<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「太陽の子」英祖王 出生の秘密

武蔵国一之宮小野神社(東京都多摩市)と、百草八幡宮(同・日野市)
について前回書いたが(こちら)、
もし小野神社が、百草山から現在地に遷座したとすればどんな理由か。

百草山には鎌倉幕府の御願寺・真慈悲寺があり、1026年、源頼義・義家
父子が奥州征伐の途中に訪れた際、両社にも参り勝運を祈願したという。

それはさておき、源氏といえば琉球開闢の地・玉城とも縁がある。
源頼義が小野神社に参拝したその年から、やや下って1156年、
保元の乱に敗れた源為朝が琉球に逃れ、大里按司の妹を娶った。

生まれた子が天孫氏25代王を滅ぼした逆臣を討ち、琉球王家の始祖
舜天となった伝説は『中山世鑑』や『おもろさうし』に見えている。

為朝は妻子を残し本土に帰ったが、王統三代は浦添城を居城に栄えた。
が、三代目・義本が即位した1249年以降、大飢饉があり疫病が蔓延。
玉城城の頂の「天つづ雨つづの御嶽」で祈願するも、災厄は収まらず。

義本は自らの不徳を恥じ、摂政・英祖に王位を譲って姿を消したという。
そして1260年、玉城天孫氏こと英祖王統5代90年の時代が幕を開けた。


玉城城にある「天つづ雨つづの御嶽」から夏至の朝日が入る門を見る。
「雨粒天次」とも書く。御嶽の神名は「アガル御イベツレル御イベ」。
後の琉球王朝でも、歴代王がこの至聖所で雨乞いし五穀豊穣を祈願した。
a0300530_16182485.jpg


天つづ雨つづの御嶽から奥武島方向を望む。標高180m。雲に手が届くと
言われたこの御嶽には、現在も県内各地から御願する人々が訪れる。
a0300530_16185376.jpg


英祖王は「太陽の子(てぃだこ)」あるいは「太陽の王」と呼ばれた。
伊祖城城主・恵祖世主(えそよのぬし)の子であると史書が語るのは、
その妻が、太陽(日輪)を飲み込む夢を見て妊娠したという伝説による。

ところが、興味深いことに、玉城には英祖王の出生に関する異説がある。
曰く、英祖こと玉城湧川按司を産んだ、その母は、
玉城百名にあった屋号・上門(いーじょー)家の娘だったという。
上門家は語り部の宮里聡さんが口伝を受けた神女ウメさんの母方の実家。
その伝によれば、英祖は恵祖世主の元に養子入りしたことになる……。

さらに驚くべきことに、義本の后は、英祖の姉か妹だったというのだ。
つまり義本と英祖は義理の兄弟。玉城・上門家を舞台にした姻戚関係が、
英祖が義本の摂政を司り、王位を受け継ぐことになった背景にあると。

上門家は、ミントン家、そして久高島の元家とも深い関係にあった。
600年続いた久高島からの「玉城参り」ルートに、上門家も入っていた。
戦前、子どもだったウメさんは、久高土産として配られる麦飯のおにぎり
(みらんばい)を「いつも楽しみにしていた」と、語り部は聞いたという。

こちらも上門家と所縁がある「大城城(うふぐすくぐすく)」跡。
鳥越憲三郎氏は各地を調査して著した『琉球の宗教史の研究』('65 年)で、
この大城城について「村人さえもすでに忘れていた古い城址」と記した。
百名集落の中にあり目立たないが、木が伐採された日に全容が窺えた。
a0300530_16222434.jpg

by utoutou | 2014-01-22 12:49 | 玉城 | Trackback | Comments(0)

瀬織津姫は南北どちらの小野神社に?

