)には次のようにある。


天地開闢のとき、天の城の天帝が下した御子(男女)が三男二女を生み、
長男は国の始めとなって天孫氏と称し、
二男は諸候、三男は百姓、長女は君々、二女は祝々のはじめとなった。
王の起源を説くための神話時代の王統で、英祖王がその子孫であるという
のは注意すべき伝えである。

ウメさんは、英祖王統を「玉城天孫氏」、古代天孫氏王朝を「御先天孫氏(うさちてんそんし)」
と呼び分けていた。ただし、英祖王統を祀ることは御先天孫氏を祀ること。
いわゆる万世一系。「神話時代の王統」が、現代にまで連綿と続いていることになる。

一般に「天孫降臨」や「天孫族」と言うときの「天孫」とは、記紀神話に登場する
古代大和を築いた王族を意味が、琉球にも「天孫氏」を名乗る王朝があった。
そしてその一族は「アマミキヨ」と呼ばれた。
定説に拠れば、それは海部(あまべ)や安曇(あずみ)といった古代大和の豪族に繋がる。


玉城天孫子(英祖王、大成王、英慈王、玉城王、西威王)の位牌。
手前の壇に祀られた香炉が示す神々の由来を、やがてサトシ少年は悟っていくことになる。
a0300530_791175.jpg



「沖縄中に照り渡る」という歌詞の校歌。南城市立玉城中学校、
開校五十周年式典の記念品とか。
斎場御嶽に近い知念久手堅(ちねんくでけん)の某氏宅で拝見した。
「琉球発祥の地・南城市は神域」という地元の誇りが感じられる。
a0300530_711332.jpg

by utoutou | 2013-10-05 10:16 | 天孫氏 | Trackback | Comments(0)