<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

龍蛇神・アラハバキの祀り方

ブログ投稿を1ヶ月近く休んだ。
前回「アラハバキは祟り神」を書いて以来、高熱と咳に襲われ、
病院で詳しい検査をしてもらったら、なんと「肺炎」。

それも、一昨日の検査で全快と出た。静養中も、
多くの方にご訪問いただき感謝。ありがとうございました。

実は完治間近だった先週、3泊で沖縄に旅をした。
ただし久高島には渡らず、ユルユルと本島から遥拝。
南城市にある琉球最高の御嶽・斎場御嶽の三庫理(さんぐーい)より
旧正月以来のご挨拶。死ぬかと思った1ヶ月を経て、生還の御礼を。
快晴だった3/15(土)「久高島遥拝所」から近くて遠い久高島を望む。
a0300530_1343350.jpg


そして那覇では語り部に会い、問うた。
「私、祟られました?」
間髪入れず、語り部は答えた。
「祟り神を書いたので、それを嫌がる神に当てられたのでは」
「龍蛇神のアラハバキではなく、その対抗勢力が祟った?」
「そうです、龍蛇神を封じて祟り神に仕立てた勢力は、
真実を暴露されることをもっとも恐れるのです」

国つ神 vs. 天つ神? まさか、と思う。
この「神の島」を舞台に、神々の攻防がいまなお続いているとは。

語り部が、生前の神女たちに聞いた「呪詛の仕組み」とはこうだ。
太古の時代から、琉球の神々にも呪詛の災いは降り掛かった。
ターゲットとされたのは、縄文の神アラハバキも例外ではない。
「煎った豆から芽が出たら出ておいで」という諺があるそうで、
節分の煎った大豆には芽が出ないのだから、これは神を完封するための呪詛。

逆に言えば、久高島にもアラハバキを崇める龍蛇族がいた。
古代出雲王朝を築いたという大国主の末裔「富の一族」。
以前「出雲の龍蛇神に会いに行く」にも書いた
クナト大神とアラハバキを祖神とする富族。その痕跡は沖縄にもある。

そのひとつと秘かに伝わるのが、久高島西海岸のティミグスク。
思えば今年の旧正月元旦、私はそのティミグスクを訪れていた。
禊ぎの泉ヤグルガーと後生(ぐしょう、風葬墓)の近くにある。
a0300530_135567.jpg


石積みで囲われ、生活用水の川泉にも近いティミグスク内には、聖樹クバが生い茂る。
a0300530_136031.jpg


旧正月のことを思い出していて、ハッとした。
聖泉のヤグルガーには降りたが、お参りの仕方はテキトーだった。
自己流で作法がなっていなかったのも病魔を招いた原因だろうか?
a0300530_137746.jpg


が、語り部はそういうことではないという。
「むしろ龍蛇神に守護されたので助かったと考えたほうがいい」
確かに長く寝込みはしたが、薬が効くと見る見る快方に向った。

「本土と同じように久高島でも巳祀り(みまつり)がありました」
「それが、ファガナシーとシラタルが興したイザイホーの原型!?」
「そうです」
琉球王府の王権儀礼、その実は呪霊となった龍蛇神を鎮める祭り。
「呪詛の神に貶められた側も、反対に呪詛の神に貶めた側も、
祖神には違いはない。和合の精神で祀るのが琉球の祈りです」
その祀り方こそが、呪詛の神を守護神に変える極意。

旧正月に、久高島のティミグスクから見下ろした海。古来、
この西海岸には7つの川があることから「7つの首の蛇」と呼ばれた。
久高島は、島そのものが、神なる龍蛇として崇められてきたのだった。
a0300530_1383734.jpg

by utoutou | 2014-03-21 12:39 | 久高島 | Trackback | Comments(3)