「一社でよかったのかしら」と、ふと思った。瀬織津姫を祀る神社のことである。
数日前、東京都多摩市一ノ宮にある小野神社に参拝して感じ入ったばかりだが、
小野神社は、多摩川を挟んだ北側、府中市住吉町(旧小野宮)にもある。

どちらも式内社だという。そして祭神はどちらも天ノ下春命と瀬織津姫命。
2社ある理由については、多摩川の氾濫により遷座(二分)したとの説が有力。

しかし、久々に『武蔵国一之宮 多摩市一ノ宮小野神社の変遷』
(05年、バルテノン多摩歴史ミュージアム刊)を開くと、一文が目に飛び込んだ。
「一之宮には小野宮から遷座の伝承はありません。」あ、そうなの? 

やっぱり参ってみないと。というわけで多摩川の北にある小野神社(小野宮)へ。
鳥居の横の石碑に「延憙式内 郷社 小野神社」と見える。中河原(京王線)が最寄り駅。
a0300530_192450.jpg


中央高速のほぼ高架下。晴れがましさはないが、神々しさと清々しさは満ちている。
神輿の蔵もある。大国魂神社のくらやみ祭りでは、両社の氏子が一之宮の神輿を担ぐという。
a0300530_194374.jpg



さて、南北どちらが式内社か。論争は長く続いたらしいが、未だ決着を見ない。
何ゆえ? との思いで多摩市の図書館へ。『新編武蔵風土記稿』を閲覧。
1804年〜1820年の文化文政期、幕府直轄の昌平坂学問所が編んだ地誌稿本。

すると論争どころか、これは小野神社の南北戦争か。
しかも北(小野宮)の圧勝。というか北に加担。思わず目を見張った。

北の小野神社は多摩郡本宿村の項に載っており、やはり一ノ宮への遷座説を否定。
意訳すると、「当社は式内の神。祭神は瀬織津姫。式内小野神社は当社のことで、
(一之宮は)武蔵国造十世の祖を祭って小野神社となし……小野宮は一之宮の旧跡
という臆説を唱う者がいる。祭神が別であるのに、その事実を知らない」

いっぽう多摩郡一ノ宮村の項には、小野神社が「一ノ宮明神社」として載る。
こちらもまた辛辣。瀬織津姫は幕末には合祀されていなかった事実を窺わせる。
「祭神は当国の国造恵多毛比命の祖である天下春命なり。後世、伝えを失って、
式内小野神社は当社なりという妄説を成すに至った。故実を失っていて惜むべし」

瀬織津姫を祀るのは多摩川北の小野神社だと、この地誌は軍配を上げている。
しかも……。

「近郷百草村の寺院・松連寺にあった、建久四年(1193)年と刻まれた経筒(※教典入れ)
には、一宮別当松蓮寺とある。よってその社地は、今の地より西へ寄った岡山の上……」
別当とは神社境内にある神宮寺のこと。つまり、鎌倉時代初期以降に、
小野神社は、百草の山域から現在の社地に遷座したと『新編武蔵風土記稿』は記すのだ。

ともあれ松連寺跡とは、現在の京王百草園(こちら)である。
場所は記述通り、現・社地の西へ寄った百草園駅(京王線)近く。
すぐさま車を百草園に走らせた。というか、帰る途中の街道沿いに登り口がある。

園内看板には、平安末期から鎌倉時代、百草村に鎌倉幕府の御願寺・真慈寺があり、
その跡地に松連寺が建ったとある。江戸時代『江戸名所図絵』に掲載されたとも。
廃寺となり百草園として公開されたのは、明治20(1887)年のことだそうだ。

園内お休み処、その名も松連庵前から副都心を望む。よい眺め。そして龍雲?
南北の小野神社が座す多摩川ベリが見える。日によってスカイツリーも遠望可とか。
山頂は標高140m。冬期ゆえ色なく、鎮守の森の趣き。大樹の根元には祠があった。
a0300530_1101388.jpg


水仙が見頃。2/8からは梅祭りが始まるそう。園に隣接する神社は百草八幡宮。祭神は、
誉田別命、息長足姫命、武内宿禰、源義家。小野神社との関係は? 謎はさらに深まる。
a0300530_1111772.jpg

by utoutou | 2014-01-18 06:38 | 神社 | Trackback | Comments(0)

