六甲山と瀬織津姫 173 アマミキョ族の移動

大阪府箕面市に住むMさんから興味深い話を聞いた。
箕面市に牧落(まきおち)という地名があり、
それを伝えると、久高島の神人は言ったそうだ。
「牧落は、古代に琉球から移動したマキョ族の集落
だったのではないかと思います」と。

「マキョ族ですか…」
驚きつつも、アリかもしれないと、私は思った。
マキョについては、仲松弥秀氏が『神と村』に記した。
(要約)
☆東北日本海沿岸の山間部には、マキ名を持つ
集落があるが、マキとは同一血族集団の村落名である。
☆沖縄にも、マキやマクを含む村落名がある。
☆同じ意味合いで、マキョやクダを含む村落名があるが、
いずれも、同一血族集団の村落名である。

語り部にある伝承を聞いたときの会話も甦ってくる。
「アマミキヨは血族のことだと、ミントングスク
のおじさんから聞いたことがあります」
そのとき、私は思ったものだ。アマミキヨの意味は、
「渡来の人」ではなく、「アマ・ミキョ族」
つまり、「天から来たミキョ族」の意味ではないかと。
マキョ族とミキョ族、とてもよく似ている。

マキやマキョについて、何か他にも資料はないかと、
那覇に戻った翌日、牧志にある市立図書館へ行き、
『沖縄の古代部落マキョの研究』という本を読んだ。
稲村賢敷著、1977年、発行はペリカン社(東京)。

比嘉春潮氏による「序」に、「マキョ」が出てきた。
〜沖縄学の父といわれる伊波普猷先生は、その
『琉球国由来記解説』の中に「マキョは語源は多分真子で
で、古くは氏族、もしくは血統の義に用いられたらしく、
つとに祖神を同じうする血族団体の住居する地域の
義に転じて、現在に至っているのである」とされ、
また、「マキョのことは、南島の古代社会を解明すべき
手がかりになる」とも言われた。〜

稲村氏は、
首里王府編纂の『琉球国由来記』や『琉球国旧記』に
掲載された古代部落や御嶽の名に多く含まれるマキ
やコダ(クダ)に注目して研究を深め、まとめた。

閲覧室で読んでいると、語り部から電話が入った。
「それは、稲村賢敷さんという方の本ですか?」
「はい、そうですけど」
語り部がさらに聞く。
   「それは、昭和43年に出た本なんですか?」     
「いえ、1977(昭和52)年のようです」

語り部が初めて見立て違いをした…? と思ったが、
巻末の解説で、私の早合点だったことが分かった。
〜『沖縄の古代部落マキョの研究』は1968年、
琉球文教図書株式会社からその初版が刊行され 〜 
'沖縄県内では、実に'68(昭和43)年に出版されていた。

語り部が見たことも行ったこともない事柄に関して、
こんな図星な指摘をするとき、私はいつも思う。
琉球の神々が動いている。そして、今回もまた…。


そんなわけで、このブログは大阪から東京へ帰る新幹線
の車内で書いている。久高島でMさんに出会ってから
1ヶ月、牧落という地名の由来は調べがつかなかった
が、Mさんらのご案内で箕面の地を歩いてきた。


箕面市でいちばんの観光地・箕面大滝。
電車だと、阪急線牧落駅の隣の箕面から約3㎞歩く。
a0300530_02063158.jpg





次なる名所、高野山真言宗・勝尾寺へも。
勝ちダルマて有名。本尊は十一面千手観音菩薩。
a0300530_02063566.jpg





勝尾寺に入ってすぐ、弁天池に弁財天が祀られていたが、
太鼓橋に乗った擬宝珠(ぎぼし)に、目が釘付けになった。
如意宝珠、沖縄では「ぬぶしぬ玉(魂の玉)」と呼ぶ。
(関連のブログ記事はこちら
どうもこれが、箕面旅のキーポイントになる気がした…。
a0300530_02063852.jpg

by utoutou | 2018-05-28 20:00 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/238547540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-05-28 22:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utoutou at 2018-05-29 11:11
> Masaさん
語り部に聞いたところ、古牧さんは沖縄にいる古間さんのことではないかと言っていました。フルマキとフルマ、確かに似ていますね。カンチャ・フルマという一門があったそうです。南城市知念志喜屋というところに、カンチャグスクとかフルマグスクと呼ばれる古い御嶽があります。志喜屋は方言でカンチャですが、その志喜屋は久高島へ渡る船が出る安座真港から海岸線を車で南下して10分もかかりません。昔は知念と久高島は内海、つまり礁湖でほぼ繋がっていたので、いまよりも久高島との行き来はあったと思われます。
そして、火の神らしき3つの石の祀り方、とても興味深いですね。尚寧王の弟・具志頭朝盛が駿河で客死したのは1610年。薩摩による琉球侵攻の翌年です。薩摩侵攻以降、火の神を祀ることはご法度になったのですから、Masaさんのお家はそれ以前からあった古い家系で、ご先祖は琉球侵攻以前に琉球から駿河に渡ったと考えますが、いかがでしょうか。これ、私の勝手な想像ですが…。また何か思い出すことがあれば、教えてください!
Commented at 2018-05-29 22:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-06-01 20:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 六甲山と瀬織津姫 174 箕面... 六甲山と瀬織津姫 172 久高... >>