玉城に呼ばれた男〜1977〈2〉忘れられた御嶽

9月16日(旧暦8月12日)、久高島にいた。
八月祭りの最終日。
テーラーガーミ(太陽神の祭り、50歳から70歳の男性が参加)
は15時からの予定だったので、朝の船で本島に出た。
午前中いっぱい御嶽廻りをしても、テーラーガーミには十分間に合う。
さて、どこを回ろうか?

安座真港に停めたレンタカーに乗った途端、行き先は決まった。
国道331号線を南下して薮薩の御嶽(やぶさつのうたき)へ。
琉球王府の正史によれば、琉球七御嶽のひとつ。
神女のウメおばあによれば、琉球最古の御嶽。
14歳のサトシ少年が、最初に案内されたのがこの御嶽だった。


薮薩の御嶽。うちなー口では「やふぁさちのうたき」。
御嶽の先は崖。手前の広場はカフェ「やぶさち」の駐車場。
車が隙間なく並ぶランチタイムには間がある。カフェはサトシ少年が
初めて来た当時にはなく、背丈以上ある草木を掻き分けて歩いたという。
a0300530_9393084.jpg


朝9時前、御嶽に入った。
木漏れ日が可愛く揺れる、誰もいない聖なる森。のはずが、
先客がいた。聞けば我那覇麗愛(がなは・れな)さんという。
「3ヶ月前から御嶽廻りを。きょうは初めてここに」と。
聖地に呼ばれた人。彼女もスピリチュアルな道に進むらしい。
「これからの人生、御嶽で神々を鎮めて歩きたい。今とても幸せ」
と、ピュアな笑顔。

36年前のその日、サトシ少年も幸せを噛みしめていたに違いない。
彼女と意味は違っても。何年も自分を苦しめた夢。
その謎が解明されるときは、刻々と近づいていた。
「声」が語りかけていた。次はヤファサチノウタキへ、と。

「おばあ、ヤファサチノウタキというのはどこ? そこに行けって」
驚いたのはウメおばあ。サトシ少年の手を引くと黙々と歩き始めた。

百名のバス停を海方向へ曲がり、細いワイトイ道(切り通し道)を下る。
現在ある団地の建物はなく、道なき道を、鎌で草木を切り倒しながら。
そして、薮薩の御嶽(やぶさつのうたき)に。
ウメおばあが香炉に向って拝むと、サトシ少年もその所作にならった。

「このヤファサチは、とても肝心なところだよ」と、ウメおばあ。
「声」がまた、サトシ少年に語りかけたという。
「ここは、百名の古島(ふるしま)。ウサチミントン」

「おばあ、古島とか、ウサチミントンとも言うんだって」
「そうだよ。最初にできた集落のことだねえ。
あいえなー、うすりいっちょーいびん(たいへん畏れ多いことです)」
 ウメおばあは、かしこまって一礼した。
「ウサチって、何?」
サトシ少年は神託の意味を問うた。
「ウサチとは、御先と書く。何千年も前ってことさ」
「へえ、そんなに古い場所なんだね」

薮薩の御嶽の左手眼下には、久高島の始祖ファガナシーとシラタル夫婦
が船出した水堅浜(みでぃきんぬはま)が見える。
陸続きの島(手前)はアージ島。水平線に浮く久高島が遠望できる。
a0300530_1632514.jpg


ウメおばあは、サトシ少年を諭すように言った。
「薮薩の御嶽と斎場御嶽は一対だよ。でも最初に拝むのはここ。
斎場御嶽だけ拝んでも弥勒世(みるくゆー、平和な世)は開かない」
渡来したアマミキヨを鎮めるための参拝には順序があるのだと。
「そして、ほら、そこの海に立っているのが、ヤハラヅカサだよ」
「知ってる。海に立っている石でしょ」サトシ少年は歓喜した。

薮薩の御嶽からヤハラヅカサの海を見る。環状の列石はストーンサークル
だと、与那国海底遺跡の調査で知られる木村政昭琉大教授は言った。
古代、ヤハラヅカサはその真ん中に? 現在は右端にある(尖った石)。
a0300530_16254475.jpg


翌日、那覇で会った宮里さんは言った。
「当時は、薮薩の御嶽からヤハラヅカサへと下る道もあったんです。
薮薩の御嶽から歩いてヤハラヅカサが見えたとき、私は叫んでました。
この海だ、この海だ、自分が見たのは絶対にここである(笑)。
天も地も自分のものかと思うほど嬉しかった」

36年の歳月が流れたが、宮里さんへの「声」は止まない。
先日も「薮薩の御嶽」と聞こえ、この地を訪れた宮里さんは新発見をした。

「薮薩の御嶽の中に空洞を見つけたんです。下り口でした。
少し下ると、大きなガマ(洞穴)の遺跡があるのが分かった。
「アマミキヨが住んでいた古島ということですか?」
私の胸は、高鳴った。

何千年かの歳月を経て、今は忘れられた御嶽。
アマミキヨが仮住まいした所は、歴史書にある浜川御嶽だけではない。
アマミキヨ(族)は分散して住んだ? 次回の旅では、そこへ行こう。


国道331号にかかる下田高架橋。橋がなかった時代は、
集落から海へ、また集落へと道を「縦移動」したが、今は車で「横移動」。
a0300530_9424966.jpg

# by utoutou | 2013-09-19 20:59 | 語り部 | Trackback | Comments(0)