瀬織津姫の小野神社に参詣

3連休最終日の13日、新年まだ「瀬織津姫」に参詣していないことに気がついた。
東京都多摩市にある武蔵国一之宮・小野神社。今月最後のチャンスかもしれないと。
神職が常駐でなく、この時期を逃すと正式参拝には事前予約が必要になってしまう。
成人の日なら宮司さんはいらっしゃるかと、自宅から20分、車を飛ばしてみた。


例年、正月三が日は特設テントで授与品を戴くが、それは既にない。
普段も人と出会うことの少ない神社だが、この日の境内も参詣客はまばら。
おそらく大入りで大混雑しているはずの大国魂神社に比べ、万分の一の静けさだ。
a0300530_17172269.jpg


今年はテントではなく社務所で求めた「瀬織津比咩大神神霊」のお札。
姫関連の授与品は2カラー。「水の神」にちなんだというブルー系千代紙のもある。
「天照大神神霊」の横に「瀬織津姫神霊」が仲よく並んで鎮座する様が微笑ましい。

a0300530_16372071.png


小野神社の祭神は、天ノ下春命(あめのしたはるのみこと)と瀬織津姫命。
「縄文の女神」と呼ばれる瀬織津姫が、こう堂々と祀られるのは珍しいが、
古来、小野氏と皇室とは関係が深いという理由があるからなのだろうか。

小野神社を『延喜式』内社としたのは、
延喜十八(918)年、秩父国から武蔵国の国司として着任した小野利春。
天ノ下春命はその前任地・秩父国の祖神で、皇祖・高皇産霊命の御子である八意思兼の子。

饒速日が大和入りした際、高天原から派遣された供奉衆(将軍たち)
のひとりであったことは、古伝『先代旧事本紀』にも見えている。
「三十二人をして、並びに防衛となし、天降りし供へ奉らしむ。」
その31人目に「天下春命、武蔵秩父國造等の祖」と。

一説には元の祭神は瀬織津姫一座だったという。去年、禰宜さんから
私見としてお聞きした話では、もともと小野神社ができたのは2千年以上前。
弥生人の渡来する以前から、女神は土地の人々によって祀られていたのではと。

大鳥居とその奥の随神門に十六菊の御紋章が。最寄り駅の名は聖蹟桜ヶ丘(京王線)。
多摩川の対岸にも「一宮・式内」と伝える小野神社(府中市)がある。主祭神は同じ2柱。
a0300530_17164271.jpg



小野神社では初めてとなる正式参拝をした。拝殿(手前)で
大祓祝詞が奏上されているとき、柔らかな光が本殿を照らすのを見た。
晴天なので雲が切れたとも思えない。参拝が終わると、禰宜さんも仰った。
「神様が喜んでいらっしゃるようでしたね。私も身体が温かくなりました」
瑞光に包まれたような吉日。おみくじで大吉を引いたときよりも、ときめいた。
今度の沖縄久高島でも、再生の女神・アカララキに参拝しよう。(アカララキの話はこちら
a0300530_17193618.jpg

by utoutou | 2014-01-15 01:46 | 神社 | Trackback | Comments(2)

琉球稲作の祖・アマスのアマミツ

戦前に廃絶した謎の旧家・アマス(天祖)家。※注 アマスは屋号
久高島の祖・ファガナシーとシラタル夫婦に深くかかわる、ミントン家の門中である。
アマス本家の屋敷はかつてミントングスクに隣接し、またその次男家も玉城にあった。
(琉球ゴルフ倶楽部内に今もあるアマス次男家・屋敷跡の写真はこちら


ミントングスク内にある「久高島のオトーシ」(遥拝所)から、久高島方面を望む。
右がアマミキヨの墓。正面の石階段を降りた右側に、アマスの屋敷があったという。
ミントン門中の家々は、古来、ミントングスク一帯に居を構えた。
a0300530_20211961.jpg


