六甲山と瀬織津姫 104 サムハラと渡来人

サムハラ神社・奥の院は、
岡山県津山市加茂町の日詰山の中腹にある。その
山頂に築かれた落合城(亦名は百々城、1581年築城)
に、サムハラと刻まれた石碑があったという。
それ以前の謂れは、いまのところ分かっていない。


城址のある日詰山の山頂から、旧名・美作加茂町を一望。
巨大な階段の展望台があったが、登らなくても眺望はよく、
加茂町の南部にあたるここからは、地勢がよく分かった。
a0300530_16390605.jpg




↓こちらは、加茂町歴史民俗資料館にあったジオラマ。
資料館には町随一の万燈山古墳について知るべく訪れた。
赤の矢印は当方の加工で、下のがサムハラ神社のある
日詰山、上が万燈山古墳のある塔中(たっちゅう)集落。
古墳は、町の東を流れる加茂川と、西を流れる倉見川に
挟まれた丘陵の先端に、6世紀後半に築かれた。
a0300530_16392538.jpg




万燈山古墳。
直径24m、高さ4mの円墳。築造された6世紀後半
から7世紀はじめまで22体もの追葬が行われたといい、
南(写真左)に大型横穴式石室の開口部がある。
a0300530_08302492.jpg




美作最大の規模である玄室は、幅2.2m、奥行き6.6m。
傍の説明板によると、天井には巨大な花崗岩を8個使用。
出土品は、金環、勾玉、直刀、鉄鏃、土師器、須恵器、
高杯、祭具、大甕、そして鉄滓など多数。
近くで農作業していた古老は、「これは王の墓」と言った。
a0300530_09252534.jpg





資料館でしばし見とれた、万燈山古墳から出た馬具。
資料館の天井のライトが写り込んでいるが、馬具の
金張りには1400年の歴史時間を感じさせない色艶があった。
a0300530_09334458.jpg





万燈山古墳に葬られた「王」の経済力を物語る出土品の
極め付けがこちらの土師質亀甲型陶棺(6世紀後半)。
石室内部には、石棺(1)、木棺(7)もあったが、
最大の特徴である陶棺(1)には、3体が合葬されていた。
身と蓋は2分割式。18本の足を持つ姿は、まさしく「亀」。
a0300530_16394598.jpg




土師質亀甲型陶棺は、吉備王家の繁栄した古墳時代、
 吉備の東北部である後の美作だけに集中して作られた。
その特殊な事情について、真壁忠彦氏は著書
『古代吉備王国の謎』で、次のように推理した。以下要約。

☆美作には大和王権の屯倉(みやけ、直轄領)があった。
☆中央に直接従属して鉄生産に関わる人々が多かったか。
☆土師式陶棺は、製鉄のための製鉄炉で焼かれたのでは。


美作国の前身は、『日本書紀』が欽明16(555年)
に置かれたと記す白猪(しらい)の屯倉と言われる。
美作が鉄生産に関わる朝廷の直轄領であったことは、
大量の鉄滓が出土していることからも明らかだという。

資料館で見た古墳とたたらの分布図によれば、加茂にも
古墳は24基、たたら遺跡や遺物散布地は125ケ所ある。
屯倉に役人が派遣された、6世紀後半に陶棺は作られた。



資料館に、こんな一文があった。
〜古来、加茂の原動力は鉄と木材だった。
万灯山古墳の被葬者は、鉄を握った首長だった。〜
a0300530_16395669.jpg



その「鉄を握った首長」とは誰だったか…。
白猪屯倉の管理に携わった人物に、百済系渡来人
の白猪臣がいたという。白猪屯倉は複数ヶ所あったとも。

もし陶棺が作られたこの加茂の地が大和朝廷の直轄領で、
渡来人がいたとするなら、彼らがサムハラの護符を定着
させたとも考えられるのではないだろうか。

古代韓国語で
「サム」は「生きる」、「ハラ」は「しなさい」。
「サムハラ」は「生きなさい」の意味になるという。






















# by utoutou | 2017-04-30 20:22 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(2)