人気ブログランキング |

六甲山と瀬織津姫 266 裏六甲へ行く

海神社(神戸市垂水区)は日向大明神とも
呼ばれたという。祀ったのは海人族の安曇氏か。
そして、どうやら三輪山でも日向の神を祀った。

その三輪山へと展開する前に、「赤石」の話を。
先日「明石は赤石」と私見を書いたら、実際、
その伝承を残す神社があるとコメントを頂いた。

明石市最古の神社・林神社(明石市林)が伝える
「赤石伝説」が、明石の地名発祥の由来であると。
〜赤石の上に少童海神(わたつみのかみ)が顕れたが、
成務天皇の時代、海に沈んだので社を創祀した〜

赤石とは花崗岩のこと…と思うが、確証はない。
が「赤石伝説」は林神社だけでなく、市内の
岩屋神社(明石市材木町)にも残っていた。

林神社と同じ成務天皇の時代の伝説という。
〜淡路島・岩屋から蛭子大神を勧請する際、波高く
難航したが、赤石海岸で祈願して事なきを得た〜


淡路島から明石方面(写真左)を遠望。
いまは淡路島・岩屋から、明石港の岩屋まで、
明石海峡大橋をくぐるジェノバラインで20分。
a0300530_08245466.jpg




さて、
明石川の東にある岩屋神社と、西の林神社。
いずれも創祀は成務天皇の頃という古社だが、
両社に残る赤石伝説は、赤石(明石)川河口が、
当時から海運・水運の要所だったことを物語る。

語り部も言っていた。
「海神社は元々、赤石の海岸にあったと思います」

ならば、明石川を遡った海人族がいたはずだ。
源流の藍那(あいな、神戸市北区山田町藍那)へ。


そこまで考えて、あーーっと、気がつく。
あの淡路島から海神社へ行った日の夕方、
実は、裏六甲にある藍那の近くへも訪れていた。
丹生神社。鳥居の中の左端に写る丹生山に鎮座。
こちら藍那古道に立つ鳥居(神戸市北区山田町坂本)。
a0300530_12004236.jpg





鳥居近くの立札に、藍那方向を示す矢印を見た。
a0300530_10320798.jpg





↓ 藍那古道地図。神戸電鉄サイトより拝借。
明石川の源流域となる藍那は、右下あたり。

また左下、藍那古道のもういっぽうの始点は
神戸電鉄栄駅あたりとなるが、次の駅は木幡、
さらに次は木津。そのあたり、明石川の上流域
に、最古の「丹生族」の痕跡が残っている…。

a0300530_11362788.png



# by utoutou | 2019-10-17 18:39 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)