さて、先日書いた久高島からの里帰り参詣「玉城参り」。
一行は、アマスのアマミツのお墓にも参った。アマミツは「琉球の稲作の祖」。
お墓は御先三穂田(うさちみーふーだ)からごく近い崖の上にある。
その位置関係から見ても、アマスの系譜は御先(上古代)まで遡ると考えるのが自然だ。
語り部は言う。
「アマスのアマミツのお墓には祖先、つまり御先天孫氏がお入りになっていて、
代々のイリク(※新旧が入り交じったお墓)の状態にあったと聞いています」


アマミツの名は旧正月の初午の日に行う「親田御願(うぇーだのうがん)」にも残る。
田植えの後に吟じる『天親田(あまうぇーだ)のクェーナ(神歌)』で、村人たちが
繰り返し歌う囃子のフレーズは「阿摩美津(あまみつ)が始みぬ えー天親田よー」。

アマスが稲作の祖「米之子」であることは『琉球国由来記』にも見えている。
また受水走水で「親田御願」を終えた人々が報告をする先は、アマスだった。
毎年、その翌日から、琉球の国中で田植えが始まったという。

'10年2月、午の日に行われた田植えの神事「親田御願」。数十人のウォッチャーがいた。
a0300530_20182728.jpg


ファガナシーとシラタルが太陽の昇る久高島に渡ったのは、豊穣を祈るためだったと思う。
また、久高島の神人一行が、アマスに魚と麦飯の土産を贈ったのも祖先崇拝のかたちだった。

受水走水の走水。今も川泉から水が湧き、拝みのための香炉が置かれている。
この受水走水で、琉球王朝の王たちは聞得大君から「御水御撫」(うびなび)を受け、
聖水の霊力を身につけたという。また初穂とシドチ(米粉餅)を食して豊穣を予祝いした。
a0300530_20193214.jpg

by utoutou | 2014-01-13 16:52 | 天孫氏 | Trackback | Comments(0)

祖先は稲作渡来民族

約600年連綿と続いた、久高島の神人(かみんちゅ)一行による里帰り。
古くはミントン家に1泊して玉城の聖地を廻ったというが、そのコースとは。

まず『神々の原郷・久高島』(比嘉康雄氏著、1993年、第一書房)によれば、船を
ミディキンヌ浜(新しくは馬天港※1970年代当時)に着け、逆迎えを受けた後は次のように廻った。

稲作発祥の地・受水走水(うきんじゅはいんじゅ)→玉城ヌル殿内→玉城城への遥拝→
本部家(※シラタルの実家)→ミントン家のカー(川泉)→久高ガー(川泉)→ミントン家。
帰りにはミントン家から、米とターンム(田芋)と酒を持たせる慣習があったという。

このコースに加え、戦前の玉城参りを知る神女おばあから、語り部が伝え聞いところでは、一行は、
御先天孫氏(うさちてんそんし=古渡りのアマミキヨ)にゆかりのカラウカハ(神田)にも巡拝した。
土地の名は先原(さちばる)。受水走水から数100m南の新原(みーばる)集落のはずれにあった。

ちなみに御先とは、語り部によれば「2500年〜3000年より以前の時代」を指す。
「御先天孫氏は稲作渡来民族」との伝承と「沖縄の稲作伝来は10世紀」とする歴史は矛盾するが……。


新原集落の眼前に、約2㎞にわたって続く新原ビーチ。ダイナミックな巨岩群も目に楽しい。
夏はシュノーケルなどマリンスポーツを楽しむ人で賑わう。また四季を通じてパラグライダーが飛ぶ。
a0300530_12292685.jpg


受水走水よりも古い時代の親田(うぇーだ=神田)を、御先三穂田(うさちみーふーだ)という。
思えば、受水走水も、同じく三穂田と呼ばれる。アマミキヨの三穂田にも時代の新旧があるのだ。

