<   2015年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

富士山本宮浅間大社 7⃣ 祭神は赫夜姫(かぐやひめ)

鹿屋野姫と瀬織津姫とは同じ神格だろうと
私は思ったが、語り部の推理はどうだろうか。
前回の記事を載せた後、さっそく連絡があった。

「鹿屋野姫は、かぐや姫ですよ」
「木花咲耶姫の母神が、かぐや姫!?」

口伝、神託、インスピレーション。
語り部の謎解きにはいくつかのアプローチがあるが、
その見立てが外れたことは一度もない。
それしても、かぐや姫とはまた大胆な仮説。

ただ、決してあり得ない話ではない。
『竹取物語』で、月に帰ったかぐや姫が残した
不老不死の薬を、帝は勅使に駿河の山で燃やさせた…。

語り部の直感が正しければ、むしろ
かぐや姫は月へ帰ったというより放逐され、
やがて富士山に祀られたのが真実ということになるか。
何やら物騒で切ない話だが、存在を
消されたのなら、影の薄い女神なのも道理だ。


こちら新幹線・新富士駅の駅弁『竹取物語』(1050円)。
富士市は『竹取物語』と、つとに縁の深い土地だった?
a0300530_17233918.jpg


少し調べると、なんとやはり富士市には、
私たちが知る『竹取物語』とは
結末を異にする「かぐや姫物語」が残っていた。
曰く、
〜竹から生まれたかぐや姫は国司と結婚するが、
かぐや姫は月ではなく、富士山に登って姿を消した。〜

その伝承は富士山頂の案内看板にも
明記されているという(静岡新聞)から驚いた。

また、富士市内には赫夜姫(かぐやひめ)
という地名があり、赫夜姫遺跡からは
注口のある酒器も発掘されたという。

この縄文土器は3千年前のものというから、
酒解子神こと木花咲耶姫命の姿がリアルに連想される。
酒解子神の母神も、当然のこと酒解神だろう。
(↓ 写真は富士市立博物館HPより拝借)
a0300530_07532582.jpg


そして、なんと『富士山縁起』という史料には、
「中世、浅間大社の祭神は赫野姫だった」とある。
六所家総合調査だより』('08年、富士市立博物館)
第2号の「東泉院とかぐや姫」に記されていた。

『富士山縁起』とは、各浅間神社の由来を広めるための
書物で、中世に成立したことが確かなのが数点ある。

そのうち鎌倉中期以前の『浅間大菩薩縁起』
に「地主神・不動明王」とある。また、
鎌倉末期から南北朝の時代までは、
それぞれの縁起で「赫夜姫」
「赫野妃」「赫野姫」「賀久夜姫」と、
表記には微妙な違いこそあれ、すべて
「かぐや姫は富士山の祭神」と記しているという。

「祭神は木花開耶姫」とするようになった
のは幕末からで、林羅山が著した
『丙辰紀行』(1616年)が最初なのだという。


↓ 見延線・入山瀬駅付近。新福地(ふじ)浅間神社がある。
a0300530_17243522.jpg

         

とはいえ、それより後の『無量寿禅寺草創記』
(白隠禅師、1718年)にも、似た説話がある。

〜かぐや姫は天子の求婚を振り切るため
岩窟に隠れ、コノシロ(魚)と綿の実を焼き、
自死したと見せかけつつ、富士山頂の岩窟に身を隠す。
やがて人々は、そんなかぐや姫を「浅間大神」と呼び、
富士山のご神体と信ずるようになった。〜

では、かぐや姫とはいったい誰なのか。
それは、浅間大社代々の大宮司だったという
富士氏(和邇氏)の系譜にいる姫に違いない…。


遅まきながら、見逃していたコレを見なくては。
↓ もちろんスタジオジブリの『かぐや姫の物語』。
a0300530_17252595.jpg

by utoutou | 2015-03-10 20:06 | 神社 | Trackback | Comments(0)

富士山本宮浅間大社 5⃣ 野の神は月の神

『古事記』では野椎神(のづちのかみ、野の神)
『日本書紀』では鹿屋野比売神(かやのひめかみ)と呼ばれる
木花咲耶姫の母神について、語り部はこう言った。
「久高島に関係の深い女神ではないかと思う」と。


久高島はさておき、木花咲耶姫命を祀る浅間大社には合祀
されるべきとも思うが、なぜその母神は祀られずにきたのか。
a0300530_103614.png



ただし、その母神にちなむ「萱」の祭祀は各地に残る。
神名にある「カヤ」は萱(茅)の表記に違いなく、
厄除け魔除けの効能は、全国の神社で夏や冬の祓い
として行われる「茅の輪くぐり」に使われることで分かる。

沖縄では、茅は日常生活にも重用されている。
ススキの葉を束ねて「サン」という呪具を作るのだ。
先を十字に結ぶためアザカ(十字型の魔除け)の一種とされ、
神仏への供物、食物、弁当などの上に置いて使われる。

