六甲山と瀬織津姫 165 スサノオの御霊

綱敷天満神社(神戸市東灘区御影)の北に位置する
桜ヶ丘(神岡)からは銅鐸14個と銅戈7本が出たという。
何度か六甲山に行き神社や磐座を歩いたが、銅鐸出土地
に足を伸ばしていなかったのは、ちょっと残念…。

さて、六甲山麓における銅鐸出土地を知るなかで、
祭祀的な、あるいはアマミキヨ的な視点から、興味
を抱いたのは、銅鐸の模様や埋蔵場所の比較だった。

例えば、桜ヶ丘銅鐸の出土地から坊主山(376m)を
挟み約2kmの東には渦が森という銅鐸出土地があるが、
それぞれの銅鐸に刻まれた模様はかなり違っている。
桜ヶ丘は「人や家」など、渦が森は全面に「渦」が並ぶ。

反対に、出土地の標高は240mと同じ。坊主山の
東西に埋蔵されていた2種類の銅鐸は、何を語るのか。
私には、高地性集落の「輪」があったように思えるが、
では、集落(国々)を束ねた首長は誰だったのか?
など、興味は尽きない。


渦が森には、本住吉神社の奥宮に参ったことがある。
地元のSさんのご案内で、磐座ツアーの途中で参拝した。
a0300530_17051670.jpg





この本住吉神社の奥宮からは瀬戸内海を見下ろせる。
実際の出土地は少し低地になるらしいが、眺望は良好。
桜ヶ丘銅鐸も同じような眺望の集落に埋まっていたのか?
a0300530_17110420.jpg




いつだったか語り部が言っていた話が甦る。
「六甲山では、海人族が各地に集落をつくっていたと、
またそれぞれに祭祀を司った神女がいたと思います」
つまり、それが瀬織津姫の原像なのだろうと。

吉野裕氏もその著書『風土記世界と鉄王伝説』で、 
そうした巫女たちを「鉄のシャーマン」と呼んだ。

〜倭王卑弥呼が大きな祭祀権を持ち得たのは、彼女が
たんに有能な高級巫女であったというようなこと以上に、
何よりもまず鉄の生産の支配力を左右しうる巫女、
いわば〈鉄のシャーマン〉であったことと深く関係
しているからだろう…(中略)…彼女の巫術のおかげで
鉄(あるいは銅)もよく作ることが出来…その面影は
神功皇后伝説のなかに比較的によく生かされており、 〜

神功皇后の系譜を遡れば、息長水依姫に行きつくが、
さらに遡れば、天御影命、天津彦根命の名が浮かぶ。
天御影命の亦名は天目一箇神、まさに鍛治神なのである。

そして、綱敷天満神社の祭祀を司ったのも、
天津彦根命の代々の子孫と、由緒に記されている。
〜社伝に依りますと「茨城国造となられた天道根命が
祝詞して、竜神岡の天神山に祖神・天穂日命と別雷神
を斎き祀られたのに始まり、天津彦根命に伝えられ、
子孫代々鎮祭す。」とあります。〜

天御影命の神名は、地名・御影の由来かもしれない。


そんな天御御影命の話をしていると、語り部が言った。
「綱敷天満神社の綱打神事に使うという大綱を巻いた
鳥居ですけど、私にはヤマタノオロチにしか見えない」
「六甲山の各地にいた海人族が祀っていた神だと?」
「はい、そうです…」
a0300530_09413000.jpg




天御影命がその霊力を継いだ「神の名はスサノオ
だと、語り部はこれまでも何度か言っていたものだが、
確かに8本の矢が刺さる大綱は、八岐大蛇に見える。
六甲山の海人族を束ねたのはスサノオの御霊(みたま)?



by utoutou | 2018-03-26 20:24 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/238420183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 六甲山と瀬織津姫 166 天御... 六甲山と瀬織津姫 164 銅鐸... >>