人気ブログランキング | 話題のタグを見る

神女(かみんちゅ)おばあの遺言

満員御礼。
6月27日(金)の宮里聡さん「お話し会」@天空の茶屋。
大勢の皆様にお越しいただき、ありがとうございました。

お話のはじまりはいつも玉城の神女(かみんちゅ)おばあのこと。
「玉城百名に大城ウメという亥年のおばあさんを訪ねなさい」
という神託を受けて玉城に辿り着いたのは14歳の夏で…。

その出会いについては既に書いたが、昨日のお話も、そこから
玉城のヤファサチの御嶽、ミントングスク…へと、少年時代の足跡を辿りつつ展開した。

神女のウメおばあが祀った祖先は玉城天孫氏(大城拝所は現在も百名にある)。
戦前に途絶した旧家、屋号アマスの分家である新門(みーじょー)の神女だった。
アマスとは、天祖、阿摩祖、天須、天主などと表記されるミントン門中の旧家である。

宮里少年がウメおばあと出会ったのは、沖縄が「本土返還」されて7年後の1979年。
久高島の古祭・イザイホーが、神女になる後継者不足のため途絶えたのは前年のことだった。
その年、玉城にあった米軍基地(CIA基地)の返還跡地に、琉球ゴルフ倶楽部がオープン。

琉球開闢の地に訪れた戦後新時代に逆行するかのように、ふたりの御嶽廻りは始まり、
神女から少年へ、玉城の口伝が始まった。とはいえ、
ウメおばあは積極的に語ったわけではなかったらしい。時代が変わっても、
まだ「天孫」を口にすることはタブーだったようだ。
そしてウメさんは語り部に何篇も釘を刺した。「サトシや、他言するなよ」と。

出会った翌年、
新聞が連載した位牌(とーとーめ)継承問題をきっかけに「ユタ排斥運動」が起こる。
ユタとは職業的な霊能者のこと。神女はそれと一線を画すとはいえ、当時、
御嶽廻りすらも古い因習と見なされ、周囲の視線は今ほど優しいものではなかった。

「おばあ、他言じゃないよ、言わなきゃダメでしょ、本当の歴史が消えてしまうよ」
と反発した話は昨日も本人の口から語られたが、皇国教育を受けたウメさんは言った。
「触らぬ神に祟りなし。神様には、お鎮まりくださいと、お祈りすればいいんだ」
が、ウメおばあの遺言にあらがうように、語り部は琉球開闢の地「玉城」を語り続ける。

さて、昨日のお話し会。
ひとりの少年が最前列にいた。体育会座りで、語り部の話にしきりと頷いている。
次世代の語り部たちが、こうして一人また一人と、誕生しているのかもれしない。
さて、私はまた久高島へ渡ろう。
イザイホーが終焉してちょうど3廻り目の午年。古代祭が現代まで続いた理由を探しに。


お話し会が終わって夕方。天空の茶屋の裏庭に二脚の椅子。
また、わったー(私)の話か…と、生きていれば百歳を越える神女のウメおばあは苦笑していたかも。
神女(かみんちゅ)おばあの遺言_a0300530_1492638.jpg



刻々と移ろう東方(あがりかた)の夕空を見る。
のんびりと流れている吹き出し雲?にが来た…と、浮き出ているように見えた。
神女(かみんちゅ)おばあの遺言_a0300530_150764.png



天空の茶屋「さちばるの庭」からの眺め。
綾なす雲にも夏の気配。東南の空を染める夕焼けに、突き抜けた晴れがましさを感じる。
神女(かみんちゅ)おばあの遺言_a0300530_1503277.jpg

by utoutou | 2014-06-28 11:02 | 語り部 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/19943376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kisaragi-14 at 2014-06-30 14:13 x
毎々、楽しみに興味深く拝読させていただいています。
27日のお話会には、たくさんの方が集まられて、よかったですね。
私もお聞きしたかったのですが、一週間前に天空の茶屋さんやさちばるの宿のオーナーNご夫妻にお会いしたばかりで…さすがに、渡沖ができず、次回のお話会には是非参加したいと思っています。ブログに書かれていた大里城址公園、チチンガーをたずねてみました。大里地区にもたくさんの御嶽が点在しているのですね。出雲との関わりにも驚きました。
Commented by utoutou at 2014-07-01 12:24
ありがとうございます。そうだったのですね。Nさんにチチンガーに行ったお話をちょうど聞いておりました。月の神様…今回、私もそれを受けて久高島で東大主(あがりうふぬし=太陽の神様)を感じてきました。そのお話はまた近々ブログで…。次回のお話し会は夏。またお知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたします。 
Commented by kisaragi-14 at 2014-07-02 14:41 x
ありがとうございます。次回のお話会を心待ちにしています。
久高島の東大主=太陽神、過去のブログを拝見していますと、アグルラキの洞窟神殿についての中で、男神・天照大神か…とありますが、長年、女神として意識づけられてきたので、何か気になり、古代の祭祀や神話を読み直すきっかけになりました。
久高島の東大主のお話、ワクワクしながら、お待ちしています。


Commented at 2017-01-08 23:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-01-09 11:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 久高島の夜明け〈1〉天祖を探せ 夏を待つ、ヒコとヒメの海 >>