大きいサイズのものは特に「ゲーン」と呼ばれ、
家、田畑、農作物などを保護する魔除けとして使われる。

また、安産を願う「葺不合(フキアエズ)」の風習
について記したミントン古伝
を見ても、萱(茅)は重要な役割を持つが、
その理由は、月と呼応する植物であるという点だ。

過日、語り部はこうも言った。
「旧暦8月15日の祭り・十五夜(ジューグーヤー)に
ススキを飾るのも、鹿屋野比売神との関係からだ」と。

沖縄では十五夜に、ススキとともにフチャギ餅を供えるが、
フチャギとは、餅に煮赤豆を隙間なく付けて丸めたもの。
これには、子孫繁栄の願いが込められている。
萱(植物)は月の力を借りて、世の繁栄を司るのである。


↓ 浅間大社の本殿を裏手から見上げる。
こちらは萱葺きならぬ檜皮葺き。
a0300530_7271711.jpg


語り部はこうも言っていた。
「木花咲耶姫が子宝と安産の神と呼ばれたのは、
鹿屋野比売神の神魂を受け継いでいるからです。
つまり、木花咲耶姫も月の神でもあるということ…」
なるほど…。
「だから、木花咲耶姫は酒解子神とも呼ばれたのですね」

そのことは、
イザイホーの最終演目「桶廻り(グゥキマーイ)」
で歌われるティルル(神歌)の最後にも見える。
〜マチヌシュラウヤサメー(月の御神様)が
管掌している、神酒(みき)〜(現代語訳)と、歌われる。


浅間大社の絵馬。
赤丸の絵柄はもしや太陽ではなく、月?
と妄想にかられるのも、久高島で「月の神」の色は赤だからだ。
a0300530_7211114.png

赤は女神の色、そして月神の色。
久高島では、十五夜を、
外間殿にアカヤミョーブ(赤い天幕)を下げて祝う。

あれやこれや連想して、ようやく
語り部の言わんとすることが、導き出されてきた。

鹿屋野比売神とは、久高島のアカララキのことか?
アカララキとは「=曉の御嶽」とされるいっぽう、
「アカ=赤く美しい」+「ラ=接尾語」とも言われ、
必ずしも「太陽の御嶽」を意味するわけではない。
つまりアカララキとは「美しい御嶽」とも解ける。

琉球王府の聞得大君が久高島に上陸して
初めて拝むのが、アカララキの祭神である。
それは月の神・鹿屋野比売神であり、
縄文の女神・瀬織津姫のことではないか。

さて、語り部はどう答えるだろうか…。

by utoutou | 2015-03-08 15:12 | 神社 | Trackback | Comments(0)

富士山本宮浅間大社 6⃣ 木の花は梅の花

富士宮の浅間大社に参ってから、20日も経つが、
何げに撮った2枚の写真が、ずっと気にかかっていた。
上の富士山は、浅間大社の西楼門に飾られていた水彩画。
寄贈された、現代の作品のようだった。
下の富士山は、第一鳥居の駐車場から撮った1枚。
a0300530_7552930.jpg
上下の写真を見比べてつくづくと、
冬から桜の季節まで変わらない富士山の雪深さを想う。
そして、ある歌を思い出さずにはいられなかった。
沖縄の古典音楽『四季口説(しきくどぅち)』だ。
a0300530_7555393.jpg
『四季口説(しきくどぅち)』は、
本土の四季を綴ったと言われる琉球舞踊曲。
江戸時代に本土から伝わったものと言われ、
(よって語調が七五調の和文形式)
現在でも、若衆踊りの伴奏などで歌われる。


『四季口説』
一、さてもめでたや新玉の 春は心も若がえて 
四方の山辺の花盛り
(囃子)長閑なる代の春を告げ来る深山鶯
二、夏は岩間を伝え来て 滝つふもとに立ち寄れば 
暑さ忘れて面白や
(囃子)風も涼しく袖に通ひて夏もよそなる山の下蔭
三、秋は尾花が打ちまねく 園のまがきに咲く菊の 
花の色々珍らしや
(囃子)錦さらさと思ふばかりに秋の野原は千草色めく
四、冬は霰の音添えて 軒端の梅の初花の 
色香も深く愛であかぬ
(囃子)花か雪かといかで見わけん
雪の降る枝に咲くや木の花


以前から、歌詞四番の2ヶ所に首を傾げていた。
〜冬は霰の音添えて 軒端の梅の初花
雪の降る枝に咲くや木の花 

このくだりは木花咲耶姫を歌ったものとして、
皇室関係の方々が来沖の際には披露するのだと、
古典舞踊家の人に聞いたことがあるが、
ではどうして「木の花」が桜でなく梅なのか。