ちなみに玉城には5つの親田があったと、語り部は言う。
・先原(さちばる)親田(※新原集落の南端)
・水堅田原(みでぃきんたばる)親田(※ミディキンヌ浜の近く)
・西田原(いりたばる)親田(※ミントングスクの近く)
・浦田原(うらたばる)親田(※受水走水のこと)
・中山田原(なけーまたばる)親田(※玉城城の南側)

海浜湿地帯の親田へは、集落から一直線に下るワイトイ道(切り通し道)があった。
そして、それぞれの親田は、古代の異なる稲作渡来集団の所有だったという。
つまり玉城は、海を越えて辿り着いた、稲作渡来民たちのゲートウェイだった。

日本神話では、天孫降臨は稲作の始まりだったけれども、沖縄も同じ。
天孫降臨神話の残るこの東方(あがりかた)は、戦前まで大稲作地帯だった。

東世(あがりゆー)信仰、太陽信仰は、稲作と不可分の関係にある。
陽を浴びて育ち、やがて豊かな穂を湛えた初穂を戴いて、王は自然の霊力を身につけた。
よって大稲作地帯であった玉城、そして隣接する知念は「神の国」。
ファガナシーが、その極東にある久高島を再興しなくてはならなかった理由もそこにあると思う。


沖縄の稲作発祥の地・受水走水(うきんちゅはいんちゅ)。こちらは受水のほう。
このすぐ近く、旧正月の初午の日に豊作の予祝神事「親田御願(うぇーだのうがん)」をする
祝毛(ゆーえーもー)という広場は、夏、マリンスポーツを楽しむ人々の駐車場になる。
a0300530_12175882.jpg



久高島の伊敷浜に建つ「御先(うさち)」の石碑。「S51.タツ年」の刻字も。
建立者不明だが、そのココロは「御先時代からの聖地である」ということだろう。
伊敷浜は、それこそ御先時代からの穀物伝来伝説の舞台でもある。
a0300530_1216120.jpg

by utoutou | 2014-01-09 17:58 | 天孫氏 | Trackback | Comments(2)

アマミキヨ末裔の里帰り600年

もし36年前に途絶えていなければ、
久高島の秘祭・イザイホーが行われたかもしれない午年が明けた。
戦後、イザイホーがあった午年は、1954年、1966年、そして最後となった1978年。
1990年には数名の神女たちが独自に立ち上げしようとしたが、計画倒れとなり、
その余波か、2002年には音沙汰もなくなった。そうして迎えた2014年である。

実は昨年、久高島で、玉城で「イザイホー復活計画」の噂を何度か聞いた。
また昨年の末、みるく(弥勒)の御嶽を探し当てたとき、一緒に壕に入ってくれた島人から、
久高島のあちらこちらの御嶽に、にわかに内外からの訪問者が増えているという話も聞いた。

ただし、そもそも天皇の祭りがそうであるように、イザイホーの祭神も未だ解明されていない。
戦後この祭と祭神について、民族学や宗教学や歴史学の学者たちがこぞって論考を発表したが、
むしろ謎は深まるばかり。そんななか、復活待望論だけが何度となく浮上しては消えていった。

そこで、久高島の始祖・ファガナシーとシラタルの里帰りである「玉城参り」を手がかりに、
イザイホー本来の祭神について、推考してみたい。

ファガナシーとシラタル夫婦が久高島に渡海したのは、今から約600 年前のこと。
そして、その子孫家が、休むことなく続けた「玉城参り」にも、ほぼ同様の長い歴史がある。
玉城の聖地を廻ったその巡礼先に、イザイホーの祭神を解く鍵があると思う。


12月23日午後発の久高島行きフェリーの船上より、若夫婦が渡海したコースを遠望。
玉城から久高島までは、ベテランならシーカヤックで日帰りできる距離だと聞くが……。
a0300530_345641.jpg


