玉城に呼ばれた男〜1977〈1〉

宮里聡さんは、どのような経緯で玉城に呼ばれたのか。

1977(昭和52)年。宮里さんが14歳、中学2年生だった夏のこと。
干支でいえば三巡り前の巳の年。今から36年前、
サトシ少年はアマミキヨにゆかりの聖地・玉城に辿り着いた。

聖地が人を呼ぶのか? と、私は正直最初は思った。
しかし、イザイホーでも永遠の魂の再生(魂替え=タマガエー)
を祭祀の中心としていたように、神々が今なお御嶽に滞留している
というのが沖縄の、いや、古代日本人の神観念だった。
そして大地、海、風、星々が神だったことを思えば、不思議な話ではない。

さて、生まれつき霊能力の強かったサトシ少年にとって、
玉城の百名は約束の地。夜な夜な夢で集落の風景を見せられ、
「ここへ行け」との神からの託宣は繰り返されたという。

しかし、その集落が沖縄のどこにあるのかが、分からなかった。
位置を知らされないまま「早くそこへ行け」との神託は続いた。

神様はこうして人を試すものなのか、サトシ少年は夢にうなされ続けた。
その孤独で長く続いた神との戦いについては、後に記すとして、
サトシ少年を脅かした神託は、やがて決着のときを迎える。

衰弱して入院していた中2のとき、メッセージが下ったという。
「新原海岸に近い百名に、屋号・新門(みーじょう)を継いだ
上之当(いいのあたい)という屋号の家がある。
カミナームイ(神の森)と、カミナーグムイ(神の池)があるのが目印。
そこにウメという亥年のおばあさんがいるから、訪ねなさい」
「でも、その家をどうやって探すの?」
サトシ少年が聞くと、夢の声は告げた。
「病院で会うフミというおばさんに教えてもらいなさい」と。

サトシ少年が辿り着いた百名のバス停(現在)。
那覇から来たサトシ少年は、ここで降り、ウメおばあと出会った。
a0300530_12264798.jpg


百名に着くと、畑の中の一本道に建つ家の前におばあが立っていた。
クバ傘を被り、タオルを首にかけ、カマを持っている。
サトシ少年は、泣きながら突進したという。
「このおばあである、このおばあである……」
驚いたウメおばあは言った。
「あんた、どこの子ども? なんでこんなして歩いている?」
それがふたりの出会いだった。サトシ少年は確かめるように聞く。
「おばあさんのところは、上之当(いいのあたい)というの?」
「やんどー(そうだよ)」
「新門(みーじょう)ってなんのこと?」
「新門というのは玉城天孫氏を祀ってある家のことだよ。
玉城の大きい根所(にーどぅくる)のひとつ。とにかく入りなさい。
あんたは生まれ(徳の高い生まれ)を持っている子だ」

ウメおばあは「玉城天孫氏」の祖先を祀る神女(かみんちゅ)だった。
それは英祖王を初代とする王統。そしてアマミキヨの末裔。
神壇に挨拶を済ますと、サトシ少年はウメおばあに聞いた。
「薮薩の御嶽って、近くにあるの? そこへ行けって言われたよ」

新原海岸。
ヤハラヅカサのある百名海岸からここまで約2㎞、白砂の浜辺が続く。
当時から海水浴場として人気。
a0300530_12314184.jpg


久高島の秘祭イザイホーが途絶えたのは、翌78年。
その年、玉城にあった米軍基地の跡地に琉球ゴルフ倶楽部がオープンした。
沖縄本土復帰から6年。車の左側通行が右側に変更になったのもその年。
新時代に逆行するように、サトシ少年の御嶽廻り(たきまーい)は始まった。

語り部・宮里聡さん(現在)と筆者(右)。玉城『天空の茶屋』にて。
a0300530_12302199.jpg

# by utoutou | 2013-09-15 10:26 | 語り部 | Trackback | Comments(4)