沖縄舞踊『四季口説(しきくどぅち)』
(沖縄県立芸術大学HPから拝借した)
a0300530_7575243.jpg

木の花とは古来、梅と桜の両方を指すというが、
木花咲耶姫命を祀る浅間神社の神木が桜
であることは、全国津々浦々で通用する常識だ。

↓浅間大社の湧玉池と桜の木と富士山。
a0300530_7582590.jpg

その疑問は、語り部の一言であっさり解けた。
「浅間大社の奥宮である富士山頂上の久須志神社
の御神木は梅だと、昔の神女たちに聞きましたよ」
「桜じゃないんですか?」
「明治に入るまで、久須志神社は薬師堂といって、
梅の花を持った観音様が祀られていたそうです」

調べると確かに、浅間大社の桜の大半を占める
ソメイヨシノは、幕末生まれの新種だった。

以下、小川和佑氏著
『桜と日本人』('93年、慎重選書)より抜粋引用。
〜ソメイヨシノとは、オオシマザクラと
エドヒガンザクラの自然交配で生まれた園芸品種。
近世末期の江戸で生まれ、爆発的な人気を呼んだ。
いわば、文明開化の流行の花だった〜

木の花はソメイヨシノではない。
ならば、江戸時代に流行った『四季口説』
の梅も、決して変な話ではないことになる。

さらに語り部は驚くべきことを言った。
「あの木花咲耶姫の母・鹿屋野姫は、
梅の花の咲く久須志神社に封印された
のだと思います。つまり富士山に…」




by utoutou | 2015-03-07 22:03 | 神社 | Trackback | Comments(0)

富士山本宮浅間大社 4⃣ 木花咲耶姫の母神

富士山本宮浅間神社の祭神は、木花咲耶姫命。
その母神は鹿屋野比売神(かやのひめかみ)、
亦の名を野椎神(のづちのかみ)という。

大山祇神の妃、木花咲耶姫命の母、
そして天皇家の外戚にあたるというのに、
鹿屋野比売神は記紀では、どこか影が薄い。
祭る神社は萱津神社(愛知県あま市)で、
本邦唯一の「漬け物神社」として、境内には漬物を納める
「香物殿」があり、全国の漬物業者から崇敬が篤いという。

「木花咲耶姫命の母は誰ですか?」
語り部からそんな難問が出るときは、
新しい発見への扉が開くとき。
経験からそうは知っているが、うーん…。
「漬け物の神様」とは、正直ちょっと唸った。
はたして、アマミキヨと深い関係があるのか?


こちら浅間大社境内、富士山の霊水が湧き出る湧玉池。
丹塗りの太鼓橋を挟んで、稲荷社と厳島神社がある。
もしや、この2社も鹿屋野比売神に関係があるのか。
a0300530_1742638.jpg


浅間大社の境内MAP。稲荷社と厳島神社は神幸橋に、
まるで橋渡しされるように鎮座するのには、どんな意図が?
a0300530_1754173.jpg



語り部は言った。
「鹿屋野姫が猿田彦と関係があるように思えてならんのです」
語り部は、猿田彦の源像を久高島に見ている。
まさか。
「では、五穀の壷と関係があると?」
「はい、そう思うんです」
島の伝説では、始祖夫婦が伊敷浜に流れ着いた壷を拾う。

それは「マナの壷」と考えられないか。
沖縄の風習に旧約聖書との類似を見る向きは、そう解釈する。

しかし同じ壷でも、五穀と漬け物がどう繫がるのか。
語り部は言った。
「木花咲耶姫命の造った酒の入れ物は?」
「それは壷、口噛み酒は噛んで壷に出します」
「漬物と酒はどちらも発酵、醸造に関係します。
 つまり鹿屋野比売神は、種を万倍にする種の神です」
 
なるほど醸す…酒…。あっと思う。
「醸す」とは「産む」こと。そして、
古語で「酉」とは、壷を意味した。
「久高島の五穀の壷」伝説を超訳すれば
「マナの壷を運んだ酉の一族」に繫がる?

そして、酉=鳥となると思い浮かぶのは、
天白鳥となったヤマトタケル。
『日本書記』では日本武尊、
『古事記』では倭健命。
実は最近、語り部の口からよくこの名が出ていた。

語り部は言った。
「酒折神社というのが山梨県にありますか?」
「また“酒”ですね」
と言ったはいいが、由緒を知らないので調べる。
「ありました。祭神はヤマトタケルです。
そして、ヤマトタケルは東征の際、萱津神社に立ち寄ったと」
「はい、鹿屋野比売神とヤマトタケルには深い関係があります」

思えば、萱津神社の鎮座する地は、かつて海部郡といった。
海人族の里である。
鹿屋野姫に繫がる属性は古代海人族か。つづく…。


湧玉池に鎮座する浅間大社の末社・厳島神社。
祭神は宗像三女神。
鹿屋野姫、木花咲耶姫とともに、縄文の女神たちである。
a0300530_1741516.jpg

↓こちら、湧玉池のほとりに建つ浅間大社の末社・稲荷社。
祭神は宇迦之御魂神、大宮能売神、猿田毘古神。
a0300530_17501596.png

by utoutou | 2015-03-01 09:52 | 神社 | Trackback | Comments(0)