人気ブログランキング |

稲作と竜神 1⃣ 春分の日

春分の日だった昨日、朝6時44分。
沖縄久高島・伊敷浜の朝日。
春靄のかかった曇り空の奥には、
しかし澄んだ青空が見えた。
a0300530_8272564.jpg



その前日、東京から沖縄に着いた。
久高島に渡る前に立ち寄ったのは、空港から
車で走ること40分の受水走水(うきんじゃはいんじゅ)。
南城市玉城百名にある沖縄稲作の発祥の地である。

この地で古くから伝わる恒例の「親田御願」神事
は、今年も初午の日(2月24日)に行われたが、
それから約1ヶ月、稲の育ちはどんな具合だろうか。


こちらが親田(右)の現況。親田の稲は20㎝ほど伸長していた。
a0300530_952859.jpg


さて、古くから伝わる「親田御願
(うぇーだのうがん)」で謳われる田植え歌
『天親田(あまうえーだ)のクウェーナ』には、
日本神話に伝わる神々が登場する。

神名は同じではないが、少なくともその語源は、
豊作を予祝いする歌詞に、隠されていると思う。
「沖縄は日本の故郷」との仮説に立つと、そうなる。

無論、過去にそんな学説はないし、そう言えば、
那覇に着いた足で県立図書館に寄ってみたのだったが、
『天親田(あまうえーだ)のクウェーナ』に関する
史料も、現代語訳も見当たらなかった…。


↓ 稲魂の聖地・受水走水の全景。左が
受水(うきんじゅ)と御穂田(みーふーだ)、
右にあるのが、走水(はいんじゅ)と親田。
受水走水はいずれも河口で、拝顔の順番は走水、受水。
走水に座す神は、水の女神・瀬織津姫だろうと最近悟った。
a0300530_955825.jpg

by utoutou | 2015-03-22 13:53 | 玉城 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/21029699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-03-23 05:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utoutou at 2015-03-25 01:55
美沙ちゃん コメントありがとうございます。返信が遅くなりましたが、そうですね、受水走水の音、私も大好きです。

ここで、三穂津姫の話を思い出してました。唐突ですが、美沙ちゃん、ごはんパンを作ってみてはいかが? 
Commented at 2015-03-25 14:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utoutou at 2015-03-26 16:28
そ〜ね〜、米粉パンがよいのでは〜? 
名前はやっぱり「三穂津姫」かな。笑
Commented at 2015-03-26 20:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 稲作と龍神 2⃣ 琉球の大水田地帯 富士山本宮浅間大社[11]スサ... >>