六甲山と瀬織津姫 177 有馬・高槻断層帯

語り部の口を突いて出た「いなべ」の一族を探す前に、
箕面を襲った地震について思い出したことがある。

瀧安寺を出て、箕面川の滝道を下って歩いていた。
約1ヶ月前の夕方4時半。擦れ違いに登っていく人は
もう誰もいない。そして、木々はほんのり黄色く見えた。
a0300530_08220776.jpg






数分ほど歩くと、滝道のカーブ右手に句碑がある。
野村泊月という俳人の作という一句に足を止めた。
〜椎の花 八重立つ雲の 如くにも〜
明治生まれで高浜虚子に師事したホトトギス派の人という。
※写真は、箕面ボランティア協会様のHPより拝借。
a0300530_08221344.jpeg





椎の花がなぜ雲の如くに咲くのかと首をかしげたが、
その場で調べると、箕面山には瀧安寺を中心として
椎の木が多く、新緑の頃は山肌がクリーム色に染まると
知った。だから、あの瀧安寺の山も黄色く見えたのだ。
振り向くと、〜椎の花 八重立つ雲の 如くにも〜 
という、まさに新緑の箕面山の景観がそこにあった。
a0300530_08222408.jpg





滝道で、もうひとつ気にかかったこと。
句碑の背後の岸壁は有馬・高槻活断層の路頭だと、
同じHPで知った。次のように記されていた(要約)。

☆野村泊月の背後に見えるのは、活断層の路頭。
☆有馬の西部から高槻の東部に至る55㎞の間を走る
「有馬高槻構造線」と呼ばれる活断層の一部である。
☆この活断層が活動して起きた最近の地震が、
慶長元(1596)年の「慶長伏見大地震」で、
箕面を含む北摂地方は、壊滅的な被害を受けた。


有馬・高槻活断層(=有馬・高槻断層帯)とは、
6月18日の朝に起きた大阪北部地震の震源とされる。
その422年前の慶長伏見大地震では、豊臣秀吉が建てた
伏見城の天守が倒壊したが、瀧安寺(箕面寺)もまた
 全壊したと、『箕面寺秘密縁起』(明暦2年)は記す。


慶長伏見大地震で全壊した箕面寺は、明暦2年に
後水尾天皇勅願による再建が始まり、大滝の下あたり
にあった旧地から、現在地に移されて完成したという。
こちらが、箕面山 瀧安寺の本堂(弁天堂)。
a0300530_08242974.jpg





有馬・高槻断層帯が震源とされる地震は、今回まで3回
起きたという。ひとつ目が慶長伏見大地震。その前が奈良
から鎌倉時代にかけて。その前が縄文晩期のBC1000年頃。
活動周期は1000年から2000年というが、今回は短い。


ところで、658年に箕面で修行したと伝わる役行者。
その最大の伝説地・葛城山(金剛山)は、中央構造線
の北側に発達した領家変成帯の中に位置しており、
古くから、鉄・銅・朱砂の鉱物が豊富な土壌だった。

では、有馬・高槻断層帯に位置する箕面はどうか…。

葛城山で修行していた25歳の役行者が、箕面の方向
に五色の雲を見て三鈷杵(さんこしょ)を飛ばすと、
それは箕面大滝の上の松に掛かったという伝説は、
この地に鉱床があることを暗示しているのではないか。

そもそも三鈷杵とは、金剛蔵王菩薩の持つ法具だ。
「金剛蔵王とは埋蔵する金属を支配する王」との説も。

役行者を主尊とする瀧安寺・行者堂は、脇尊に、
不動明王像と蔵王権現像を安置している。
a0300530_11521056.jpg



これら諸々を考え合わせると、
箕面の古代に関係するらしい「いなべ」の一族とは、
箕(み)を用いて鉱物を採る人々だったのかもしれない。
語り部が言うように、箕の面が籠目だったなら物部氏か。


by utoutou | 2018-06-24 16:22 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/238618447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 六甲山と瀬織津姫 178 やは... 六甲山と瀬織津姫 176 箕面弁財天 >>