六甲山と瀬織津姫 185 龍神は北上した

大己貴命(おおなむちのみこと)の神格については、
「六甲山と瀬織津姫 130 角のある人の世」で
書いたことも忘れて路頭に迷い、筆が止まっていた。


上古、この箕面を中心地としたらしい為那国に、
 まず先着した渡来の民がアマミキヨ族だったなら、
↓ 為那都比古神社の旧社地300mの北にある御嶽
・医王岩で崇めた神ははたして大己貴命だったろうか? 
a0300530_10365267.jpg






という疑いが、確認する術もなくわだかまっていた。
アナゴノシー・アナゴノファーと呼ばれた久高島の
始祖夫婦(兄妹)が、「天地の大神さま(スサノオ)」
の末裔だろうという語り部の話を前回書いたのだったが、
そこに大己貴命はどう関係し、またどういう神格なのか?

何日かモヤモヤしていたが、再読して少し覚醒した。
ヤマトで語られる大己貴命は、琉球古神道で語られる
君真物(きんまむん)。琉球王朝の祭神でもあった。


うっかり忘れていたその神名は、記事中で
 引用した五穀発祥伝説(久高島由来記)にあった。
〜アナゴノシー・アナゴノファーの夫婦(兄妹)は、
東海岸の ↓ 伊敷浜で波間に漂う白い壺を見た。禊の後、
それを拾うと、中に7種の穀物の種が入っていた。
中森嶽に蒔いたところ、うまく育ち、君真物も出現した 〜
a0300530_12494779.jpg





↓中森嶽は、中の御嶽(中森の御嶽)とも呼ばれる。
久高島の龍宮と密かに伝わる洞穴の最奥部にあたる。
よって、そこに坐す主神・君真物とは龍神なのである。
a0300530_12575497.jpg





語り部は言った。
「大己貴神と聞いて視えるのは、やはり龍神です。
三輪山の巳さん(龍神)・大物主神とも同神です」
※大物主神と君真物については、こちらにも記事が。


大物主と君真物、確かにどちらも物(むん)を含む。
沖縄で物とは霊力、真物(まーむん)とは龍神の霊力。
「物」の一字はまた、物部の「物」にも通じる。
以前、語り部が視た「籠目に編んだ箕(農具)」は、
この地に渡来したアマミキヨ族が、磐船で飛来した
ニギハヤヒ率いる物部だと、暗示していたのだろう。

確かに、為那都比古命と同音を含む猪名部氏は、
物部系とも、新羅からの帰化人とも言われている。
前者が後者と通婚しても、母系なら祖神は変わらない。
医王岩の御嶽で、一族が大己貴神を祀るのはごく自然。
やはり、龍神を崇める為那の一族は列島を北上したか…。

物部の祖神はニギハヤヒだろうと思いがちだが、
因幡国の伊福部氏など、ニギハヤヒ系図の最上位に
大己貴命を記した所伝を遺す一族も存在するという。


「ところで…」と、語り部は言った。
「猪名川の源流に、宇迦之御魂(うかのみたま)が
祀られていた痕跡は、ありませんか?」
「7つの首の蛇ですね、琉球から北上したセーナナー
「はい、琉球の球とはその御魂だったと思います」
「九頭龍大神なら源流の猪名川町に祀られていました」

為那都比古神社に参るため日帰りで箕面に行った日、
まず、兵庫県猪名川町の戸隠神社へ向かった。
あまりの遠さに諦め、Uターンして来たのだったが。
いまは猪名川町の国指定重要文化財となっている。
戸隠神社は、古来、九頭龍大神と呼ばれていた。






by utoutou | 2018-08-31 14:32 | 瀬織津姫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mintun.exblog.jp/tb/238733943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 六甲山と瀬織津姫 186 猪名... 六甲山と瀬織津姫 184 大己... >>