六甲山と瀬織津姫 152 天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊〈4〉

ヤマトへ東征したと語り部の言うセーナナー
とは、饒速日尊の率いる船団に供奉した人々。
淀川を遡った後、「イカルガへ行った」と神託が
あったとのことだが、さて、これをどう紐解く…?

もちろん『日本書紀』などによれば、饒速日尊の
一行は、天磐船に乗り、現在磐座神社のある河内
 の河上に天降りた後、大和(奈良)に移ったというが、
その後、供奉衆はどこへ行ったかと神は問うている?

そもそも、
イカルガとはいったい全国のどこを指すのか。
まずは、法隆寺のある奈良県生駒郡斑鳩町が思い
 浮かぶが、イカルガは兵庫県や京都府などにある。

難題ではあったが、語り部からヒントになる話も。
「一族は、河内の河上から大和へ、そしてイカルガへ
行ったものの、再び戻って来たように視えます」
「饒速日尊のお供だった肩野物部氏は、移動したと?」
「河内に戻ったのは、大化の改新の前後のようです」
「なら、イカルガとは、聖徳太子の斑鳩の里ですね」
そのように、私には思われた。


10月8日(日)に拝観した法隆寺・夢殿(斑鳩町)。
a0300530_10550697.jpg




託宣にあったイカルガとは、斑鳩の里だろう。
饒速日尊が淀川を遡り河内の河上まで来た後に
大和へ南下したのだから、肩野物部氏も同伴して
生駒山地沿いに南下したと考えるのが自然だろう。
または、いったん大和へ行った後に斑鳩入りしたか…。



河内河上の位置は、↓「生駒山」の文字あたり。
南下すると斑鳩の里に近くが、そこは飛鳥への経路。
(NHK『歴史秘話ヒストリア 聖徳太子の棺』より拝借)
a0300530_11045728.jpg




では、「大化の改新」の頃にUターンしたとは?
大化の改新で天皇の宮は飛鳥から難波に移り、
政治の担い手は蘇我氏ら豪族から天皇へと転換した。
 物部氏は藤原勢力によって斑鳩を追われたのでは…。

そう言えば、語り部とはこんな会話もしていた。
「イカルガに、古い神社がありませんか?」
「それなら知っています。斑鳩神社がありますよ」


斑鳩神社(天満宮)のことは、法隆寺で知った。
私が訪れたのは偶然にも17年の秋祭りの日(本宮)。
夢殿(写真右奥)を見終えて歩いていると、南大門
と東大門の間を、5台の神輿が勇壮に往復していた。
a0300530_08175487.jpg



静謐な法隆寺の境内を、太鼓を激しく打ち鳴らして
神輿(布団太鼓)が練り歩く、斑鳩の地主神の秋祭り。
「大昔からのお祭り」と、担ぎ手の氏子さんも言った。
a0300530_08171764.jpg




法隆寺の鬼門(東北)に守護神として鎮座する
斑鳩天満宮(公式HPはなく『人文研究見聞録』で学習)。
主祭神は菅原道眞、創建はその後裔による。地主社に
伊香流我伊香志古男命(いかるがいかしおのみこと)を祀る。

地主神の名はイカルガ…。伊香に流れた我…?
そのとき、磐船神社の由緒で見た神名を思い出した。

肩野物部氏の祖として、次の名前が記されている。
饒速日命六世孫・伊香色雄命(いかがしこおのみこと)。
斑鳩の地主神・伊香流我と同じ「伊香」ではないか!?




by utoutou | 2017-12-28 17:31 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/238121555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 六甲山と瀬織津姫 153 天照... 六甲山と瀬織津姫 151 天照... >>