さて、イザイホーとともに途絶えた玉城参りの参加者は、夫婦の子孫である外間家、久高家、
大里家など5軒の元家の神人(かみんちゅ)たち。一行は始祖夫婦の航跡と逆のコースを辿った。

久高島を出てコマカ島→タマタ島→アドキ島と、休みつつ、百名のミディキンヌ浜(水堅浜)へ。
ミディキンヌ浜の少し高所にあるエーバンタという御嶽(=イビの御嶽)まで、
ミントン家関係の長老たちが出迎え、久高側の一行を歓迎して酒杯を交わすのが常だったという。
これを逆迎え(さかむかえ、方言で「さかんけー」)という。本家が分家を迎えるという意味だ。


ミディキンヌ浜。正面に見える島は、陸続きのアージ島。港をストーンサークルが囲んでいる。
a0300530_3941.jpg


玉城参りには、久高島からいくつかの贈答品(帰郷の土産)を持参する決まりがあった。
元大阪教育大学教授の故・鳥越憲三郎氏が発掘したミントン家の古文書(明治11年)には、
「3月ぶー(巡礼)」で、久高島の神人一行が持参した土産と贈答先について、次のようにある。

久高島より魚六斤ノ内
一、五分ノ壱ハ、ヰーキビノタマシ(※出迎えに出た長老たちへ) 
一、五分ノ壱ハ、長枡家へ、オシャゲ物(※ファガナシーの実家・ミントン家へ)
一、五分ノ壱ハ、百名村本部はら(※シラタルの実家・本部家へ)
一、五分ノ壱ハ、仲村渠アマスはら
               (鳥越憲三郎氏の著『琉球宗教史の研究』より)

いっぽう、私が5年前に故・久高ノロの息子さんである安泉正祥氏に見せていただいた、
神事ノートの「百名拝礼、3月」のページにも記載があり、他にも土産があったことが窺える。

ターチメー(麦飯)
ミントン ……久高島祝女殿内(※からの贈答) 3合
あまつす……大西銘(※からの贈答) 3合
本部……外間、大里(※からの贈答) 3合

いずれにしても、久高島の里帰り神人一行が、久高島特産の魚と麦飯を持って訪れた家は、
ファガナシーの実家、シラタルの実家、そして「あまつす」(=アマス、屋号・天祖家のこと)。

アマス家とは何かについて、鳥越氏は次のような見解を示した。
「アマスであるが、最近門中そのものが廃絶している。前掲の『久高島由来記』にも、
このアマスの家との関係は何等記されていないので不明であるが、多分後世アマス家と婚姻を
結んだことによるのであろうか。かように六百年間、贈答が本家と分家との間に交わされてきた
ということは、真に驚嘆に価するものである。」

実はこのアマスとは、「後世」に縁のできた家ではなく、時代はいったん上古まで遡る。
初代アマミキヨ(=御先天孫氏(うさちてんそんし))の裔となる家なのである。
アマスは、天祖と表記される他、天須、阿摩祖と書く場合もある。

久高島の神人一行は、エーバンタで逆迎え(さかんけー)を受けた後、農道をさらに登り、
久高ガー(川泉)で身を清めた後、ミントン家で拝礼し、それから玉城の聖地巡礼に出たという。
そのコースには、御先三穂田(うさちみーふーだ、上古代の神田)をはじめとして、
御先天孫氏の墓所や拝所など、玉城百名に点在する琉球開闢の重要な聖地が多く含まれていたと、
語り部の宮里聡さんは言う。

語り部はそのコースについて詳しく、玉城の神女(かみんちゅ)たちから伝え聞いていた。
これまで久高島の島人たちすら知らなかった「玉城参り」のコースについては、またいずれ……。


久高島の南端の崖上にある「百名とーしばん」の石碑。始祖の故郷に向いた遥拝所である。
島人たちはこの場所から、先祖アマミキヨの故郷である玉城と百名を拝んでいたと思う。
a0300530_353269.jpg

by utoutou | 2014-01-02 21:35 | 玉城 | Trackback | Comments(2)