六甲山と瀬織津姫 169 たたら製鉄

会下山遺跡(芦屋市三条町)を霊視した語り部が
「たらの芽が山盛りに入った高杯(土器)が視えます」
と言ったとき、私はあるモノを思い浮かべた。
葦原に生える水草(葦、茅、薦)の根の部分に
生成する褐鉄鉱だ。代表的なものは、「高師小僧」
と命名され、愛知県の天然記念物となっている。



文化財ナビ愛知のサイトより拝借した、
豊橋市高師原で生った高師小僧(褐鉄鉱の団塊)。
地下水中の鉄分が水酸化鉄として、水草の根の周りに
管状・紡錘状に沈殿したもの。いわゆる「スズ鉄」。
各地での呼び名に、その形状から「壺石」などもある。
写真左下に数個並ぶ小さいものは、たらの芽のサイズ感。
a0300530_17153482.jpeg





こちら山菜・たらの芽(食彩ネットサイトより拝借)。
語り部の視たたらの芽が入った高杯土器のイメージは、
会下山遺跡でスズ鉄による「たたら製鉄」が行われて
いたことを示唆する神託だったのだろう。
a0300530_17152128.jpeg


翌日、語り部はこんなことも言った。
「くるみが、鈴なりになっているのが視えます」

これも高師小僧(褐鉄鉱の団塊)か。私は言った。
「鈴なりというのは、褐鉄鉱の塊が植物の根に密集する
状態を指すようですから、そのくるみは、やはり
土鈴のように音が鳴る褐鉄鉱を示しているのでは?」


そう言えば、
天河神社(奈良県吉野郡)の神器・五十鈴や、拝殿の
鈴なりの鈴も、スズの生成を祈る神事を象徴している?
スズ鉄は、弥生時代の貴重な産鉄原料だった。
a0300530_18054124.jpg




〜わが国の弥生時代には製鉄は行われていなかった
と考えられているが、鉄は銅を溶解するよりも低温
の700〜800度の熱度で鍛造できたのであるから、
弥生時代にも自然風を利用する露天タタラによって
製鉄が行われていたことは容易に想像できる。〜
※真弓常忠著『古代の鉄と神々』より引用


六甲の会下山に、たたら製鉄の民が住んでいたなら、
8つの炉跡があったという山(前回のブログ)は、
露天タタラの並ぶ製鉄所として機能していたのだろう。

ふと想像した。「鬼に金棒」という諺があるが、
その真意は、鬼をたたら製鉄の民に例えるいっぽう、
スズの塊を金棒に見立て、後世に揶揄したものではないか。
なぜなら「金棒を担いだ鬼」は、産鉄の新技術を持つ渡来民
との戦いに負けて、六甲山から東へ西へと追いやられた…。

カタカムナを持った山男・平十字(ひらとうじ)は、
金鳥山附近で出会った楢崎皐月にこう言ったという。
「我々アシア族は、天皇家の祖先に滅ぼされた」。
それを、歴史は「倭国大乱」と呼ぶ。


by utoutou | 2018-04-29 12:49 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/238488061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 六甲山と瀬織津姫 170 ア... 六甲山と瀬織津姫 168 カタ... >>